おトクな補助金を使って、家の性能をUP!これから安心して暮らすための全面リノベーション。

築年数が古い物件で切っても切れない問題が、普段見えない床下や壁の中にある設備の老朽化。築年数が古いマンションでも、手を入れれば新築のような住環境を手に入れることができるのです。今回ご紹介するのは、結露によるカビでお困りになっていたご夫婦の事例です。これは、空気が通りづらい間取りだったり、断熱対策がなされていないのが大きな理由。家のカビに悩んでいるけど、お金がかかるから、見た目だけキレイにすればいいかなとお考えの方は損しているかもしれませんよ。今は、断熱やバリアフリーなど住宅の性能向上をするためのリノベーションには、おトクな補助金や優遇制度が使えるんです!カビの被害に大変お困りだったご夫婦が、マルリノ(積水化学工業)のこれからの住まいを見据えた提案と補助金を使って、かしこくマンションリノベーションしたお住まいをご紹介します。

マルリノ(積水化学工業)
  • 11845
  • 52
  • 0
  • いいね
  • クリップ

これからも夫婦ふたり、家でくつろぐのが楽しみになるリノベーションをしよう!

中古マンションを購入してから、22年。
築29年の部屋は、東側にある部屋の結露とカビが年々ひどくなり、壁も畳もボロボロに。
お子さんが独立して夫婦2人だけの生活になったこと。
カビだらけの部屋ではいずれ身体に悪影響が出てしまい、ゆっくりとくつろげなくなることを懸念して、リフォームを検討しました。

でも、このように結露やカビが気になる家って、実は多いのではないでしょうか?
築年数が古い物件は、最近の物件のようなさまざまな対策がほとんどされていません。
このまま住み続けていくと、ますます被害がひどくなってしまうかもしれませんよ。

これからも長く住み続けるために、家の悩みを解決するための提案をしてくれるマルリノ。
詳しく知りたい方は、ぜひマルリノが行っている、イベントやセミナーに参加してみるのがおすすめです♡

リノベーション前。激しい結露・カビに悩まされる空間。

ご夫婦は当初、「カビの被害がひどい部屋と老朽化した水回り設備だけをリフォームしたい」と考えてらっしゃったそうです。
予算もあらかじめ決めたうえで、数社のリフォーム業者に相談したところ、ほとんどの会社が部分リフォームを提案してきたそう。
しかし、マルリノは10年先、20年先もこちらの家に住むことを想定して、結露やカビの問題を根本的に解決する全体リノベーションが必要なことをお伝えしました。
そうでなければ、いずれ近いうちに、家全体に結露やカビの影響が出てしまうことを。

また、マルリノならではのおトクな情報もご提案。
近年では断熱対策やバリアフリー化など、住宅の性能を向上させるリノベーションについては、補助金や優遇制度があるんです!
マルリノオリジナルのプランやサポートもしっかりあるため、予算を少し上げてでも、住まい全体を整える全体リノベーションを行った方が、長い目で見て快適に暮らすことができるんです。
そして、お子さまがすでに独立されており、これからご夫婦ふたりでくつろげる生活と空間を手に入れることができるのも、魅力のひとつでした。
ご夫婦は、補助金の案内をしてもらえたおかげで、予算アップをして全面リノベーションをすることを決意できたそうです。

リノベーションを行う前は、3LDKの間取り。
窓からの採光はあるものの、部屋の奥まで光が届かず、少し暗い部屋に。
また、収納が少ないのもネックでした。

家具が配置されていないせいもありますが、どことなく暗くてさみしく感じられてしまいます。
この空間がどのように大変身を遂げるのか、、楽しみですね☆

リフォームの一番のきっかけになったのが、東側にある部屋のカビ。
結露が発生する影響でカビがどんどん広がっていき、手の施しようがない状態に。
壁紙はもちろん、窓枠や畳までカビが侵食してしまっているんです。。
この状態では、いくら壁紙や畳だけをきれいにしても、新しい壁紙にまたカビが生えてきてしまいます。

リビングダイニングに直結しているキッチンも薄暗く、床にカビが生えてしまっています。
水回りは湿気が溜まりやすいので、風の流れが悪いとカビやすいんですよね。

お風呂も湿気が滞り、カビが広がってしまっています。
これでは、落ち着いて浴槽に浸かることも難しくなってしまいますよね。

このように、甚大なカビ被害を受けたこちらの住まい。
ご夫婦が年を重ねても、快適に住むために大変身を遂げます。

全面リノベーションをするにあたり、ご夫婦が要望されたのはこちら。
1. 激しい結露・カビ被害をなんとかしたい
2. 家事動線を一直線で使いやすくしたい
3. お気に入りの家具にあったインテリアを提案してほしい
4. ご夫婦それぞれのスペース(個室とリビングの作業デスク)を設けてほしい
5. 1室は収納のための納戸にしたい

これらのご要望に応えるために、マルリノが行った全面リノベーション。
見た目だけではなく、住み心地のよい空間に仕上がりました!

リノベーション後。ご夫婦でこれからも長く住まえる空間に。

お子さまのお部屋だった洋室は、たっぷり収納できるウォークスルークローゼットに。
アクセスしやすい収納動線が完成しました。
また、間取りは和室をなくし、ご夫婦それぞれのプライベートを確保した2LDKに変身!
おふたりがお気に入りの家具を設えたリビングダイニングは、ゆったりとくつろげる空間になりました♡

玄関からまっすぐ続く廊下とは別に、キッチンと水回りスペースをつなげる家事動線ができました。
あちこちへ移動しなくて良いので、家事がスマートにできますよね。
家事は毎日のことだから、このちょっとした工夫で抜群に暮らしやすくなります♪

和室部分をなくすことで、広々として、気持ち良く過ごせるリビングダイニングに。
ご夫婦がお気に入りのダイニング家具に、とてもよく合うインテリアですよね♡
リビングダイニングの奥には、ご主人さまのワークスペースとベッドを用意。
デスクがあった場所はひどいカビ被害があり、使うことができなかった場所。。
全面リノベーションでしっかりと断熱対策をしたおかげで、空間を有意義に使うことができますね。

キッチンもこの通り☆
以前とは異なり、部屋の隅々まで光が届き、明るい空間に。
ごちゃつきがちなキッチンも、背面の収納ですっきりとして見えますね♪

カビだらけだった浴室も、この通り白く輝いてます!
これから寒くなる季節、浴槽に浸かってゆっくりと温まりたいですよね。
断熱対策を行ったこちらの浴室なら、安心してお風呂でリラックスできます♡

ご夫婦のご要望通り、それぞれのスペースができました!
こちらは、奥さまのワークスペース兼寝室。
もちろん、こちらの部屋も断熱対策がしっかりされているので、もう結露やカビの心配はいりません。
対策をすることで外気の影響を極力抑えることができ、冬は暖かく夏は涼しい室温環境を適えることができるんです!

すでに独立をされたお子さまのお部屋は、ご要望通り、機能的でアクセスのしやすいウォークスルークローゼットへ。
収納ルームとは思えないぐらい、おしゃれですよね☆
たっぷりと収納ができるため、他の生活スペースに物を置かなくてすみ、すっきりさせることができます。

補助金を使って、マルリノで全面リノベーションをして大正解!とご夫婦はおっしゃっています。
独立されたお子さまも、帰省されたときに「空気がきれいだね、今までと全然違う」とお話されたとか♪
ご夫婦にとっても、すごくうれしい一言ですよね。

確かに、家を一度スケルトンにして全面リノベーションをするのは、お金もかかるし、一大決心です。
でも、これまでの不便さや問題点を我慢する暮らしから解放され、ご夫婦おふたりで、これから楽しく、長く住むことができる家へ生まれ変わらせることができました!
間取りも見直せたため、住まい全体にゆとりと開放感が感じられ、とても暮らしやすいそうです。
家は、家族が集い、生活の基盤となる場所。
おトクな補助金をうまく使って、住みやすい家にするのは、とってもかしこいお金の使い方だと思いませんか?

DATA
[家族構成] ご夫婦
[建築数] 29年
[間取り/床面積] 3LDK→2LDK/65m²
[リフォーム費用] 1,000万円


マルリノでは、11月27日(日)に東京都内で、補助金を活用したマンションリノベーションの完成見学会を開催します!
補助金の活用ノウハウや断熱効果の体感など、実際の完成した物件をじっくり見学できる、貴重なチャンス☆
ぜひ、参加してみてはいかがでしょうか?

補助金や優遇制度でおトクに家の性能をアップ♡マルリノでかしこくリノベーション!

中古マンションを購入して、自分たちが暮らしやすい家にしたい♡
家の設備が古くなってきたから、リフォームしたいなぁ。。
そのようにお考えの方におすすめなのが、こちらのおトクな制度。
条件をクリアして、マルリノでかしこくリノベーションしましょう!


*・*・*・*・*・*・*・*・*・*
ご希望に応じて、受けられる制度が異なるので、少しだけご紹介します♪

1. フラット35 リノベ 【性能向上リフォーム推進モデル事業】
住宅金融支援機構の【フラット35】を利用して、性能向上リフォームを実施した中古住宅を購入する場合に、借入金利を一定期間引き下げる制度です。
※平成28年10月1日~平成29年3月31日 お申し込み分までが対象です。

2. 住宅ストック循環支援事業 補助金
省エネ性を高める「エコリフォーム」や、「インスペクション(建物状況調査)」を実施する若者に対して、国がその費用の一部を補助する制度です。
マンションリノベーションの場合、下記の2つがその対象となります。
・エコリフォームに対する支援
・若者(40歳未満)の既存住宅の購入に対する支援
※平成29年1月18日より申請開始、平成29年6月30日お申し込み分までが対象です。
※本事業は2016/11/1現在の内容であり、今後内容が変更になることがあります。

3. 長期優良住宅化リフォーム推進事業
質の高い住宅ストックの形成および子育てしやすい環境の整備をはかるために、性能向上を図るリフォームに対する補助制度です。
※平成28年12月16日までの交付申請分が対象です。

4. 省エネリノベーションによる所得税控除
断熱やバリアフリー化など、要件に応じた性能向上リノベーションを実施することで、所得税の控除が受けられる制度です。
※平成31年6月30日までのお申し込み分が対象です。

5. マルリノオリジナル リノベーションローン
マルリノ独自のリノベーションにぴったりのローン。
30代向け、50代向けなどライフステージに合わせた優遇金利をご用意しています。
※平成28年12月27日までのお申し込み分が対象です。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

どうでしょう?ちょっと難しいですよね。。。
でも、とってもおトクで、使わなきゃもったいない制度ばかり!
こちらのページで詳しく説明しているので、どうぞご覧ください↓

マルリノなら、断熱やバリアフリーなど住環境を快適にするマンションリノベーションで、住まいはもちろん、これまでの暮らしを一新!
今もこれからも快適に暮らせる、とっておきの住まいが手に入りますよ♡

性能向上リノベーションに関するおトクな制度のことや、これまでの事例の紹介など、知りたいことがあったらこちらからお気軽に資料請求をしてくださいね。

  • 11845
  • 52
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

こんにちは!LIMIA編集部公式アカウントです。こちらでは、住まいやライフスタイルなど暮らしに関する情報を中心に、オリジナルコンテンツを配信していきます。流行り…

おすすめのアイデア

話題のキーワード