犬が遠くから飼い主を眺めている時の心理5選

遠くからじーっと飼い主を見ているとき、犬は何か言いたげな表情をしています。愛犬の心理、一番に分かってあげられたら良いですよね。この記事では、犬の気持ちになって心理を考えてみました。

  • 193
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

犬が遠くから飼い主を見ているときの心理

1. 「幸せ!大好き♡」を伝えたい

瞳がキラキラ、柔らかい笑顔で視線を送ってくれていたら、飼い主を信頼してアイコンタクトを取ろうとしている証拠です。一緒に過ごす時間が楽しくて、嬉しい想いを表情を通じて伝えてくれているのでしょう。笑顔でたくさん話しかけてあげると、更に喜びを実感してくれるはずです。

2. 「○○して欲しい」を要求している

おすわりしながら上目遣いでじっと見つめてくる場合は、何かを求めて要求しているサインです。望んでいる意図を正しく汲み取れるかどうかは、日頃のコミュニケーションがキーとなってきます。

《要求内容の例》

✔ボールをくわえている→遊んで欲しい
✔食事の時間→ごはんが欲しい
✔尻尾を振っている→散歩に行きたい など

小型犬から大型犬まで、体の大きさが違っても、飼い主に甘えたり要求する姿は共通しています。

3. 「食べても良い?」飼い主の指示待ち

飼い主をきちんとリーダーとして認識できていたら、指示を待っていることがあります。しつけが身に付いている良い傾向と言えます。「あれ、おやつを食べずに待っている?」という場面を見かけたら、飼い主からGOサインを出して安心させてあげましょう。

4. 「何してるの?」飼い主の行動を観察

大好きな飼い主のことならなんでも知りたい!というのが犬の心理です。飼い主の動きを目で追いながら、今日は何をしているんだろう…と日々観察しています。「忙しそうだな…」「出かけるのかな?」など、飼い主の行動からその日の状況を感じ取っています。

5. 「今日はお留守番だね」諦めの気持ち

飼い主が出かける準備を始めるとき、自分も連れてって貰える外出かどうか、犬はなんとなく理解しているようです。最初は期待していても、一緒に出かけられないことが分かると、がっかりしたような表情を浮かべて遠くから視線を送ります。
犬がいじけてしまわないように、帰宅後のアフターケアが大切です。

犬の視線の先には何がある…?

犬が何もない空間を見つめる理由とは?

犬が一点を見つめているとき、そこが何もない空間だと、ちょっぴり怖いような心霊的なイメージを抱くことがあるかと思います。

そんなときは、犬の耳の動きに注目してみて下さい。「耳がピーンと立っている」「耳がピクピク動いている」ときは、人間が聞き取れない程の小さな物音が聞こえていて、その音に反応している可能性が高いです。

犬と犬が見つめ合うのは危険信号!

外出先で初対面の犬同士が見つめ合っているときは、どちらも緊張状態にあり、お互いを警戒しています。敵視とみなされ喧嘩に発展しやすいため、3秒以上凝視する状況は避けた方が無難です。飼い主が間に入ったり、リードを短く持つといった行動を取り、トラブルを防ぎましょう。

まとめ

犬は、元々見つめ合うことがあまり得意ではありません。動物の世界では、敵対や威嚇と捉えられてしまうためです。飼い主は特別な存在なので、目を合わせていても平気なのです。

見つめている理由は様々ですが、視線や表情から愛犬の気持ちをいち早く察してあげたいですね!毎日スキンシップを図りながら、愛犬との絆を深めていきましょう。

  • 193
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

犬のために、犬の気持ちを知り、犬と共に暮らす。わんちゃんホンポは、あなたとわんちゃんの共同生活に色付けをする犬専門の情報サイトです。

おすすめのアイデア

話題のキーワード