天井を断熱リフォームしたい!効果が高いのはどんな方法?

適正な断熱がされていない古い家や、断熱が不十分で暑さや寒さが気になる家などにお住まいの方は、断熱リフォームを考える機会もあるはずです。できるなら、手間や費用的にも楽で効果の高いリフォーム方法を選びたいものでしょう。そこで今回は、家全体の断熱に高い効果のある「天井の断熱リフォーム」についてご紹介します。

  • 19600
  • 22
  • 0
  • いいね
  • クリップ

天井の断熱リフォームの種類と方法

「天井断熱」とは、屋根と天井の間にある小屋裏部分または天井本体を利用し、断熱材を張ったり充填したりすることで屋根からの熱気や冷気を遮断する断熱方法です。

1.天井の上部から断熱材を施工する方法

屋根と天井の間の「小屋裏」を利用し、屋根の上部に断熱材を施工する方法です。小屋裏空間にできる空気の層そのものにも断熱作用があるため、二重に断熱ができることになり効果の高い断熱方法です。

2.天井の内装リフォームを兼ねて、室内から断熱材を施工する方法

こちらは、天井の下部(室内に接している面)に直接断熱材を張って施工する方法です。この方法も、小屋裏との二重断熱が行えるため高効率な断熱方法ですが、使える断熱材の種類が限られるため、天井の上から断熱する方法と比較すると効果も限定される場合があります。

天井を断熱リフォームする際の注意点

天井の断熱リフォームを行う際は、以下の点に気をつけて計画・実行しましょう。

1.通気・気密にも配慮する

ただ断熱材を貼り付けただけでは、その効果も限定的なものにとどまってしまうことがあります。他に断熱されている箇所との相乗効果も考慮して、より効果的に断熱するための配慮が大切です。

特に、天井断熱には「気密」が重要です。風通しが良すぎるとせっかく遮断された熱気や冷気が室内に入ってきてしまいますし、逆に全く通気性が確保されていなければ湿気などを招くことになり、快適性が損なわれます。

理想的な方法は、住宅そのものの気密性をしっかり確保しながら、適度に湿気を逃がしてこもらせない通風口などを要所に設けることです。断熱リフォームに合わせて気密・通風の見直しを行うと、より室内の快適性を高められるでしょう。

2.小屋裏から断熱する場合は隙間に注意!

小屋裏から天井上部に断熱材を施工する際は、断熱材にも隙間が出来やすくなります。小さな隙間でも、そのままにすれば断熱効果にも影響してしまいますから、隙間対策もしっかり行いましょう。板状ではなく、フォーム状や繊維状の断熱材を吹き込む「ブローイング」という工法を用いると、天井裏の吊木部分など隙間のできやすい箇所にも容易に対策ができます。

また、ブローイング工法は小屋裏空間が狭く、人が入っての作業が困難な箇所にも効果的な断熱ができる手法として広く普及しています。

3.小屋裏を生活空間にしている場合は、屋根の断熱も必須

小屋裏をロフトや収納スペースなどとして使用している場合、断熱された天井は小屋裏部分にとっては床下となります。特に夏などは屋根への直射日光などで小屋裏が温められやすく、さらに床下からも断熱されることになり小屋裏にはどんどん熱気がこもってしまいます。

小屋裏スペースを快適に使いたい場合は、天井断熱のみならず屋根断熱もしっかり行っておきましょう。また、適切な通風口や換気扇なども設け、快適性を高めておくことも小屋裏活用のポイントになります。

天井の断熱リフォーム事例

それでは、天井断熱リフォームの実例についてもみていきましょう。

事例 天井のみ無断熱の家。換気なども工夫して快適性をアップ!

築25年の木造住宅の例です。しっかり断熱されているはずなのに、あまりに夏暑いため調べてみたところ、なんと天井のみ無断熱であったことが発覚。小屋裏から天井裏にグラスウールの断熱材を敷き込む方法を選択して作業してもらいました。

作業していくうちに、小屋裏の通気も全く確保されていなかったことも暑さの原因と分かり、外部から加工して小屋裏部分にガラリと呼ばれる通気口を7箇所設けることで対策。ちなみに、施工前と施工後の室内温度を測って比較したところ、なんと4度も下がっていました。工期はわずか1日、総工費35万円ほどで驚くほど効果的な断熱リフォームが実現できました。

おわりに

壁や床だけではなく、天井の断熱をしっかりと行うことはより効果的な暑さ・寒さ対策になります。今はご自宅の状況に合わせてさまざまな断熱材や断熱方法が揃っていますから、予算やご希望と照らし合わせながら適正な断熱方法を選択するとよいでしょう。

一括見積を利用して、リフォーム会社へお悩み相談を兼ねて見積を申し込んでみるのもよい方法です。複数のリフォーム会社からすぐに概算見積が届きますので、お近くの優良業者さんを比較検討しながら見つけるのも楽になるでしょう。

もっと具体的なリフォーム・リノベーション費用について知りたい方は、厳選された複数リフォーム業者での価格見積もりを無料で徹底比較できる、リフォーム料金一括見積もりサービスをお気軽にご利用ください。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 19600
  • 22
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード