住宅の不満を解消できる!? 2階だけリフォームをしよう

住宅に不満を覚えるようになると頭に浮かぶリフォームという選択肢。しかし、予算や時間が限られている中では、箇所を絞ってリフォームを行うことが大切です。なかでも2階は、空間を無駄にしてしまっていることが多く、リフォーム次第では住宅の不満を大きく軽減させる可能性が高い箇所です。

  • 22061
  • 4
  • 0
  • いいね
  • クリップ

2階だけリフォームはこんな時におすすめ!

目的によって、リフォームの方法はさまざまです。なかでも、以下のようなご希望のある人は、2階だけのリフォームがぴったりです。

1.現在の住宅が狭いと感じ始めた

十分の広さだったはずの住宅も、家族構成やライフスタイルの変化によって狭いと感じられるようになることがあります。そんなときは、2階の増築リフォームがおすすめです。広すぎるベランダや屋根の平屋部分など無駄になってしまっている空間を有効に活用できます。

2.2世帯住宅にしたい

両親との、あるいは息子や娘家族との同居において、2世帯住宅はお互いのプライベートを尊重できるため、非常に満足度の高い同居スタイルだと言われています。なかでも、1階と2階で世帯を分ける2世帯住宅は、人気の高いスタイルの1つです。

具体的に何ができる?2階だけリフォーム

2階だけリフォームでは具体的にどのようなことができるのでしょうか?いくつかピックアップしてご紹介します。

1.部屋の増築

同居する両親のために、あるいは大きくなった子どものために、部屋を与えてやりたいが、余っている部屋がない。そんな時におすすめなのが、部屋の増築リフォームです。平屋部分や使っていないベランダ、階段上のスペースなどがあれば、これらを有効に使って、新しい部屋を増築できます。

2.ベランダやバルコニーのリフォーム

洗濯物を干したり、ガーデニングを楽しんだりと、さまざまな用途に使用できるベランダやバルコニー。平屋部分があるのなら、そこを利用して広いベランダやバルコニーを増築できます。ない場合でも、窓の下にスペースが確保できれば簡易ベランダやバルコニーを設置できます。

3.水回りの新設

家族が増えると、既存の水回りだけでは足りなくなることがあります。とくに顕著なのが、トイレでしょう。朝の忙しい時間に大渋滞に陥ってしまうと、目も当てられません。2階にトイレを増設すると、渋滞は大きく緩和されます。また、キッチンや洗面所を2階に設置すれば、より幅の広い生活を楽しむことができます。

2階だけリフォームをする時はここに注意しよう!

2階のリフォームは、現在の住宅の不満を解決できる人気のリフォーム方法ですが、いくつか事前に知っておきたいことがあります。以下で詳しくみていきましょう。

1.費用は高めになる

2階のリフォーム費用は、1階に比べてやや高めになる傾向があります。これは、1階部分の補強も同時に行わなければならないことが多いためです。足が出てしまわないよう、あらかじめ余裕の持った資金計画を立てるようにしましょう。

2.水回りの増設のときは間取りに注意

2階に水回り設備を増設する時は、1階から水道を引かなければなりません。そのため、間取りによっては水道管が回り道をしなければならず、余計にコストがかかってしまうことがあります。コスト削減のためには、できるだけ1階の水回りの近くに増設するようにしましょう。また、2階に浴槽をつくる時は、別途注意が必要です。大量の水を使う浴槽は重量負荷が大きいため、階下に大規模な補強工事が求められる可能性が高いです。

3.耐震対策が必要になることも

とくに2階を増築する際は、耐震対策に注意しましょう。増築した分、建物全体の重量が上がるので、既存の耐震性能に変調をもたらす可能性が高いためです。場合によっては新たな耐力壁を設置したり、屋根材を軽くしたりなどの耐震対策を施す必要がでてきます。

成功事例から学ぶ!2階だけリフォームした事例

2階だけリフォームを行い、希望通りの生活を手に入れた成功事例をご紹介しましょう。事例を参考に、リフォームイメージを膨らませてみてください。

1.同居する母のために、2階にプライベートルームを増築

急きょ同居することになった母のために、2階にプライベートルームを増築した事例です。2階部分はほとんど余った部分が無かったため、図面だけではなく天井裏に潜って構造面からもアプローチを行い、階段部の吹き抜けを利用することでかろうじて1部屋分のスペースを確保。また増築接続部が目立たないよう、既存部分とともに塗装を行い、外から見ても違和感なく仕上げています。

2.娘夫婦との同居のために、2階をリフォームして2世帯住宅に

娘夫婦との同居にために、2階に大規模なリフォームを行い、2世帯住宅化した事例です。もともと2階は3つの部屋のみでした。平屋部分に浴室と洗面所を増築し、浴槽にはユニットバスを採用。これまでホールだったスペースをキッチンとし、3つの部屋のうち1部屋と繋げ広々としたLDKにリフォームしています。トイレも新たに設置し、夫婦が生活するに十分な間取りに仕上がっています。

おわりに

2階のリフォームは、1階のそれに比べて費用がかさむ傾向にあります。だからこそ、失敗はしたくありません。まずはリフォーム会社に見積もりを依頼し、リフォーム計画を精査していくことが成功の秘訣です。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 22061
  • 4
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード