簡単にプライベート空間を叶える!部屋を仕切るリフォームの基礎知識

子どもたちが成長して個々に部屋が必要になったり、親の同居などで家族が増えたり、家族の形が変化していくなかで、部屋数が足りない…と感じることはありませんか?部屋を増やすリフォームも手段のひとつですが、簡単にプライベート空間を作れる方法として、部屋の仕切りがあります。

  • 7404
  • 24
  • 0
  • いいね
  • クリップ

仕切るリフォームのメリットとは?

壁を取り壊して部屋数を増やすリフォームに対して、部屋を仕切るリフォームにはどんなメリットがあるのでしょうか。

1.手軽にプライベート空間を確保

住まいのなかでも、自分ひとりのプライベート空間を確保するのは、なかなか難しいものです。しかし、仕切りリフォームでは簡単にプライベート空間を手にいれられます。子どもたちは、大きく成長していくにつれプライベートな部屋が欲しいと思うもの。そのような、家族の要望も叶えることができます。

2.簡単で工期が短い

2つ目のメリットは、工期が短いという点です。ほとんどの場合、半日~2日ほどで終了するので、手軽にリフォームできます。短い工期なのに部屋のイメージを変えることもでき、満足度が高いリフォームのひとつです。

3.将来への汎用性が高い

仕切るリフォームには様々なタイプがあります。将来、仕切りが不要になった場合は取り除くこともできるので、リフォーム後も安心。また、必要に応じて移動できるタイプもあり、利便性も高いリフォームです。

オシャレな空間も演出!仕切るリフォームの種類をチェック

次に、仕切りの種類を見ていきましょう。どのタイプも仕切りとしての役目をしっかり果たしてくれますが、特徴が異なっていますので、目的に合わせたタイプを選びましょう。

1.ユニットシェルフ

完全に仕切ってしまいたくない場合は、収納付きのユニットシェルフがおすすめです。ユニットシェルフとは、サイズの違う様々なパーツを組み合わせてお好みの棚をつくる収納家具のことです。仕切りたい場所にユニットシェルフを置くことで、開放的でありながらもしっかり空間を仕切ることができます。

2.アコーディオンカーテン

部屋のスペースを狭くせずに仕切りたい場合は、アコーディオンカーテンが一押し。また、閉めていても開けていても威圧感がなく、空間をスマートに仕切ってくれます。仕切りたい部分にカーテンレールを取り付けるだけで、すぐにプライベートな空間を作ることが可能です。簡単ながらも音や光も程よく遮断してくれますし、開け放つことで元の大きな空間に戻すこともできる万能仕切りと言えるでしょう。

3.パネルドア

完全に仕切ってしまいたいなら、パネルドアタイプをおすすめします。パネルドアとは天井と床にレールがあり、パタパタと折りたためるドア式のものです。開閉が自由にでき、端に寄せることでスペースもほとんどとりません。すべてを仕切っている時は、音や光も遮断してくれるので、子ども部屋などプライベート空間をしっかり確保したい場合に最適でしょう。
また、パネルドアはデザインが豊富なので、お気に入りのものを見つけやすいという嬉しい一面もあります。

防音は大丈夫?仕切りリフォームの注意点!

様々な仕切りがありますが、すべてのタイプが完全に部屋を仕切ってくれるものではありません。視界は遮ってくれますが、音や光を遮断できないこともあります。想像以上に、音が漏れてしまって仕切りの効果がないというケースも。そんな時は、防振ゴムシートや石膏ボードなど、防音効果の高い防音材を上手に活用していきましょう。

おわりに

仕切りリフォームと一口に言っても様々なタイプがあり特徴も違います。現在の部屋にどれくらいの仕切りが最適か、数年後はどう変化するかを考えてリフォームを検討しましょう。ぜひ、リフォーム会社に相談をして、仕切りリフォームの手軽さと便利さを実感してください。

もっと具体的なリフォーム・リノベーション費用について知りたい方は、厳選された複数リフォーム業者での価格見積もりを無料で徹底比較できる、リフォーム料金一括見積もりサービスをお気軽にご利用ください。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 7404
  • 24
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード