宮城県・仙台街歩きスポットご紹介! 冬の国内旅行に光のページェントがおすすめ。

七夕で賑わう夏や、紅葉の秋が終わると仙台市では冬を迎えます。この記事では冬の仙台定番のスポットを季節のイベントと合わせてご紹介します。

  • 600
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ

七夕でにぎわう夏も紅葉の秋も終わると、仙台市では冬を迎えます。この記事では仙台在住の筆者が全力でおすすめしたい冬の仙台定番のスポットをご紹介します。

紅葉が終わった定禅寺通に灯る「光のページェント」

仙台市 定禅寺通

定禅寺(じょうぜんじ)通に並んでいるケヤキ並木は、杜の都と言われる仙台を象徴する場所でもあります。定禅寺通は中央に遊歩道が設けらているので、ゆったりと歩けます。「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」をはじめ、季節ごと様々なイベントで賑わいます。通り沿いにはカフェやスイーツショップも多いので、ぜひ散策してみてください。
ケヤキは広葉樹なので紅葉後は葉が落ちてしまいますが、その後も素敵なシーズンです。「SENDAI光のページェント」が始まります。

仙台 光のページェント

例年12月の初旬から31日まで、定禅寺通のケヤキ並木が数十万個の電球で飾られます。光に包まれた歩道は見応え抜群。特に見ていただきたいのは、点灯の瞬間。まだかまだかと待ちわびるドキドキと、パッと点灯した瞬間の感動をぜひ現地で味わってみてください。点灯は12月6日(金)の17:30。そして、点灯式とは別に、全ての灯りが約1分間消灯し、一斉に再点灯するイベント「スターライト・ウインク」(1回目18時、2回目19時、3回目20時)もあります。

SENDAI光のページェント

<場所>

定禅寺通(東二番丁通~市民会館前)

<期間>

2019年12月6日(金)~31日(火)

<時間>

日~木曜日/17:30~22:00
金・土曜日・22日(日)・24日(火)/17:30~23:00
31日(火)/17:30~24:00

ガラス張りのモダンな建物が目を引く「せんだいメディアテーク」

仙台 せんだいメディアテーク
写真提供:(公財)仙台観光国際協会

定禅寺通を歩いていると出合うモダンな建物は「せんだいメディアテーク」です。宮城のアートの拠点となる施設で、ギャラリーや図書館も入っています。1階にはおしゃれなカフェやミュージアムショップ、オープンスクエアと呼ばれるイベントスペースもあるので、ちょっとした寄り道に最適です。ちなみに、「SENDAI光のページェント」の点灯式はこのせんだいメディアテークの前で行われます。

せんだいメディアテーク

<住所>

宮城県仙台市青葉区春日町2-1

<電話番号>

022-713-3171

「仙台城跡」で青葉山からの眺めも楽しみたい!

仙台 青葉城の伊達政宗騎馬像

仙台の写真でよく目にする伊達政宗公騎馬像があるのが、ここ「仙台城跡」です。青葉山に建つことから別名「青葉城」とも呼ばれ、政宗公の命により慶長5年(1600)に築城が始まりました。現在は店天守などの建物は残っていませんが、石垣や復元された櫓から当時の姿がしのばれます。
ここは何と言っても眺めが最高です。晴れた日には仙台市中心部から太平洋まで一望できますよ。敷地内には「青葉城本丸会館」も併設されており、城の全景模型や300インチの大画面で仙台城を再現したCGシアターなどがあり、なかなか見応えがあるんです。

仙台城跡

<住所>

宮城県仙台市青葉区天守台青葉城址

<電話番号>

022-227-7077

イケメンすぎる武将たち「伊達武将隊」に会えるかも!

筆者が仙台城址を訪れた際、甲冑姿の人を発見!驚いて話を聞いてみると「伊達武将隊」といって仙台城跡を拠点に、伊達政宗公や仙台の魅力、歴史を伝えているおもてなし集団なのだそう。さすが“おもてなし集団”だけあって、気さくに話しかけてくれ、城址内の案内や記念写真撮影をしてもらいました。
私が出会ったのは足軽の方。残念ながら政宗公は別のイベントに出陣中とのこと。誰がどこに出陣しているかは公式ホームページで確認してみてくださいね。

伊達政宗公が眠る霊廟「瑞鳳殿」

仙台藩祖・伊達政宗公の遺命(ゆいめい)によって造営された霊廟、つまりお墓です。絢爛豪華な装飾は安土桃山時代の威風を伝えます。昭和20年の戦災にて焼失してしまったため、現在の建物は昭和54年に再建されたもの。遺骨調査に基づいた政宗公の復元像などを展示する資料館もあります。土曜、日曜には無料のガイドをお願いできるので、紫の陣羽織を着用した方を見つけたら声をかけましょう。

瑞鳳殿

<住所>

宮城県仙台市青葉区霊屋下23-2

<電話番号>

022-262-6250

お土産探しもグルメも楽しめるアーケード街

仙台 アーケード街
写真提供:宮城県観光課

仙台駅前から一番町まで、歩行者専用のアーケード街が続きます。夏の七夕祭りの会場となるのもこのアーケード街です。百貨店や飲食店、カフェなど多彩な店が揃い、食事やお土産探しが楽しめます。

アートに触れたいなら「宮城県立美術館」

仙台 宮城県立美術館
写真提供:宮城県観光課

「宮城県立美術館」は公立の美術館としては、日本有数の広さを誇り、絵画や工芸、版画など6千点を超えるコレクションを収蔵しています。宮城が生んだ世界的彫刻家・佐藤忠良の記念館や、世界の名画を映像で見せるハイビジョン・ギャラリーは必見。美術館のカフェはデザイナーズチェアとアンティーク家具が特徴的で、筆者の個人的お気に入りの空間です。

宮城県立美術館

<住所>

宮城県仙台市青葉区川内元支倉34-1

<電話番号>

022-221-2111

仙台観光の心強い「るーぷる仙台」

仙台 るーぷる仙台
写真提供:(公財)仙台観光国際協会

「るーぷる仙台」は仙台駅西口を起点にして時計周りにぐるっと一周してくれる観光バスです。前述の観光地もまわります。一日乗車券を購入すれば、どこでも乗り降り自由。
見た目もおしゃれですが、何よりも運転手さんがガイドをしてくれて、トークが面白いと評判なんです!

るーぷる仙台

<営業時間>

9:00〜16:00
平日/20分間隔、土・日・祝日/15分間隔で運行

<料金>

<一回乗車>大人/260円、小児/130円
<るーぷる仙台一日乗車券>大人/630円、小児/320円
<るーぷる仙台・地下鉄共通一日乗車券>大人/920円、小児/460円

<電話番号>

022-222-2256(仙台市交通局案内センター)

仙台駅の周辺に見どころが多いので、観光しやすいですよ。冬なら「SENDAI光のページェント」が綺麗なので、ぜひ訪れてみてくださいね。

この記事は2018年12月1日に公開されたものを編集したものです。

  • 600
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

「トリドリ」は、あなたに様々な旅行やお出かけのキッカケを提供するメディアです。記事を読んで「ここ、行ってみたい!」と思ったら、それはもう旅への第一歩。ひとくちに…

おすすめのアイデア

話題のキーワード