【コラム】高齢者に優しい住まいを作ろう!玄関のリフォームで大切なポイント

高齢者がいるご家庭では、家族みんなが暮らしやすいように住宅のリフォームを考えることがありますよね。

とくに、住宅の中でも一番段差が大きい玄関は、転倒によるケガが気になります。高齢者の転倒によるケガは、寝たきりの原因として意外と多いものです。そこで今回は、玄関のリフォームで大切なポイントをご紹介します。

  • 2245
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ

高齢者に優しい玄関のリフォーム

高齢になって身体が不自由になると、玄関周りに不便さを感じやすくなります。玄関は段差が大きく、地面はコンクリートや石、タイルなど硬い素材が使用されていることが多いので、転倒した時にケガが起こりやすい場所なのです。

高齢者のことを考えて玄関をリフォームする場合は、転倒によるケガを防ぐとともに、不便なく移動できることを考えましょう。

玄関で注意したいポイント

まずは、玄関でとくに注意したいポイントを見ていきましょう。

段差

玄関にある段差は、体の不自由な高齢者にとって非常に大きなハードルとなります。玄関の段差を低くする、またはなくすことで、誰でも使いやすい玄関になるでしょう。
また、車いすの場合は玄関にスロープを取り付けるなどのリフォームが必要です。

扉の開け閉めが簡単か

玄関の扉には、大きく分けると引き戸と開き戸の2種類があります。高齢者に優しい玄関のリフォームでは、開け閉めが簡単にできる引き戸タイプがおすすめです。

手すりの位置は適切か

玄関は段差があるうえ地面が硬いので、少しの転倒でも骨折などの大きなケガにつながる可能性が高いです。しかし、手すりの位置が適切な場所にあることで、転倒を防ぐことができます。

玄関から出てスムーズに通りまで出られるか

玄関から出てすぐの場所に階段などがあると、非常に不便に感じるはずです。車いすの場合は、そのまま進むことも難しいでしょう。また、スロープが設置されていても、車いすで通るには十分な幅の確保が必要です。

玄関のリフォームに使えるアイテム

高齢者に優しい使いやすい玄関にするためには、次のようなアイテムがおすすめです。これらのアイテムを活用して、家族みんなが快適に使える玄関を目指しましょう。

玄関台(式台)

玄関台とは、玄関の段差の間に設置する台のことを言います。段差トラブルを大掛かりなリフォーム工事を行うことなく解決できる優れものです。玄関台の材質は木製のものが多く、引き出し付きで収納もできる機能面で優れたアイテムもあります。

また、介護用の玄関台は手すりのついたものもあるのでおすすめです。

玄関用手すり

高齢者にとって玄関の手すりは、非常に便利で心強い存在です。身長や姿勢などに合わせて、適切な位置に手すりを設置しましょう。手すりがあるだけで玄関の段差の負担が少なくなり、転倒事故なども防ぐことができます。

玄関のリフォームアイテム選びは慎重に!

ホームセンターでは、玄関いすや玄関台、手すりなどのリフォームアイテムを購入することができます。様々なデザインのものがそろっているので、好みのものを選びましょう。

最近はインターネット通販でもお手頃価格のものであふれていますが、細かなデザインや素材は実際に見なければわかりません。大きさを間違えると、玄関のリフォームのメリットが失われてしまうので注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

高齢者が使いやすくケガのない玄関にリフォームするには、段差をできるだけなくすことと、手すりの取り付け位置に注意することが大切です。

玄関での動きが気になると、外に出るのもおっくうに感じてしまうでしょう。高齢者がいつまでも元気に過ごすためには、ご紹介したようなポイントに注意して玄関をリフォームすることが大切です。

  • 2245
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

リノベーション会社

弊社スタッフの半分は女性のリフォーム会社です。未だ家事をするのも女性が多く、住まいに一番長く居ることの多い現代。女性の観点から、女性に使いやすい動線やシステムを…

おすすめのアイデア

話題のキーワード