社宅のお風呂をリフォーム!悩みを解決できる方法は?

社宅の浴室は見た目が古く、カビが気になる場合があります。これらの問題点を解決するには、どんな方法でリフォームを考えるのがよいのでしょうか?ここでは、社宅のお風呂のイメージを一新することが期待できるリフォーム方法を、いくつかご紹介します。

  • 13945
  • 11
  • 0
  • いいね
  • クリップ

社宅のお風呂の悩み

まずは具体的なリフォーム方法の前に、社宅に住んでいる方が抱えがちなお風呂の悩みを把握しておきましょう。主な悩みとしては、

・見た目の古さ
・カビ
・水漏れ
・浴槽のひび割れ

上記の4点が挙げられるでしょう。社宅は20年以上前に建てられた古い物件も多く、床や壁のシミや落ちない汚れ・カビなどは、特に気になりやすいポイントでしょう。また、古い物件のお風呂では、水漏れや浴槽のひび割れといった問題も生じてきます。これらは後で大きなトラブルにも発展しかねないので、早めに対策を立てる必要があるでしょう。

具体的なリフォームの計画を立てる前に、まずは抱えている悩みを明確にすることが大切です。その上で、悩みを解決するためのリフォーム計画を考えていきましょう。

社宅のお風呂リフォームの実例

では、実際にはどのようなリフォームが行われているのでしょうか?実例を確認し、自分が抱えている悩みを解決できるリフォームがないかについて、考えていきましょう。

【実例その1】浴室塗装

築年数…22年
リフォーム方法…浴室塗装

これは、色落ちした壁面を、浴室用の塗料で塗装した実例です。壁面のほか、カビで黒ずんだ浴槽もきれいに塗装して仕上げました。結果、築22年とは思えない目新しい雰囲気にリフォームすることができました。

【実例その2】浴槽ひび割れ補修

築年数…25年
リフォーム方法…FRP(繊維強化プラスチック)ライニング・浴槽ひび割れ補修

浴槽内にできた大きなひび割れを、「FRPライニング」という工法を用いて補修した実例です。FRPライニングとは、浴槽の内面にFRPを密着させて、浴槽の耐久性・安全性を高める工法です。FRPライニングでの補修は浴槽の強度や耐久性を高め、寿命を大幅に伸ばすことが期待できます。

【実例その3】FRP防水

築年数…22年
リフォーム方法…FRP防水

「FRP防水」という工法でリフォームし、水漏れの悩みを解消した実例です。FRP防水とは、液状の樹脂に硬化剤を加えて混合し、この混合物をガラス繊維などの補強材と組み合わせて一体にした塗膜防水をいいます。FRP防水の施工で長期間防水性能の維持が可能になり、長い目で見たトータル的なコストダウンも期待できます。

おわりに

社宅のお風呂のリフォームによって、「見た目が古く、おしゃれではない」「昔からあるカビや汚れが気になる」という古い浴室のイメージを払しょくすることが期待できます。なお、社宅によっては、リフォームできる箇所が変わってくる場合があるため、事前に確認しておく必要があるでしょう。施工業者さんを選ぶときも、古い物件や社宅でのリフォーム実績のある業者さんにお願いするのが安心です。まずは業者さん探しとリフォーム相談を兼ねて、一括見積を申し込んでみてはいかがでしょうか。

もっと具体的なリフォーム・リノベーション費用について知りたい方は、厳選された複数リフォーム業者での価格見積もりを無料で徹底比較できる、リフォーム料金一括見積もりサービスをお気軽にご利用ください。


LIMIAからのお知らせ

最高価格で不動産売却をするならまず比較!
約1,400社以上の不動産会社から最大6社まで無料で一括見積もり

  • 13945
  • 11
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード