キッチンとリビングを大胆リフォーム!閉塞感のない広々とした住まいに変身♪

住まいにおいて、いつでも悩ましいのが「お部屋を広く使うこと」と「部屋ごとに仕切りがあること」の両立です。部屋を広く使おうと思えば仕切りが邪魔になり、仕切りをすれば部屋は区切られ狭く感じてしまいます。そんな悩みを解消する〔ミサワリフォーム株式会社〕が手掛けたリフォーム実例をご紹介いたします。

  • 2465
  • 13
  • 0
  • いいね
  • クリップ

リフォームのきっかけは、閉塞感のあるキッチンを何とかしたいという思いから

今回のお客様は、猫を飼われているご夫婦とお子さま2人のご家族です。奥様から閉塞感のあるキッチンをリフォームし、部屋全体を広々と見せたいとのご要望をいただきました。

ただ、リフォーム前のキッチンは閉塞感はあるものの、キッチンが仕切られていたためペットの猫が入ってしまうことがありませんでした。そのため、リフォーム後も猫が入らない仕切りのあるキッチンにすることが条件でした。

before

after

閉塞感のあったお部屋が見違えるようですね。リビングと一体化したキッチンになったので、空間を広々使うことが可能になりました。

床から浮いたような軽やかなデザインのキッチンは、実際に立ってみるとつま先が当たらず使い勝手も抜群です。

とある工夫で猫がキッチンに入らないようになりました

キッチンに仕切りがないと猫が侵入してしまうというお悩みについては、どうなったのでしょうか?
それは、リビングとキッチンの仕切りを閉められるようにしたことで解決しました。

ガラス戸の仕切りを閉めれば猫が入ってくることもありません。

ガラスの仕切りなら家族の姿が見えるので安心していられるようです。おとなしくお座りしてますね。
しかも、ガラス戸は上吊りのため床にレールがなく、それも広々空間の演出に一役かってるんです。

猫にも癒され、照明にも癒される

癒し空間の演出には、造作収納に設置した間接照明が大活躍。ご家族の皆さんで落ち着いたひと時を過ごされています。

今回のリフォーム内容の「キッチンがあった場所を寝室に」、「和室をキッチンに」という最終案には、何度かのリフォーム案を積み重ねてたどり着きました。

お客様が思い描く理想(ゴール)に行く道程は1つではありません。
〔ミサワリフォーム〕は数多くのリフォームを手掛けているからこそ、ゴールを見失うことなく、お客様が思いもよらなかった視点で複数のリフォーム提案ができるのだと考えます。

施工をご満足いただいた結果、完成から約1年後に上のお子さまが独立されたことをきっかけに、今回リフォームを行わなかった別の部屋のリフォームも行っていただきました。

今回は人気で定番のキッチン・リビングリフォーム事例をご紹介いたしました。
まず住まいに関するお悩みをご相談いただくことで、「そういうリフォームもできるんだ!」という発見もして頂けると思います。

〔ミサワリフォーム株式会社〕の専門のスタッフならではのアイデアと、柔軟で入念なプランでお客様の住まいづくりをお手伝いさせていただきます。リフォームをお考えの際には一度〔ミサワリフォーム株式会社〕までご相談ください。

  • 2465
  • 13
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

リノベーション会社

ミサワリフォームはミサワホームのリフォーム事業ブランド。「Homeing〜ホームイング〜リフォームを通して現在進行形のお付き合い」私たちはお客様が住まいに手を加…

おすすめのアイデア

話題のキーワード