【後悔しない外壁塗装】外壁の色を黒に塗り替えるメリット・デメリットをご紹介

家のイメージは外壁の色によって大きく変わります。また、そう何度も外壁を塗り替えることはないため、色選びには慎重になる方も多いでしょう。後悔しないためにも、外壁に使いたい色の特徴を知っておくことは大切です。ここでは、外壁の色を黒にするメリットとデメリットを、注意点も含めてご紹介します。

  • 23442
  • 16
  • 0
  • いいね
  • クリップ

外壁を黒にするメリットは?

黒は、高級感や重厚感を出しやすい色です。また、同じ黒でも、家の形状やデザイン、外壁の素材によって、個性的で近代的に見せたり、クールでオシャレに見せたりと、印象を変えることもできます。

さらに黒は、他の色と合わせやすく、他の色を際立たせることも可能です。組み合わせる色を工夫したり、アクセントとなる色を加えたりすることで、外観はよりオシャレになります。全面を黒で整えるのも重厚感や落ち着きがあってクールですが、部分的に、もしくは上下や左右で色を加えることで、より軽さを出したり個性的なイメージにしたりできます。

黒との組み合わせでは、ベージュや茶色、グレー、白、赤などがよく使われます。家のデザインにもよりますが、黒を下地に使うとより重厚で落ち着いた印象になり、ベージュや茶色と合わせるとアンティークな高級感を出せるでしょう。

和風の家でも、黒を取り入れるとほかとはちょっと違うモダンな印象の家になります。自然木と組み合わせるのも、個性的でオシャレな外観です。

外壁を黒にするデメリットは?

【デメリット1】暑くなる
黒は熱を吸収しやすく、白系の外壁と比べると、外壁温度がかなり高くなります。特に夏、日当たりのいい場所はかなり高温になる可能性もあるため、小さな子どものいるご家庭は注意が必要です。外壁の素材によっては、さらに高温になりやすい場合もあります。

外壁の温度が上がれば、もちろん室内も暑くなります。しかし、室内の温度に関しては、性能のいい断熱材を使うことで、外壁の色が白でも黒でもほとんど差がないようにすることが可能です。

【デメリット2】劣化が目立ちやすい
白は汚れが目立ちやすく、黒は目立ちにくいと思われがちです。しかし、外壁に関しては、深い黒色を維持するのは、実はとても大変です。たとえば、黒は紫外線の影響を受けて色あせしやすいですし、鳥の糞などがついていると黒のほうがかえって目立ちます。

また、塗装は劣化すると、チョーキング現象を起こす場合があります。チョーキング現象が起こると白っぽくなるため、黒のような濃い色の外壁は白系の外壁よりも劣化が目立ちやすくなるのです。美しい黒色を維持するには、定期的な塗り替えなどのメンテナンスが必要になることを覚えておきましょう。

【デメリット3】へこみが目立ちやすい
黒色の外壁として多く使われる「ガルバリウム鋼板」は、金属系のサイディングボードで、「ガルバ」とも呼ばれます。ガルバには、汚れを簡単に除去できるタイプや傷に強いタイプ、耐久性や耐熱性に優れているタイプなどがあり、デザインも豊富です。

しかし、傷には強いものの比較的簡単にへこむというデメリットがあり、黒はへこみが目立ちやすい色でもあります。また、外壁にガルバを使用する場合、施工方法によってはサビが出やすくなることもあるため、業者選びには注意が必要です。

外壁を黒にする際の注意点

【暑さ対策】
外壁を黒にするなら、断熱材をしっかり選びましょう。特に、もともと白系に塗装されていた家を黒に塗り替える場合は注意が必要です。しっかりとした断熱材が使われていないと、白色の外壁では問題がなくても、黒色にすることで室内温度が上がってしまいます。

効果が優れた断熱材を使用すると、よりコストもかかります。塗装時やリフォーム時には、断熱材のコストも費用計算に含めておきましょう。

【劣化対策】
外壁を黒にするなら、色あせしやすく劣化が目立つ黒色の弱点を踏まえて塗料を選びましょう。耐久性の高さなど、塗料の性能と質を前もって確認することが大切です。

サイディングなら、汚れにくく傷に強いコーティングを施したサイディングボードを選ぶのもいいでしょう。また、イニシャルコストだけでなく、美しい外観を維持するためのランニングコストまで考えておくことが大切です。

【外観対策】
地域によっては、建物の色彩に規制が設けられている場合もあります。また、特に規制などがなくても黒は特殊な色味なので、ある程度街の景観と合うかは意識しておきたいところ。

写真やサンプルを見るだけでなく、使おうと考えている建材や色を実際に使用している家を見に行くのがおすすめです。実際の雰囲気を知ると、注意したいポイントもわかり、よりイメージがしやすくなるはずです。また、塗り替えの場合は、ご自宅のデザインに合っているかも考慮しましょう。

まとめ

今回は、外壁の色を黒にするメリットやデメリットをご紹介しました。家がオシャレで個性的なイメージになる反面、黒は暑くなりやすく、劣化も目立ちやすい色です。暑さ対策や劣化対策をしっかり行って、自分の好みに合い、居心地もいい家にしてくださいね。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 23442
  • 16
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード