500万円以下のリノベーション!どこまでできる?

今回は、200万円~500万円で実現できるリノベーションについてご紹介します。お風呂やリビング、キッチンなどのリノベーションの相場は「100万円~150万円」とされています。それ以降はグレードに比例して価格が上がっていきますが、「グレードを上げるとどのようなリノベーションが実現できるの?」と感じている方も多いことでしょう。そんな方は、ぜひご覧ください!

  • 5273
  • 8
  • 0
  • いいね
  • クリップ

場所別で見る!200万円~500万円のリノベーションでできること

以下では、リノベーションの工事場所に分けて、200万円~500万円で実現できる内容をご紹介していきます。

【その1】お風呂

200万円~500万円で実現可能なお風呂のリノベーションとしては、

・200万円台…在来工法からシステムバスへの変更
・300万円台…フリー設計タイプのユニットバスへの変更
・400万円台…バリアフリーの浴室への変更

などが挙げられます。お風呂は家の中でも比較的スペースが小さいので、200万円以上の予算を用意すれば、全面的にリノベーションすることも選択肢に入ってくるでしょう。ただし、壁や床の素材、設備のグレードなどによって費用が数十万円変動するケースもあるので、その点に注意しながら計画を立てることが大切です。

【その2】キッチン

200万円~500万円で実現可能なキッチンのリノベーションとしては、

・200万円台…リビング・ダイニングとの間仕切り壁を撤去して、ひと続きに間取りを変更
・300万円台…セラミック仕様のキッチンへの変更
・400万円台…間取り変更に加えてキッチンの変更

などが挙げられます。350万円前後の予算を用意すれば、間取り変更やキッチン設備全体の変更も視野に入ってきますが、両方の工事を一緒に行うとなると、500万円弱の予算が必要となるケースが多いので注意しておきましょう。また、設備のグレードによって費用が大きく変動するケースも見られるため、必要最低限な機能について検討しておくことが大切です。

【その3】リビング

200万円~500万円で実現可能なリビングのリノベーションとしては、

・200万円台…2つの部屋の壁を撤去して、リビングをひとつの空間に変更
・300万円台…段差を解消したり壁を撤去したりして、洋室と和室をつなげる
・400万円台…増築を行い、広々とした間取りに変更

などが挙げられます。200万円~500万円の価格帯では、間取り変更を伴うリノベーションが中心となっており、特に2つの部屋をつなげるリノベーションが多い傾向にあります。もちろん、スペースが特に広くなければ、壁や床、天井の全面張り替えも実現可能となるでしょう。

【その4】外壁・屋外

外壁に関しては、200万円~500万円の予算があれば、外壁の張り替えや塗装工事を施すことができます。ただし、外壁は塗料や素材によって費用が大きく変わってくるので、その点に注意しながら計画を立てることが大切です。

庭などの屋外スペースに関しては、新たにガーデンや駐車場をつくるなど、大規模なリノベーションが実現可能となります。500万円の予算があれば、芝生の手入れやエクステリアの導入、ウッドデッキの作成などを含む、庭の全面リノベーションも可能となるでしょう。

200万円を超えると、大規模なリノベーションも選択肢に!

リノベーションの予算が200万円を超えると、間取り変更や全面リノベーションといった、大規模な工事を実現しやすくなります。では、200万円~500万円の価格帯においては、実際にどのようなリノベーションが行われているのでしょうか?以下では事例をご紹介していくので、計画を立てる際に参考にしてみましょう。

【事例その1】耐震・断熱効果の向上

・築年数…30年以上
・費用…425万円
・リノベーション箇所…キッチン・リビング

この事例では、耐震補強を図るために筋交いを増やしたり、梁を補強したりして木造部分の耐久性を向上させました。また、天井や壁、床下に断熱材を入れて断熱効果を図った点も、このリノベーションの重要なポイントでしょう。

そのほかにも、システムキッチン横には家電収納棚を新設し、リビングには引き戸付きのクローゼットを新たに設けています。400万円前後の予算があれば、このように生活スペースを便利にするだけでなく、快適に安心して暮らせる住環境の実現も可能となるでしょう。

【事例その2】使用していない洋間を浴室へ

・築年数…30年以上
・費用…300万円
・リノベーション箇所…洋間

これは使用していない洋間を、ユニットバスへと変更した事例です。ベンチカウンターと手すりを設置して、高齢の方でも安心して入浴できる浴室へと変わりました。

予算が約300万円あれば、上記のように水回りの工事を行い、別の目的を持った部屋に作り替えることも可能となります。現在活用できていない部屋がある場合は、このようなリノベーションも検討してみてはいかがでしょうか?

【事例その3】使用していない和室を洋間へ

・築年数…20年以上
・費用…340万円
・リノベーション箇所…和室

使用していない和室を洋室へと変えた事例です。建具を透け感のあるドアに変更し、広々とした空間へと変わりました。

和室を洋室に変更する場合は、床や壁紙の張り替え、押入れをクローゼットに変えるなどの工事が必要となりますが、特にスペースが広くなければ全ての工事を500万円以下の予算で実現することができます。予算次第では間取りの変更も視野に入ってくるので、実現したいプランを具体的にイメージしつつ、工事内容ごとに優先順位をつけておくと良いでしょう。

おわりに

200万円~500万円の予算があれば、間取り変更や設備を一新するなど、大規模なリノベーションも視野に入ってきます。複数の部屋を同時にリノベーションすることも可能なので、ひとつの部屋だけでなく、複数の部屋に目を向けて計画を立てるようにしましょう。

具体的な計画を立てたら、一括見積もりを利用すると予算内で実現してくれるリフォーム会社をスムーズに見つけることができます。

もっと具体的なリフォーム・リノベーション費用について知りたい方は、厳選された複数リフォーム業者での価格見積もりを無料で徹底比較できる、リフォーム料金一括見積もりサービスをお気軽にご利用ください。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 5273
  • 8
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード