中古マンション・戸建てのリノベーション!費用と相場はどれくらい?

ここでは、中古マンション・戸建てのリノベーションに関する費用の相場についてご紹介していきます。リノベーションを施すことで理想の生活を実現できる可能性はありますが、やはり「費用」の問題は気になるところでしょう。また、中古マンションと中古戸建て住宅でも費用に違いが生まれます。では、リノベーションでは具体的に、どれぐらいの費用が必要になるか、物件別にご説明していきます!

  • 3551
  • 11
  • 0
  • いいね
  • クリップ

リノベーションの価格帯で多いケースは?

リノベーションの料金は、坪単価によって表されるケースがよく見られますが、坪単価の相場は以下のようになっています。

・戸建ての場合…20万円~60万円
・マンションの場合…20万円~40万円

リノベーションを施す面積が分かれば、上記の相場から大体の費用を算出することはできますが、設備の交換や床下の追加工事などが必要になると、坪単価で費用を計算することは難しくなります。そのため、一般的な事例を参考に、どれぐらいの価格帯で行われることが多いのか把握しておきましょう。

リノベーションの中心価格帯は、以下の通りとなります。

・戸建ての場合…1,000万円~1,500万円
・マンションの場合…700万円~1,000万円

もちろん、使用する壁材や床材、導入する設備などによって費用は大きく前後しますが、まずは上記の金額を目安としてある程度の予算を立ててみましょう。

種類別!リノベーションにかかる費用の目安

リノベーションは工事の内容や目的によって、二世帯リノベーションやフルリノベーションなどの種類に分けられます。では、それぞれのリノベーションにはどれぐらいの費用がかかるのでしょうか?

・二世帯リノベーション…1,000万円前後
・フルリノベーション…1,000万円~1,500万円
・スケルトンリノベーション…500万円~1,500万円
・北欧リノベーションや和モダンリノベーション…500万円~700万円

上記の金額を見ると、フルリノベーションやスケルトンリノベーションなど、規模の大きいリノベーションほど費用が高くなることが分かります。ただし、工事範囲の広さによって費用は大きく変わってくるので、上記の金額はあくまでも目安として考えておきましょう。

場所別!リノベーションにかかる費用の目安

リノベーションにかかる費用は、工事をする場所によっても大きく変わってきます。以下では、全面的にリノベーションを施す場合の費用を、場所別に分けてご紹介していきます。

・一般的なキッチン…50万円~100万円
・ハイグレードなキッチン…300万円前後
・トイレ…15万円~30万円
・お風呂場(一般的な浴槽の交換)…70万円~140万円
・お風呂場(ユニットバスの交換)…50万円~200万円
・洗面所…40万円~70万円
・収納設備の変更…20万円~80万円
・外壁…100万円~250万円

上記のキッチンやユニットバスなどの設備に関しては、グレードによって本体の値段が大きく変わってきます。本体価格だけで200万円以上かかる設備もあるので、設備のグレードは慎重に選ぶようにしましょう。

物件別!リノベーションにかかる費用の目安

リノベーションにかかる費用は工事範囲の面積に比例するため、物件のタイプによっても中心価格帯は変わってきます。以下では、物件のタイプごとに中心価格帯をご紹介するので、該当する物件の価格帯を確認しておきましょう。

・1Rや1Kの物件…60万円~100万円
・1DKや1LDKの物件…150万円~350万円
・2DKや2LDKの物件…400万円~600万円
・3DKや3LDKの物件…700万円~1,000万円
・3LDKより広い物件…1,000万円~1,500万円

上記がおおよその目安となりますが、外壁や屋外のリノベーションを含む場合は、上記の費用よりも高くつく可能性があります。

リノベーションには工事費用以外にもコストがかかる

実際のリノベーションでは、工事費用以外のコストが発生することもあります。代表的なコストとしては、設計料や監理料を挙げることができるでしょう。設計料・監理料の相場は以下の通りとなります。

・設計料…工事費の10%~20%
・監理料…1平米あたり2万円前後

上記のように、設計料や監理料はリノベーション内容によって変動するケースが多くなっていますが、工事範囲が比較的狭い場合には、固定料金となるケースも見られます。また、設計料や監理料は、「設計手数料」としてまとめて記載されている可能性もあるので、設計手数料については内訳をしっかりと確認することが望ましいでしょう。

補助金やローンの利用も忘れずに

おわりに

リノベーションは工事内容によっては、補助金を受け取れる可能性があります。バリアフリーや環境配慮など、さまざまなリノベーションに対して補助金制度が用意されているので、事前に利用できる制度がないか確認しておきましょう。

また、予算が不足している場合には、ローンの利用も忘れてはいけません。ローンを利用するには審査に通過する必要があるので、早めに行動を始めることが大切です。

リノベーションはケースによって費用が大きく異なりますが、物件別や種類別の中心価格帯を把握しておけば、ある程度の費用を予測することができるので、予算を立てやすくなります。大規模な工事になるからこそ、まずは必要な費用をおおまかに計算し、少しずつ資金計画を具体的な形にしていきましょう。

もっと具体的なリフォーム・リノベーション費用について知りたい方は、厳選された複数リフォーム業者での価格見積もりを無料で徹底比較できる、リフォーム料金一括見積もりサービスをお気軽にご利用ください。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 3551
  • 11
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード