絵本でも有名なデザインの神、ブルーノ・ムナーリ。隠れた名作が復刻

デザイナーであり、絵本作家であり、芸術家でもあったブルーノ・ムナーリ。イタリアのモダンデザインに大きな影響を与えたムナーリのキャンドルホルダーが復刻発売されました。2015年のミラノ・サローネで密かに注目を集めた美しい名作です。実物を目にしたら、きっと手に入れたくなるはず!

  • 3096
  • 17
  • 0
  • いいね
  • クリップ

はっとするほど美しいキャンドルスタンドが復刻

イタリア生まれのデザイナーであり、アーティストでもあるブルーノ・ムナーリのキャンドルスタンドがダネーゼから復刻。2015年のミラノ・サローネで話題を集めたアイテムが日本でも発売が始まった。

キャンドルスタンド「ストロンボリ」は、余分な装飾を取り除いたミニマムなデザイン。光を通しつつ光源であるキャンドルの位置を上げるガラスの筒、その上端からキャンドルを吊り下げるための金属パーツ、溶けたロウを受け止める金属カップ、光を通すススよけのガラスで構成されている。

「設計エンジニアが橋をつくるように、各々の物、各々の機能に適切なマテリアルを与える」
というムナーリのデザインに対するアプローチを表現しているとも言える。

ブルーノ・ムナーリとは何者か?

ブルーノ・ムナーリの名前を、絵本を通して知った人も多いかもしれない。ムナーリは、第2次世界大戦直後に、当時5才だった、息子のための絵本を作り始め、「太陽をかこう」「木をかこう」「1945シリーズ」など、長く愛される作品を送り出した。

1907年、ミラノ生まれのブルーノ・ムナーリは、グラフィックデザイナー、プロダクトデザイナー、絵本作家、アーティストなど、さまざまな顔をもつ。多岐に渡る活動でイタリアのデザイン界を牽引、デザインの神様とも呼ばれるほど。

1998年に亡くなりましたが、日本でも著書のほとんどが邦訳され、回顧展が何度も開催されるなど、約70年にわたる制作活動が生前にも増して評価されている。

長く使い続けられる良品を生み出した、ダネーゼ

キャンドルホルダーを復刻した「ダネーゼ」は、日用品を主に扱う小さなショップとして1957年にミラノで設立された。経営者のダネーゼ夫妻のモットーは「長く使い続けられる良品を」。ブルーノ・ムナーリやエンツォ・マーリら、トップデザイナーが手がけたグッズを扱っていた伝説的な存在だ。

キャンドルホルダー「ストロンボリ」も復刻が待ち望まれた名作のひとつ。パーツすべてに一切のムダがなく、どんな場所に置いても絵になる。インテリアの洋書や洋雑誌の中で、キャビネットの上にこのキャンドルホルダーがさりげなく置かれているシーンをよく目にする。どれだけの時間が流れても廃れることのないデザイン、それがこのキャンドルホルダーに宿っている。

【商品詳細】
キャンドルスタンド「ストロンボリ」
φ70×H330㎜
¥64,800

素材/ガラス、アルミニウム 生産国/イタリア

◆お問い合わせ/クワノトレーディング
電話/03-5825-3053


LIMIAからのお知らせ

驚きの価格!最大70%OFF!
国内格安航空券ならスカイチケット!

  • 3096
  • 17
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード