予算900万円では、どんなリフォームができる?

住宅に900万円をかけると考えた場合、ローコストの新築住宅をまずイメージする方も多いでしょう。実際、平屋などであれば新築住宅本体の価格としては十分想定できる予算になります。この金額をリフォームにかけるとなると、いったい何を優先すればよいのか悩んでしまう人の方が多いかもしれません。

  • 6788
  • 6
  • 0
  • いいね
  • クリップ

900万円でできるリフォーム

予算900万円でのリフォームでは、どんなことが可能なのでしょう。実際に行われているリフォームで多いケースや、満足度の高い事例などを参考に、おすすめのリフォーム方法を以下にご紹介します。

1.一軒まるごとリフォーム

一軒まるごとリフォームは、ほぼ建て替えに近いリフォーム方法となります。建て替えと異なるのは、基礎の部分と柱だけ既存のものを再利用する点です。基礎までを全て解体して造り替えれば建て替え=新築扱いとなりますが、基礎や柱を残せば屋根や外壁などを全く別物に替えたとしてもリフォームとみなされます。

リフォーム会社に一軒まるごとリフォームの見積を依頼した場合、だいたい900万円からの費用を提示されるケースが多くなります。同じ敷地に住み続けながら、これまでとは全く異なる新しい住宅で生活したいなら、かかる費用は最小限で900万円ほどからと考えてよいでしょう。

2.自宅の内外装と庭・駐車スペースのリフォーム

内外装のフルリフォームのみであれば予算600万円ほどでできる場合もありますが、これらと庭や門・駐車場などの外構リフォームを同時に行う場合には900万円ほどの費用をみておいた方がよいでしょう。

ガレージや門の設置などに費用がかかるケースは想定しやすいのですが、庭の樹木や花壇などの植栽を撤去して植え替える作業も構造物の設置並みに費用がかかります。特に、古民家などで古井戸が放置されている場合、解体と埋め戻しで50~100万円ほどかかることがありますから注意が必要です。

3.二世帯住宅へのリフォーム

二世帯住宅へのリフォームはこれ以下の予算でも実現が可能ですが、予算900万円なら一歩踏み込んだ内容での改修ができる価格帯になります。たとえば、アパートや長屋物件を別途購入して二世帯住宅に造り替えるリフォームや、一戸建て住宅の一軒まるごとリフォームによる二世帯住宅化などが視野に入ってくるでしょう。

4.古民家の再生リフォーム

近年ブームになっている古民家の再生リフォームも、予算900万円になれば現実的に考えられます。あまり大きくない家で、屋根瓦や柱・梁などの建築資材もある程度洗浄して再利用できるなら、この価格帯で十分に再生リフォームができる場合があります。

また、京町屋や狭小間口など床面積の少ない古民家であれば、900万円の予算でかなり贅沢なリフォームができる可能性もあるでしょう。

900万円でのリフォーム事例

次に、予算900万円でのリフォーム事例をみていきましょう。

事例1 元アパート物件を二世帯住宅に!

元アパートだった物件を購入し、一戸建て住宅として使えるようある程度リフォームのうえ親子二世帯が1階と2階でそれぞれ暮らしていたご家族。息子さん夫婦のお子さんが成長し、本格的な二世帯住宅になるようさらに大規模なリフォームを行うことにしました。

まずは古くなった内外装を改修。息子さん夫婦のお子さん2人に子供部屋を設け、素材やインテリアにこだわったカフェ風のリビングを実現しました。子供さんが大きくなり毎朝混雑するようになった洗面所やトイレなどは、動線と設備の配置を換えて狭さを解消。二世帯のご家族が集まるメインのリビングには回遊できる動線を設け、ぶつかり合わない配慮をしています。

浴室は二世帯が一緒に使うため、大きく広くしただけでなく汚れにくい素材を選定してお掃除を楽に。元アパートゆえの動線の使いにくさや水回りの配置の不自然さなどを思い切って解消しつつ、キッチンのモザイク張りの床に代表される、ほっこりと可愛らしいインテリアも積極的に取り入れています。不満の解消と、暮らす楽しさアップを両立させたリフォームを二世帯住宅で実現した好例です。

事例2 元店舗の空きスペースを居室に変え、ゆったり暮らせる終の棲家に

家業の店舗経営を息子さんに譲り、今は悠々と暮らすご夫婦の唯一のお悩みは、旧店舗兼住宅であるご自宅の住居部分が狭いことでした。そこで、旧店舗部分の改装を兼ねたフルリフォームをすることに。差し迫った悩みを解消しつつ、この先のんびり暮らすための快適性に配慮したリフォームを行いました。

まずは店舗部分の間口を外壁に替え、旧店舗のスペースには浴室や洗面所などの水回りを移設。もともと浴室などがあった場所には、くつろぎ用の和室を1室増やしました。また、和室だった既存のリビングは洋室に変え、障子で仕切られた部分を間仕切り壁とドアに替えるなどして断熱性を向上しています。

玄関も間口を広げ、内側も広くしてゆったり出入りできるように。これまでは仕事が主役で住まいは二の次だったご夫婦の暮らしでしたが、これからは存分にくつろげる家でお料理やお風呂など日々の生活をのんびり楽しめるでしょう。

おわりに

900万円の予算では、新築のように内外装を一新できるリフォームも可能になってきます。これくらいの費用をかけられれば悩みの解消にかけては事欠かないといえますから、まずは既存の家での困りごと対策を優先し、そのうえで付加価値を高めるリフォームを考えると後悔がありません。

予算が決まっているリフォームの場合、希望を最大限かなえるためにはリフォーム会社の選定も大事です。信頼のおけるリフォーム会社を探すには一括見積サイトを利用し、多くのリフォーム会社から見積をとって比較検討しながら選ぶ方法がおすすめでしょう。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 6788
  • 6
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード