【秋冬シーズン前必見!】加湿プラスαが当たり前!大注目の人気・最新加湿器をご紹介

だんだんと気温が下がり始め、寒さが気になってきますが、それと同時に心配なのが「乾燥」です。乾燥はお肌の大敵であるうえに、のどを始めとする風邪の大きな原因にもなります。また、静電気などもストレスフルですよね。そこで今回は、乾燥の季節が本格化する前に必ずチェックしておきたい、大注目の「加湿器」を全力でご紹介します! 品選びの視点なども紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね♪

  • 6558
  • 36
  • 0
  • クリップ

見た目のインパクト大! 

まずご紹介するのは、デザイン家電などを取り扱う〔阪和〕から販売されている《アロマハイブリッド式加湿器 Sablier plus PR-HF016》。こちらは、2018年10月11日(木)に新発売された最新モデルです!

何と言っても、その見た目はインパクト大! 柱のようにすらっと伸びるボディは、インテリア性を重視したいおうちにもぴったり。カラーも、パウダーブルー・スモーキーピンク・アッシュネイビーの3色から選べるので、お部屋のテイストに合う1台をチョイスしてくださいね。

さらに、見た目だけでなく機能も充実! 2.5リットルの大容量タンクを持ち、1時間に約350mlの水分を放出してくれます。本体の背が高いぶん、放出した水分による床濡れを軽減するというメリットも。そのほか、アロマオイルを用いてお好みの香りを演出できたり、リモコン付きで遠隔操作が可能などのうれしいポイントがありますよ♪

こだわりインテリアになじむ! オブジェのようなおしゃれ加湿器

続いても同じく、〔阪和〕の商品のご紹介です。今度は、卓上にちょうどいいタイプの加湿器。でも、その使い方はちょっと驚きの1台なんです……!

こちら《ペットボトル式加湿器 -wood- PR-HF017》の本体は、直径約10cm、高さ約5cmという手のひらサイズで、タンクのようなものは見当たりません。なんとこの加湿器、使用時に市販のペットボトル(※)を装着するという仕組みなんです。おもしろい発想ですね! 

本体のスイッチのON/OFFだけの簡単操作で、手軽に加湿ができるのもうれしいですね。しかもこの加湿器は、パソコンのUSB電源、さらにACアダプタは海外の電圧にも対応しているので、世界中どこへ行っても使えちゃうんです! おうちの寝室はもちろんですが、オフィスワーカーや、出張や旅行などで国内外を飛び回る方にもとってもオススメ☆ 贈り物にももってこいですね。

※500ml以下のものに対応。また、ペットボトルは一般的な市販のペットボトルの口のサイズ2種類に対応

LEDとアロマで極上のリラックスタイムを

続いて、〔siroca(シロカ)〕の《LED加湿器》です。寝室などにぴったりなサイズ感や機能が特徴の1台ですよ。

シンプルでかわいらしい見た目なのに、なんと4リットルの水を1度で給水できるから、給水の回数を減らせるのがうれしいポイントです♪ 間接照明のようなふんわりとやさしいLEDの明かりは、強弱を調節できるから、夜寝る前の枕元などにあってもとっても便利! お好みのアロマをセットしたら、おうちがすぐに癒やしの空間に変身します♡ 8畳のお部屋まで対応するたっぷり加湿で、乾燥する季節も安心ですよ。 

〔Amazon〕で大人気のアイテム!

こちらは、インターネット通販サイト〔Amazon〕で高い人気を誇る卓上用の加湿器《TW-501A アロマディフューザー》です。

愛らしい木目調と丸っこいデザインが人気の秘訣で、〔Amazon〕のお墨付きの印である「Amazon's Choice」にも選定されていますよ! 見た目は小柄なのに、容量400mlで長時間の運転も可能だから、お気に入りのアロマフレーバーとともに癒やしのひとときをじっくり楽しむことができますよ♪ 購入者レビューによると、モーターの音も気にならず快適だとか。7色に変化するLEDライト機能があったりと楽しみ方も自由自在で、プレゼントにもオススメですよ♡ 

お値段が手頃なのもとってもうれしいポイントです! たくさんの方が、すっかり《TW-501A アロマディフューザー》に癒やされています♪

あの〔バルミューダ〕の加湿器はアートのように美しい

〔バルミューダ〕といえば、スチームトースターなどデザイン性の高いキッチン家電製品がとても人気で、その印象が強い方も多いのではないでしょうか。でも、今回ご紹介するのは、そんな〔バルミューダ〕の「加湿器」です。

デザイン性が圧倒的な《Rain Wi-Fiモデル》は、もはやアート作品。加湿器ということを忘れてしまいそうな甕(かめ)のようなシルエット。なんと給水は、まさに甕(かめ)と同じように、水を上から注ぐだけ。手軽な上に、使用方法が洗練されています。本体を上から見ると、なんとそこにはディスプレイが。そう、給水はディスプレイに水をかけている形になるのです! 水を弾く有機ELディスプレイは美しいのひと言に尽きます。

給水口のフチをクリックしたり、回したりすることでコントロールする構造となっており、今までにない新感覚の操作性を感じることができますよ♪ 極め付きは、Wi-Fiに対応していること。お手持ちのスマートフォンを連携することで、外出先からの操作はもちろん、毎日の使用による電気料金の記録までしてくれるという驚きの機能まで兼ね備えていますよ!

今までに見たこともないような加湿器〔バルミューダ〕の《Rain Wi-Fiモデル》、ぜひともチェックしてみてください! 

加湿器の大横綱! 「やっぱり〔シャープ〕」の声が多数!

こちらはみなさんもご存知、〔SHARP(シャープ)〕の加湿空気清浄機《KC-J50-W(ホワイト系)》。なんとこちらも、2018年10月11日(木)に発売された最新商品です! やっぱり家電製品は、最新モデルは必ずチェックしておきたい!

基本性能と薄型スリムデザインを両立したエントリーモデルとして、〔シャープ〕の加湿空気清浄機の最初の一台にはこちらがおすすめ。

空気清浄機能としては、スリムな見た目からは想像のつかないほどのパワフルな吸じん力に加え、独自技術のプラズマクラスターで空気の浄化・静電気抑制・消臭までしてくれるスグレモノです☆ そのうえ加湿能力もバッチリ! 1時間で最大500ml(※)の水分でたっぷりうるおいを与えてくれるから、乾燥が厳しくなるこれからの季節にはとくに活躍してくれそう♪ 本体やタンクの清潔さを守る機能があるのも◎。それでいて、とてもシンプルなたたずまいで、好感度が高いですよね。 

「空気清浄機といえばやっぱり〔シャープ〕」との呼び声高い信頼のブランドであり、加湿器・空気清浄機選びに悩んだら〔シャープ〕を選んではいかがでしょうか?

※運転モードを「強」にした場合

さらにもうワンポイント!

紹介した6商品のうち、最初の商品が「ハイブリット(加熱超音波)式」、続く3商品が「超音波式」、あとの2商品が「気化式」という加湿方式を採用しています。それぞれ、

●超音波式
超音波の振動によって霧状にした水を、ファンで水分を放出する

●気化式
フィルターに水を浸し、気化させる

●ハイブリット(加熱超音波)式
水を浸したフィルターに、ヒーターとファンで作った温風を当てて気化させ加湿する

という方式の違いがあります。また、

●超音波式
電気代がかかりにくく音が静か、水が熱くならず子どもやペットにも安心だが、水中の汚れや菌をそのまま放出してしまうことがある。また、お部屋が水分によって濡れたり、白い粉がついたりすることがある

●気化式
電気代がかかりにくく、過剰な加湿を避けられるが、ファンによる運転音が気になったり、排出する風が冷たく、気になることがある

●ハイブリット(加熱超音波)式
雑菌を放出しにくく、すばやく加湿できるが、電気代がかかりやすく本体の価格も比較的高いものが多い

それぞれに上記のような特徴とメリット・デメリットがあるため、おうちの環境や用途、目的に合わせて品選びをすることが大切です♪ 

=========================

今回は、いま注目の加湿器を厳選してご紹介しました! ぜひみなさんもこの記事を読んで、これからの季節にはとくに必需品である加湿器を選ぶときの参考にしてみてくださいね☆

  • 6558
  • 36
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード