屋根面積を求める計算式|簡単にできる計算方法を紹介

屋根面積は図面や床面積から計算して求めることができます。図面や床面積がわからない場合でも、Googleマップや専用アプリを使って屋根面積を計算することも可能です。簡単にできる屋根面積の計算方法と計算式を詳しく解説します。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

ヌリカエ
  • 1280
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

屋根面積の計算方法【図面がある場合】

ここでは、住宅の図面がある場合の屋根面積の計算方法を紹介します。下屋根がある場合の計算方法も紹介するので、参考にしてみてください。

平面図から屋根面積を求める方法

平面図とは、建物を上から見ているもので、間取りが分かるようになっています。平面図から求める場合、まずは「床の面積+軒の出(軒先)」で計算して屋根投影平面積を求めます。

次に、屋根の勾配を調べるために「勾配伸び率」を計算します。勾配伸び率とは、底辺に対しての傾斜の長さを求める倍率のことです。勾配と勾配伸び率については表で記載するので、参考にしてみてください。

平面図を使った屋根面積の計算方法

  • 屋根投影平面積(※)×勾配伸び率=屋根面積

※床面積+軒の出=屋根投影平面積

参考:瓦屋根の改修ってどのくらいかかるの?(国土交通省)

勾配伸び率の計算方法

勾配は、図面に「5/10」のように書かれていることがあります。この場合、10mに対して5m(5寸)の傾斜がついているという意味になります。

例えば、屋根投影平面積が70㎡・勾配が5寸(勾配伸び率1.118)の場合の屋根面積は、「70x1.118=78.26㎡」になります。

寸法勾配

分数勾配

勾配伸び率

5分

0.5/10

1.001

1寸

1.0/10

1.005

1寸5分

1.5/10

1.011

2寸

2.0/10

1.02

2寸5分

2.5/10

1.031

3寸

3.0/10

1.044

3寸5分

3.5/10

1.059

4寸

4.0/10

1.077

4寸5分

4.5/10

1.097

5寸

5.0/10

1.118

5寸5分

5.5/10

1.141

6寸

6.0/10

1.166

6寸5分

6.5/10

1.193

7寸

7.0/10

1.221

7寸5分

7.5/10

1.25

8寸

8.0/10

1.281

8寸5分

8.5/10

1.312

9寸

9.0/10

1.345

9寸5分

9.5/10

1.379

下屋根がある場合の計算方法

もし、1階部分にも屋根(下屋根)がある場合には、別で計算する必要があります。まず、1階と2階部分の屋根面積を求めてから、それぞれの面積を足すことで、建物のトータルの屋根面積が計算できます。

下屋根の屋根面積の計算方法

  • 1階部分の屋根面積+2階の屋根面積=建物の屋根面積

屋根面積の計算方法:屋根投影平面積(※)×勾配伸び率

※床面積+軒の出=屋根投影平面積

屋根面積の計算方法【図面なしで床面積から求める方法】

図面なしでも床面積から屋根面積を求めることができます。ただし、おおよその屋根面積となるため、留意しておきましょう。

勾配が緩い屋根の場合

  • 床面積×1.1=屋根面積

屋根の勾配が緩い場合には、上記の計算方法でだいたいの屋根面積を計算できます。目でみて勾配が緩いと感じたら、この計算方法を使ってみましょう。

※参考:建坪が30坪の家なのに見積書には屋根40坪の記載が!どうしてこうなるの?|ガイソー

勾配が急な屋根の場合

  • 床面積×1.2=屋根面積

目で見て屋根の勾配が急だなと感じたら、上記の計算方法を使ってみましょう。

※参考:建坪が30坪の家なのに見積書には屋根40坪の記載が!どうしてこうなるの?(ガイソー)

屋根面積の計算方法【図面なしで瓦屋根の場合】

瓦屋根で図面がない場合、一般住宅でよく用いられるスレート屋根とは計算方法が異なるので注意しましょう。瓦屋根は表面に凹凸があるため、正しく屋根面積を出せない場合もあります。また、屋根に使用される瓦の種類によっても大きさが異なるため、あくまでも目安として把握しておきましょう。

屋根面積の計算式

  1. 1.屋根の横と棟までの枚数を数える
  2. 2.「横の枚数×棟までの枚数」で計算する
  3. 3.「瓦屋根の合計数➗一坪に使われる瓦の枚数(※)」を計算する
  4. 4.「上記の合計数×3.3(一坪の広さ)」で片面の枚数を求める
  5. 5.「片面の枚数×2」を計算して屋根面積が求められる

※和瓦の一坪あたりの枚数は53枚。セメント瓦(平瓦)は一坪あたり40枚で計算する

※参考:屋根面積の概算【愛知県陶器瓦工業組合】

屋根面積の計算方法【図面なしでアプリを使って求める方法】

図面がない場合にはGoogleマップやスマートフォン専用のアプリを使って計算することもできます。ここでは、アプリを使って計算する方法を紹介します。

Googleマップを使った方法

屋根面積はGoogleマップを使って計算することもできます。Googleマップはスマートフォン、タブレット、パソコンからアクセスできて便利です。今回紹介する方法には、画面をプリントアウトする手順があります。自宅にプリンターがない人は、コンビニで印刷できるネットワークプリント(ネップリ)を活用してみましょう。

Googleマップを使った屋根面積の求め方

1. Googleマップを開いて自宅の住所を入力
2. 画面右上のレイヤーをタッチ「航空写真モード」に切り替える
3. 自宅の屋根を中心にし、拡大して傾きがないように整える
4. 画面をスクリーンショットしてプリントアウトする

5. 画面右下の実寸(縮尺)表示をもとに、定規で長さを測る
6. 「縦の長さ×横の長さ×1.1」で計算すると屋根面積が計算できる

※Google および Google ロゴは Google LLC の商標です。

屋根面積の計算アプリを使った方法

屋根面積をアプリで計算する方法は、Googleマップ以外にも「屋根の面積計算」といったスマートフォン専用アプリでも求められます。Googleマップよりも簡単に屋根面積を求められるので、活用してみるのもおすすめです。

計算アプリを使った屋根面積の求め方

  1. 1.アプリを起動して住所を入力または現在地を選択する
  2. 2.屋根の隅をタッチしてピンを設定する
  3. 3.全ての隅にピンがおけたら屋根面積が表示される

【PR】屋根の塗装はヌリカエで見積もりをしてもらおう!

出典:ヌリカエ

「ヌリカエ」は、施工を行う建物や施工内容などの質問に答えるだけで、地域でおすすめの屋根塗装業者を紹介してくれます。紹介された屋根塗装業者は、そのまま施工の見積りや依頼もスムーズにできます。

屋根塗装のほかにも外壁塗装やリフォームなどの業者の検索も可能です。電話での相談も無料ででき、受付時間は10:00〜19:00、土日祝日の相談も受け付けています。

屋根塗装業者を探すときには「ヌリカエ」で相談するのもおすすめです。

屋根面積に関するQ&A

提供:LIMIA編集部

Q1. 平面図から屋根面積を求める計算式とは?

A. 屋根投影平面積×勾配伸び率=屋根面積

平面図から屋根面積を求める計算式は上記の通りです。屋根投影平面積は、「床面積+軒の出(軒先)」で計算すると求められます。勾配伸び率は図面に「◯/10」と書かれている数字を参考に本記事の表で確認できます。

Q2. 床面積から屋根面積を計算する方法とは?

A. 床面積×1.1or1.2=屋根面積

床面積からおおよその屋根面積を求めることもできます。屋根の勾配が緩い場合には1.1で計算し、急な場合には1.2で計算しましょう。

Q3. 屋根面積を求めるツールやアプリはある?

A. Googleマップや屋根の面積計算というアプリでも求められる

屋根面積は「Googleマップ」や「屋根の面積計算」というアプリを使って求められます。Googleマップはプリントアウトや計算が必要となります。「屋根の面積計算」アプリでは屋根の隅にピンを設定するだけで、屋根面積が求められるため、計算やプリントアウトが手間と感じる人におすすめです。

屋根に関連する記事もチェック

※記載している情報は、LIMIA編集部の調査結果(2024年2月)に基づいたものです。
※画像は全てイメージです。

  • 1280
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信しています。

LIMIA編集部さんの他のアイデア

住宅設備・リフォームのデイリーランキング

おすすめのアイデア