“老朽化と段差との決別” 〜シニア世代の生き生きリノベーション。年齢により変化する心地よさを形に。-株式会社ハウスプラン

誰だって、年齢は重ねるもの。いつまでも丈夫な足腰というわけにはいきません。
住まいとは、自分の分身ともいえる人生のパートナともいえる存在。
一番落ち着ける空間であるべき場所は住まいといっても過言ではありません。そんな住まいで少しでも長く快適に過ごせるように、まだ元気なうちに考えてみても遅くはないのです。あなたの住まいは、ご自身やご家族の体が衰えてきた時に負担なく暮らせる家ですか?

ハウスプラン
  • 11003
  • 38
  • 0
  • いいね
  • クリップ
老後に快適な生活を送るために、あなたは住まいについてどう考えていますか……?

『老後』と呼ばれる時期に突入しても、健康な体で過ごせる日々がながいことに越したことはありませんが……。
何かをきっかけに怪我をしてしまったり、健康が損なわれると、今までは不都合を感じなかった家のつくりや、設備が古い家、段差の多い家で過ごすことは苦痛へと変わり、居心地の良さなどみじんも感じることができなくなってしまうでしょう。

長年支え合う夫婦のように、住まいもその住人を支える存在であるべきなのです。

今回、ここで紹介するリノベーションは、高齢のご夫婦のお住まい。仮に、H様夫妻としましょうか。
築50年という古い物件を4年前に購入。その中古物件をハウスプランの手によって生まれ変わりました。そのリノベーションはまさに、「老後の住まいを快適、安全にしたい」という願いをリノベーションで解決した例として、とても良い参考になるはず。

では、早速みていきましょうか。

「昔は平気だったのに…」いつかやってくる辛い時期に備えるために

老朽化していて家にほとんど光が入らず雨漏りまでしていたという物件に、屋根、外壁、サッシ交換、耐震補強、断熱工事を施し、玄関の位置も変えて問題を解決しました。東南側に部屋ができ明るくなりました。

施工前、H様ご夫妻の住まいは、築50年の21坪の木造二階建て。1階と2階を合わせた広さは71㎡あり、階段の一段一段の段差も大きく、傾斜も急で上り下りが足腰に負担のかかるものとなっていました。
大きな段差のみならず、年齢をかさねるごとに、ほんのちいさな段差につまずいたり転倒の危険性も増えます。

実は、長い間空き家だったというこの物件。老朽化に加えて、家にほとんど光が入らず、設備も古いこの物件は、雨が降ると屋根や外壁から雨漏りが発生するという厄介なもの。
このままでは、安心して過ごせる住まいとは言えない状態です。

H様ご夫妻のケースとは違いますが、長年同じ家に住み続けている方の場合であっても、老朽化の悩みはつきもの。
ですが、「老朽化している」ということは「それだけ長い間そこに住んでいるからこその愛着」もあります。
そんな中で、「これからもずっと、愛着と思い出の多いこの家に夫婦でともに暮らしていきたい。そのためにも、今の年齢と体に合った空間に変えなくてはいけないものわかっている。でも、どこをどうリフォームすればいいのかわからない」
そういった声が多いのも現実です。

“理想はあっても、いざ実現するためにどうしたら良いのかが、わからない”
シニア世代の悩みにハウスプランは親身にとことん話を聞き、相談しながら、あなたの年齢とライフスタイルにあった、暮らしやすい空間の住まいを提案してくれます。

優雅なシルバーライフへチェンジ 〜キッチン・水まわりを安全できれいな空間に

設備を整えることで、綺麗なキッチンへと生まれ変わるだけではなく、安全性も高くすることができます。

キッチンやお風呂場、トイレといった水まわりは家の中で過ごす際、必ず足を踏み入れる場所。
先にも述べましたが、身体機能の衰えは事故を呼ぶ危険性が高くなります。高齢者の事故発生場所の中で、群を抜いて発生件数が多いとされるのが外出中よりも自宅内での事故です。
特に火を使うキッチン。 高齢ともなれば、とっさの反応が鈍くなっているため、危険が伴います。使い勝手の悪いまま無理して使い続けていては、何かにつまづいた拍子に……等、ほんの小さなことで火災につながりかねない危険性があるのです。今回は安全のためIHヒーターにしました。

スライド式床下収納で収納力をアップ! 収納力だけでなく、利便性と安全性もアップします。

事故を防ぐには、事故に繋がるような危険を極力無くしていくことが大切。
収納力の低かった古いキッチンに、床下収納も設置してものが溢れないようにしました。これで、つい置き場所がなくて床に物を置いてしまうという行為もなくなります。

スタイリッシュなだけではなく、使い勝手と安全性を考えたリノベーションで、いつまでも安心してキッチンに立てる生活を手に入れましょう。

バリアフリーにすることで大きな動きをせずとも入浴できる快適な空間へ。体の負担がかかりやすい寒い浴槽も、浴室暖房機がついてることで暖かな暖房で安心して入浴できます。

両足でまっすぐに立つ、ということは健康な人にとってはごく当たり前の事かもしれませんが、50代〜60代に突入すると、次第にそれが当たり前とは言えなくなってしまいます。
古い造りのお風呂場は、湯船に高さがあり、高齢者にとってまたいで湯船に浸かるという行為は辛いものでしかありません。せっかくリラックスできるバスタイムも、これでは台無しですよね。

1日の疲れを洗い流せるお風呂場は、快適な空間でなくてはいけません。よって、お風呂場は段差をなくし、バリアフリーに。浴槽の高さも低くし、つまづいたり転倒する危険性を無くしました。

スライドドアで段差に邪魔されることなく入れるバリアフリーなトイレ。手洗器があるのでサッと手が洗えます。

わざわざ洗面台へ移動しなくてもトイレの後スムーズに手が洗えるように、トイレ内に手洗器を備え付けて、快適性をアップ!

「おやすみなさい」のあとに喉が乾いて目が覚めても、1階まで降りなくて大丈夫。階段上り下りで夜間に苦労する必要もなくなりました。ポットも置くことができるスペースもあるので、お茶も飲めます。

寝室は2階になるため、夜間にわざわざ1階へと降りなくてもすむようにとの配慮から2階に小さな流しを設置。
住む人への思いやりの気持ちを込めた工夫です。

光の入る部屋で心も明るく笑顔の毎日を

日光に当たると、健康が促進するとも言われているほど、日の光が入るか入らないかは住む人のその後に大きく影響します。それに、光が差し込む部屋の方が、笑顔も増えますよね。

ほとんど光が入らなかった家。光を取り込めない部屋はどうしても湿気でジメジメしてしまいます。湿気は健康面でもマイナスとなり、住んでいる人に害を及ぼす怖いものです。
その問題点を解決するべく、屋根や外壁、サッシ交換に耐震補強、断熱工事をしっかりと行い、玄関の位置も変えたことで暗かった1階にも明かりが入るようになりました。

光を取り入れる空間へ!!

比較的、1階よりも2階の方が光を取り込みやすいはずなのですが……。
こちらの物件は近隣の建物との距離が近く、カーテンを開けっぱなしにすると外から丸見えになってしまう悩みも伴い、2階も薄暗い空間となっていました。
その悩みを解決するべく、ハウスプランがとった方法は、目隠しとなる仕切りの素材への工夫。
光をさえぎることなく、プライバシーも保護できるようになり、安心してブラインドを開け放てるようになりました。

光も風も通る部屋って気持ちが良いですよね。

光と風の通りが良くなり、あんなに悩んでいた湿気とも「さようなら」!
いろいろな場所に光の通り道があるおかげで廊下も階段も明るくなりました。

明るい光が差し込む部屋は清潔感もアップします。気持ちも明るくなり、老後の生活をのびのびと快適に楽しく過ごせることでしょう。
リノベーションは、ただ家を綺麗に変えるだけではなく、そこに住む人に笑顔もプレゼントしてくれるものなのです。

「ちょこっとプラス」で小さな気遣いも忘れない

一人ひとりの異なる人生に寄り添い、住まいづくりを全力で応援してくれるハウスプランだからこそ、気付ける気遣いがあります。

狭い部分ですが、そこにウッドデッキを付けることで部屋から降りやすくしました。
その家に住む人の年齢はもちろん、ライフスタイルや行動パターンまで、細部に渡り話し合うことをモットーとするハウスプランだからこそできる気遣いと工夫ですね。

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

シニアライフを快適に楽しく過ごすポイントは、住まいが大きな鍵を握っています。
誰もが通る、年齢とともに移りゆくライフスタイルと、住まいへ抱く願望の変化。

あなたが年老いた時、どのような住まいで、どのように暮らしているのか、想像してみてください。
人生も後半となれば、その家が「ついのすみか」となるはずです。まぶたの向こうに、どんなシーンが思い浮かびますか?
笑顔の多いシニアライフを目指して、住まいのリフォーム、リノベーションを考えてみましょう。



【取材協力】
株式会社ハウスプラン

住所:東京都東京都板橋区西台3-53-16

TEL: 03-6906-7634
営業時間:9:00~19:00
定休日:日曜日(下見・打合せ・物件同行の場合は日曜日でも営業)

住まいはあなたの人生を支える場所。大切な場所だからこそ、こだわりたい。
  • 11003
  • 38
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

こんにちは!LIMIA編集部公式アカウントです。こちらでは、住まいやライフスタイルなど暮らしに関する情報を中心に、オリジナルコンテンツを配信していきます。流行り…

おすすめのアイデア

話題のキーワード