ズボラさんにぴったり?!西洋式風水 BTBを使って、私がどの様にお家レビューをするかのお話

風水スタイルには色々ありますが、数あるスタイルのうちアメリカで最もポピュラーなスタイルをご紹介。

  • 1434
  • 9
  • いいね
  • クリップ

ニューヨークからこんにちは。ライフスタイルデザイナー・NY州認定風水インテリアデザイン講師のジョンソン愛です。
風水理念の陰陽五行思想・色彩心理学・空間心理学を駆使しながら、人々の住まい・仕事場をより心地よい空間にしていくお手伝いを仕事にしています。

BTBは西洋で人気の風水

今日は、数ある風水スタイルうち西洋では主要な風水スタイルの一つとして人気のBTB(西洋式風水)についてお話してみたいと思います。

BTBは、Black Sect Tantric Buddhism の略で、日本では黒帽と言う名称で知られているでしょう。
2008年にアメリカに引っ越してくるまでBTBのことは全く知りませんでした。BTBスタイルは恐らく日本ではまだそれほど知られていないのは、日本では方位磁針を使うコンパススタイルや家相が主流だからだと思います。

風水にはたくさんスタイルがありすぎて時々混乱してしまいますが、私はなるべく複数のスタイルをうまくミックスして使うよう心がけています。そうすることで、デザインが一つの理論に偏りすぎることなく、より多くのオプションをお客さんに提供できるからです。

BTBと従来の風水(コンパススタイル)の違い

BTBは、方位磁針を使わずして誰にでも風水が出来る方法なんですが、この方法だと実際の方角は考慮に入れないんでズボラさんでも簡単に風水を楽しめます。(でも私は方角も考慮して提案しますが。)

参考までに、以下に通常のコンパススタイルを使ったフロアプランとBTBを使ったフロアプランを紹介しておきます。

これは現在もプロジェクト進行中のあるお客さんのエネルギーマップです。
(注:図面上のスケールは仮なので正しくありません。)

最初のものは日本でも馴染み深いコンパススタイルの図面です。実際の方角を気にしながら、それぞれの方角にあった家具の位置・色・柄やその他のデザインやアイテムを提案していきます。




二つ目のものがBTBスタイルになります。
BTBではコンパスを使わず、9つのます目でできた四角いマップをフロアプランにのせていきます。ここで大切なのは、玄関の位置は常に下に来るようにすることです。


方角を調べなくていいBTBはかなり単純なので、風水初心者の方には最もとっつきやすいスタイルと言えるでしょう。(だから欧米で人気が出たのかもしれませんね!)

日本でも馴染み深い、方位磁針を使ったコンパススタイルの風水インテリアフロアプラン。
それぞれの方角によって、提案するアイテム・素材・色などが違ってきます。
また住人の生年月日・住宅の建築年数も考慮に入れていくのが特徴です。
こちらはBTBスタイルの図面。実際の方位は一切考慮に入れないばかりか、住人の生年月日・住宅の築年数は全く考慮しません。9つのマス目にそれぞれ方角が入っているものの、実際の方位とは全く関係なく、各セクションごとのテーマ(家族運、金運、、、など)に沿って方位が対応しています。

今回はたまたまコンパススタイルとBTBの方位が一致していますが、ほとんどの場合稀です。
  • 1434
  • 9
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

インテリアコーディネーター

ニューヨーク在住(愛媛県松山市出身)ライフスタイルデザイナー&ニューヨーク州認定風水インテリアデザイン講師。ニューヨークのショールームよりインテリア写真…

おすすめのアイデア

話題のキーワード