ビルリフォームの費用や相場はどれくらい?

古くなってしまい、使われる機会の減ったビル。「空室が目立ってきたものの、解体するわけにもいかず…」とお悩みであれば、思い切ってリフォームすることで再生できるかもしれません。ビルのリフォームというと高額な費用がかかりそうですが、実際の所はどうなのでしょうか。今回は、ビルをリフォームする費用についてご説明します。

  • 5054
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ビルの原状回復リフォームにかかる費用

ビルをリフォームする方法の1つが、これまでと同じ用途で使うため、老朽化や傷みの進んだ箇所を補修する「原状回復」とよばれる改修です。

間取りの変更や大幅な設備の入れ替えなどは伴わないため、かかる費用にもあまり個体差が生じない傾向があります。

・小規模ビルの外壁や屋上の塗り直し・防水メンテナンス…約150~400万円
・内装の原状回復リフォーム…坪単価約2~5万円(例:面積90坪の場合で約180~450万円)

上記の相場で考えると、延べ床面積90坪の小型ビルの内外装を原状回復するリフォームを行う場合の費用の目安は、約330~850万円と計算できます。ただし、耐震補強や構造部分の補修などが加わる場合にはさらに費用がかかります。

ビルの用途を変えるリフォーム(リノベーション・コンバージョン)の費用

商業用に使われていたビルを、住宅に用途変更してリフォームするケースが増えています。オフィスビルなどは好立地にあることが多く、同じ立地で住宅用の物件を探すと見つからない場合も。安価な古いビルをリフォームして住居にすればかえって低予算で済むことも少なくありません。マンションのように細かな管理規約もないため、リフォームの自由度が高い点もポイントです。

小さなビルを1軒まるごと住宅にリフォームする場合の費用の目安は、内容や改修の程度によって差はありますが、以下のような相場となっています。

・水回りの増設…約200~350万円
・間取り変更を含めた居室の整備…約600~1,200万円
・外壁塗装や防水加工…約150~400万円

事例などを参考にしても、小型ビルを住宅へリフォームする場合の総費用は1,000~2,000万円ほどが目安となります。一見高額に思えますが、ビルと同条件の立地でマンションや一戸建てを購入することを考えれば安く済むケースも多くあるでしょう。

ビルリフォームの事例とかかった費用

次に、ビルを住居にリフォームした事例とかかった費用をご紹介します。

事例 3階建てビルを住宅に!店舗時代の装飾を生かしレトロモダンに…約1,200万円

もとは店舗として使われていた3階建てのビルをまるごと住居にリフォームした例です。1階は元々店舗スペースとその厨房でしたが、厨房部分をビルトインガレージにして、残りのフロアには浴室と洗面所を新設。まだスペースが余ったので、納戸を設けて収納に充てました。2階はワンフロアが店舗スペースでしたが、2部屋に区切られていた間取りを思い切って大きなLDKに変更。広々した対面式キッチンのある、日当たりの良いリビングができました。

外観面では、既存の店舗時代から装飾として設けられていた梁や外壁の化粧胴縁などがとても気に入っており、残すこと前提でリフォームしています。使えるものはきれいにして再利用するなど、外観は大きく変えないよう配慮して工事を行っています。費用を抑えられたうえに雰囲気の良い仕上がりが実現でき、大満足のリフォームになりました。

おわりに

ビルのリフォームは住宅とは異なる工事内容になることが多く、設備などにも住宅向けのものが使えない場合があります。ビルリフォームに対応できるリフォーム会社を探し、じっくり相談しながらプランを立てていきましょう。

リフォーム会社を選ぶなら、一括見積サイトの利用がおすすめ。1社の見積で工事を決めてしまうより、多くの見積をとって比較検討の上、お悩みに合った優良リフォーム会社を見つけるのが成功の近道です。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 5054
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード