• 65
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

大階段を上がるとダイニングと奥にキッチンが広がります。1Fの階高を下げた分、吹抜の開放感あるスペースで、屋根勾配に合わせた天井面には垂木が連なります。床は36mm厚保のJパネルで床面と裏面が無垢の杉板で構造合板を挟んでいて、1枚で3つの役割があり、1Fとの界床はこれだけで済みます。天井には2個のトップライトを設け、ベンチに横になると空が見えます。

このフォトを投稿したユーザー

「大切にしていること」建物は雨風をしのぎ、暑さ寒さなどから人を守る大切な器ですが、ただそれだけではありません。人間のいとなみを彩るものであり、心を和ませ、くつろ…

このフォトが使われているアイデア