バルコニーのライトアップ術♡光の使い方で、いつもと違った雰囲気に!

バルコニーは日中だけ楽しむ空間だと思っていませんか?実は、夕方以降のバルコニーにも素敵な楽しみ方があるんです。それは、夕焼けや月明かりなどの刻々と変わる空を眺めながら、静かにリラックスタイムを過ごすこと。一日の忙しさをリセットするのに最適な場所なんです。そこでクレガーレがご提案するのが、バルコニーのライトアップ!間接照明で足元をほんのり照らしてみたり、プランターの草花を光で演出してみたり、ランタンを吊り下げてみたりなど、アイテムや方法によってバルコニーを様々な雰囲気に変身させることができるのです。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 1652
  • 2
  • いいね
  • クリップ

手軽に揃うライトアップグッズ

ライトアップグッズは100円均一のお店、雑貨店、大型家具店などでいろいろな種類のものが売られています。その中からいくつかクレガーレおすすめのグッズをご紹介しましょう。

キャンドル風LEDライト

キャンドル風の温かい光が楽しめるグッズ。LEDライトのものを選べば火気厳禁のバルコニーでも安全に使用することができます。小さめサイズをいくつかグリーンの近くやテーブルの上などランダムに置いておくことで、ナチュラルな光に照らされた温かみのある空間を演出できます。

ランタン風ライト

アウトドアの雰囲気を盛り上げてくれるランタン風ライト。キャンドル風ライトに比べると広い範囲を照らすことができるため、壁から吊るしたり、テーブルの上に置いたりすることで手元を明るくすることができます。ソーラー電池式のものも多く、日中に太陽光で充電して使うことができます。

アレンジライト

買ってきたものをレイアウトするだけでなく、自分で照明器具をアレンジして楽しむのも手。例えばワイヤー型のイルミネーションライトをグリーンを演出するようにアレンジして配置してみたり、動線に沿って床面に敷いてみたり。バルコニー全体がカフェのテラス席のような雰囲気に様変わりするはずです。

昼も夜も楽しめるグッズとして、ワイヤー型のイルミネーションを使ったオリジナルライトを作ってみるのもおすすめ。DIYにぴったりな小型のワイヤー型イルミネーションは100円均一でも売られています。アンティーク調の瓶やワインボトルにワイヤー型ライトを入れるとオリジナル照明の出来上がり。透明の瓶なら中にドライフラワーやエアプランツなどを入れて日中も楽しめるおしゃれなディスプレイに!

日中とはまったく違うバルコニー空間を演出できるライトアップ。ハーブティーを飲んだり、手元を照らして読書をしたり、心豊かな夜のアウトドア時間を過ごしてみてくださいね。ただし夜間のバルコニーでの足音や話し声は隣家や上下階に響く可能性もあるので、要注意。マナーを守って楽しむことをお忘れなく。また、風が強いエリアや悪天候時には、ライトアップグッズが飛ばないようきちんと収納するようにしましょう。

  • 1652
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

住宅設備メーカー

クレガーレさんの他のアイデア

DIY・工具のデイリーランキング

おすすめのアイデア