600万円でできるリフォーム!どんな方法がおすすめ?

リフォームの予算も600万円という規模になると、小さな中古住宅やお買い得な中古マンションも現実的に手に入る価格帯になってきます。それだけの金額をかけるのですから、工事の内容も大規模で改修後の変化も劇的なリフォームができるといえるでしょう。

  • 9565
  • 4
  • 0
  • いいね
  • クリップ

600万円でおすすめのリフォーム方法

600万円でのリフォームは、住宅の構造自体を変えない場合には内外装すべてを一新できるフルリフォームが中心となりますが、部分的な増改築なども視野に入ってきます。居室を1つ増やしたいなどの要望があれば、これくらいの予算から考えてみるとよいかもしれません。

ここでは、600万円の予算で想定できる代表的なリフォーム方法をご紹介します。

1.カフェ風、和モダン風などテーマを設けた趣味性の高いフルリフォーム

ただ家の中を住みやすく造り替えるだけでなく、1つのテーマを設けてそれに則った空間を作る、趣味性の高いフルリフォームに手が届く予算になります。家全体をおしゃれなカフェのようにする、くつろぎの和モダン空間に統一したりなど、快適さに好みや楽しみをプラスしてより気持ちよく暮らせるよう、家全体をリフレッシュすることができます。

2.吹き抜けや小上がりの造作など、大がかりな間取り変更を伴うリフォーム

この予算規模になると、間仕切りの増減のみならずリビングの一部に小上がりの座敷を設けたり、吹き抜けを新しく造ったりするなど、大がかりな間取り変更が可能になってきます。たとえば吹き抜けを増設する場合、階段を架け替える必要性なども出てきますから、それらを組み合わせると600万円ほどの予算をみておけば安心といえるでしょう。

3.家屋の傾きの修正など、構造面での大幅な改修

経年や災害などによる地形の変化で家が傾いてしまっている時は、地盤改良など家をこわさずに傾きを修正する方法でリフォームができます。たとえば、地盤改良材と再沈下防止の杭を打つ工事を組み合わせて確実にリフォームを行う場合、現地確認+工事で概算600万円ほどの金額をみておくとよいでしょう。

4.かんたんな増改築リフォーム

増改築を伴うリフォームにも、予算600万円なら手が届くようになります。具体的には、狭いキッチン部分を拡大して対面式キッチンに入れ替えるリフォームや、1階に部屋を1つ増築して、その上部を2階とつながるバルコニーや屋上スペースにするなどのリフォームが可能になってきます。

600万円でのリフォーム事例

次に、600万円で実際にリフォームを行った成功事例をご紹介します。

事例1 間取りは変えず動線を一新!収納力もアップさせてエレガントなインテリアを実現

白を基調としたフレンチ風インテリアが自慢の家も築20年を超え、汚れや色あせが目立つように。また、長年暮らすうちに物も増え、収納不足が深刻なお悩みでした。今回のリフォームでは、インテリアテイストは既定路線のままとし、反省点を生かして各部屋の役割を見直すことに。

基本的な屋内のレイアウトは変えず、キッチンシンクなど大型設備の位置の見直しを行ってまずは動線を改善。リビングからキッチンまで一直線で移動できるようにしました。デザイン面でも、ホワイトインテリアという路線は変えずに、汚れを防いでお掃除を楽にするアイデアを多く取り入れています。

たとえば、全面真っ白な壁だった洗面所も、今回のリフォームではタイルを効果的に使って汚れを防止。再利用するお気に入りの家具たちも、シャビー(使い古し風)に塗装し直して渋いかっこよさを出すなど、年月を経ても見栄えが悪くならないための工夫を多く取り入れました。

リフォームで取り外した既存のドアを使って収納スペースを設け、室内に増え続けていた物を一気にしまえるようにするなど、高品質な既存の建具をうまくリユースしつつ活用。使いにくかった独立キッチンは家事用の大きなユーティリティに用途変更し、無駄に広かったダイニングスペースをキッチンにしました。

いま室内にある物を減らすと同時に、今後物が増えても困らない工夫も加えることで、長くきれいに暮らせるエレガントな住空間を取り戻すことに成功。壁のクロスやカーテンにもこだわりを生かした妥協のないリフォームを、予算通りの600万円で実現しています。

事例2 量販品を活用して大胆に間取りを変えた、カフェ風リフォーム

予算600万円強で間取り変更と、カフェ風インテリアで統一したフルリフォームをかなえるために、さまざまな工夫を凝らしたアイデアリフォームの例です。独立していたDKとリビングをつなげて大きなLDKへと変更。水回り設備はすべて新しいものに替え、まずはお悩みの改善を図りました。

内装は無垢フローリングや珪藻土など天然素材にこだわって統一。また、キッチンとリビングダイニングを調理用カウンターで曖昧に仕切るなど、開放感を損なわずに空間を分ける工夫をしています。

改修・補修を重視する部分は信頼のおける大手メーカーの量販品を使って安心とコストパフォーマンスを両立し、特にインテリアにこだわりたい箇所だけオーダー品を贅沢に活用することでバランスを取っています。予算をかけすぎることなく、奥様が経営する雑貨店のイメージと共通したナチュラルで手作り感のある、可愛らしい空間をかなえました。

おわりに

600万円の予算ともなれば、リフォーム金額としては高価格帯の部類になってきます。予算内に収めることももちろんですが、工事の内容もよく吟味して、高額の費用をかけたのに内容に不足があったという事態にならないよう留意しながら計画しましょう。

予算が決まっているリフォームの場合は、経験豊富なリフォーム会社のアドバイスも重要です。一括見積サイトを利用して多くのリフォーム会社の見積をとり、じっくり比較検討しながら依頼するリフォーム会社を決め、納得のリフォームにつなげましょう。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 9565
  • 4
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード