合掌造りの小さな集落。富山県の世界遺産「五箇山」で日本の原風景をたずねよう!

富山県南砺市にある「五箇山」は白川郷とともに世界遺産に登録されており、まさしく日本の原風景と呼べる光景に出会えるスポットです。貴重な建物や文化が多く残っていて、国指定の重要文化財もあるんですよ。

  • 140
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

富山県南砺市にある五箇山(ごかやま)は、40の小さな集落の総称を指します。なかでも菅沼(すがぬま)と相倉(あいのくら)は、岐阜県の白川郷とともに世界文化遺産に指定されています。このほかにも国の重要文化財に指定されている建物や、特色ある文化や産業などが残されており、見どころ満載のスポットです。

山村での伝統的な生活を知る「菅沼合掌造り集落」

五箇山 菅沼合掌造り集落

江戸末期から明治初期にかけて建てられた9棟の合掌造り家屋がたたずむ、菅沼合掌造り集落。周辺の豊かな自然がありのまま残されており、建物だけでなくのどかな景観や環境そのものがかけがえのない遺産です。

家屋の内部には当時の生活や産業がうかがえます。例えば屋根裏では養蚕が行われていて、蚕の糞を利用した火薬の原料となる塩硝づくりも盛んで、江戸時代には五箇山の中心産業だったといわれています。農業だけでは立ち行かない小規模な集落であった菅沼は、合住居と産業が密接に結びついた暮らしを送っていたんですね。

史料館「五箇山民俗館」では生活用具約200点を展示しており、山村での生活を垣間見ることが出来ます。「塩硝の館」では塩硝づくりの道具や過程が展示されています。

菅沼合掌造り集落

温泉で一休みを。絶景露天風呂が楽しめる「くろば温泉」

散策で疲れたら温泉でリフレッシュしましょう。菅沼合掌造り集落から車で約2分のところにあるくろば温泉は、露天風呂から絶景が楽しめるスポットです。泉質はナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物質で、神経痛・関節痛・五十肩・関節のこわばり・痔病・冷え性などに効果・効能があります。ダムに面した露天風呂からの景色は必見で、五箇山の雄大な自然やきらきら輝く湖面が、温泉とともに疲れを癒してくれますよ。サウナや水風呂、内風呂、食事処を完備しているのも魅力です。

くろば温泉(上平観光開発株式会社)

<住所>
富山県南砺市上平細島1098
<電話番号>
0763-67-3741

合掌造り集落を一望できる「相倉合掌造り集落」

五箇山 相倉合掌造り集落

菅沼合掌造り集落から車で約15分のところにあるもう一つの世界遺産 相倉合掌造り集落。20棟もの合掌造り家屋が現存し、集落から徒歩約5~6分の高台に登ると全景が一望できます。

相倉合掌造り集落にも山村での生活や産業に関する資料館がいくつかありますが、なかでもおすすめは「五箇山和紙漉き体験館」。紙漉きは養蚕や塩硝づくりに並ぶ産業の1つで、こちらでは当時の手法を再現した手漉き和紙体験(600円)やタンブラー作り(1,500円)が楽しめます。和紙を使った小物の販売もあるので、お土産を探している方にもおすすめです。

相倉合掌造り集落

<電話番号>
0763-66-2123(世界遺産相倉合掌造り集落保存財団)

ライトアップも必見!! 幻想的な景色に癒されよう

相倉合掌造り集落 ライトアップ
撮影:dip / BUD International

菅沼合掌造り集落・相倉合掌造り集落では年に数回、無料で観賞できるライトアップが行われています。日没時から一軒一軒に明かりが灯りだし、暗闇の中に浮かび上がる光景はとっても幻想的。天気がよければ、都会では見られないようなまばゆいまでの星空も楽しめます。ライトアップ時間は日暮れから21:00まで。週末や連休を中心に開催されています。

五箇山観光の際はマナーを守ろう!!

相倉合掌造り集落 紅葉
撮影:dip / BUD International

五箇山では現在でも住民が普通の生活を送っています。訪れる際には日没後や早朝を避け、民家や田畑、私有地などには立ち入らないようにしてください。基本的なことではありますが、草木の採取はせず、ゴミは持ち帰ってください。ルールとマナーを守って観光しましょう。

いかがでしたか? 日本の原風景とも言えるのどかな景観や環境が残る、五箇山。土地ならではの文化や産業、四季折々の景色も魅力的です。ぜひ白川郷と併せて訪れてみてくださいね。

この記事は2018年8月31日に公開されたものを編集したものです。

  • 140
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

「トリドリ」は、あなたに様々な旅行やお出かけのキッカケを提供するメディアです。記事を読んで「ここ、行ってみたい!」と思ったら、それはもう旅への第一歩。ひとくちに…

おすすめのアイデア

話題のキーワード