え、これが座布団!?ザブザブ洗えて速乾、すごいの見つけた〜♪

クッションや座布団って使えば使うほどへたってきて、汚れも気になってきますよね。洗えば中のクッション材がかたより、乾きも悪くてさらに衛生面も気になる……。クッションや座布団を「長く」、「清潔に」使い続けるなんて、夢のまた夢と思っていませんか? そんな方に、まず一目だけでも見てもらいたいのが、山甚物産の水で洗えるアウトドアクッション。汚れを気にせず庭やデッキでも使えてザブザブ洗えちゃうヒミツをご紹介します♪

  • 6371
  • 27
  • 0
  • いいね
  • クリップ

折りたたみクッションの寿命って短い……

折りたたみができるクッションやポータブルクッションは、持ち運びにとても便利なので、家の中だけでなく公園やキャンプ場でも活躍するアイテム。

しかし、外で使うと土で汚れてしまったり、薄いクッションだとすぐにへたってしまったりするので、「長く使えず消耗品となってしまう」というイメージを持つことが多いのではないでしょうか?

今回ご紹介するのは、そんなイメージがガラリと変わるアイテム。なんと、丸っと洗えて繰り返し使える座布団です!

カバーなし!丸洗い◎な座布団『アウトドアクッション』

一目見て、これがなんだかわかりましたか?

一般的な座布団やクッションとは違い、布をまとっていないインパクトのある見た目が山甚のアウトドアクッションの最大の特徴です!

でも見た目だけではないですよ。外でも気兼ねなく使えるその機能性をチェックしてみましょう。

カバーなしでそのまま使える!

まず見た目からわかるように、おうちの中でも、屋外でも、布などのカバーをつけずにそのまま使うことができます。

「外で使うとすぐ汚れちゃうのでは……?」という心配はご無用。むしろカバーをしない分、カバーの汚れを心配する必要がないんです! しかもこの素材、濡れても大丈夫なんです。

ザブザブ洗ってもすぐ乾く♪

濡れても大丈夫なアウトドアクッションの素材は、網状の構造でできている特殊な樹脂。

汚れが気になったら水を使って丸洗いできるうえに、すぐに乾くのが魅力なので気軽にザブザブと洗ってくださいね!

通気性もバツグンで、「夏場、クッションに座っていると蒸れてしまう……」といった悩みを防げますよ♪

洗えるだけじゃない!『アウトドアクッション』のオススメポイント

『アウトドアクッション』は、丸洗いできる以外にもさまざまな魅力があるのです!

座り心地◎

ひとつは、ずっと座っていても疲れにくいクッション性

色の付いた上部分がソフト層、透明の下部分がハード層と2層のクッション性が程よい硬さを実現し、しっかりとお尻を支えてくれます!

座布団のようにそのまま使うのはもちろん、デッキの椅子やオフィスチェアに敷いて、さまざまなシーンでお使いいただけますよ。

耐久性もバッチリ!

上の写真、アウトドアクッションと同じ素材のクッションなんですが、なんと屋外に3年放置したままのものなんです。劣化もなし、日焼けしたような色あせもないですよね?

そのほかにも8万回の圧縮テストに耐えた実績もあるので、長く使ってもへたりにくいのはお墨付き。

「使っていたらクッションがぺしゃんこになっていた……」なんて残念な結末ともおさらばです!

持ち運べるコンパクトなサイズ

さらに、コンパクトなサイズなので、おでかけ先に気軽に持って行くことができます。

トートバッグやリュックに入れて持ち運べるサイズ感なので、近くの公園に遊びにいく際などのお供にもどうぞ!

使いやすいカラーバリエーション♪

淡い色合いのピンク、グリーン、ブルーにブラックと4色のカラーバリエーションからお選びいただけます。

お部屋のテイストに合わせて色を統一してもいいですし、家族それぞれで別々の色を選んで楽しむのも◎。あなたならどのカラーをチョイスしますか?

アウトドアがもっと快適になる!

持ち運びが簡単で、どこでも使える『アウトドアクッション』。

簡単に汚れを水で洗い落とせるので、庭でのバーベキューやデッキでのベランピング、さらにスポーツ観戦の際のベンチに敷くクッションとしてもぴったりのアイテムです。汚れを気にせずいろんなところで使えるクッションをぜひ試してみてくださいね!

山甚物産では、この他にも睡眠時間をサポートする商品も扱っています。気になる方は、公式サイトもチェックしてください♪

  • 6371
  • 27
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

ベッド・寝具

プリマレックスは今までにないクッション素材です。ライフスタイルにマッチした新しい商品を提案します。是非このクッション素材を体感して見て下さい!

おすすめのアイデア

話題のキーワード