築40年の住宅をリフォーム!費用や相場はどれくらい?

築40年を超えるような住宅に長く快適に暮らし続けたいと思うのなら、リフォームは常に頭の片隅に入れておく必要があります。住宅に思い入れがあるのなら、なおさらでしょう。しかし、そこで問題になってくるのが、リフォームの費用です。一般的に、リフォームにかかる費用は新築や建て替えに比べて安い傾向にあると言われていますが、具体的にはどのくらいかかるのでしょうか?疑問に思う人のために、築40年を超える住宅リフォームにかかる具体的な費用や相場についてご紹介します。

  • 24251
  • 7
  • 0
  • いいね
  • クリップ

築40年住宅をリフォーム!費用や相場をチェック

住宅にはさまざまな形態がありますが、共通して行っておきたいリフォームがいくつかあります。ここでは、その費用や相場をご紹介します。

1.耐震リフォームにかかる費用や相場

築40年を超える住宅の場合、現行の耐震基準を満たしていない可能性が高いため、リフォームの際には必ず耐震性を見直すようにしましょう。ご自宅の耐震性を測る耐震診断は、鉄筋コンクリート造の住宅で1平方メートルにつき1,000〜2,500円。木造住宅の場合は、延床面積約120平方メートルの住宅で20〜 50万円が相場とされています。

耐震診断によって、住宅の地震に対する脆弱性が見つかったら、耐震リフォームを行う必要があります。以下は、具体的な耐震リフォームの費用ですが、一般的には総額150万円前後の費用をかけるご家庭が多いようです。

壁に筋交いを設置するリフォーム…1間あたり20〜30万円
外壁に補強材を取り付けるリフォーム…約50万円
屋根材の重量を低下させるリフォーム…約150万円

2.断熱リフォームにかかる費用

屋内の暑さや寒さを解決する断熱リフォーム。種類は多くありますが、なかでも費用対効果が高いと言われているのが、窓のリフォームです。サッシはそのままに窓ガラスを断熱ガラスに交換するリフォームが約8万円、内窓を設置し2重窓にするリフォームで8〜10万円が相場とされています。

そのほか、壁の内部に断熱材を施工するリフォームも効果が高いとされています。住宅の内壁に断熱材を施工するリフォームの相場が、1平方メートルあたり1〜 1.5万円。外壁の断熱効果を高めるリフォームは外壁の塗り直しが必要になるので1平方メートルあたり30万円前後とされています。

3.シロアリ対策にかかる費用

とくに木造住宅の場合は、シロアリ対策をしっかり行いましょう。発生したシロアリの駆除には坪あたり8,000円前後、予防工事で坪あたり7,000円前後の費用がかかります。また、シロアリに食害された部分のリフォームには、規模にもよりますが3万円を超える費用を見積もる必要があります。

利便性が向上する?おすすめリフォーム箇所の費用や相場

リフォームの目的は、耐用年数を上げるだけではなく、利便性を向上させるためでもあります。ここでは、築40年を超える住宅で利便性を向上させるリフォームの費用や相場をご紹介します。

1.和室から洋室にリフォーム

手入れの大変な和室を洋室に変更するリフォームは、高い頻度で行われるリフォームのひとつです。費用は、畳からフローリングへの張り替えが6畳換算で約15万円、押入れをクローゼットに作り替えるのに20万円前後です。天井や壁などにも手を加え利便性をも追求すると、総額で100万円前後になります。

2.水回りのリフォーム

和式のトイレや、狭い浴室に不満を感じている人も多く、築40年を超える住宅のリフォームでは水回りもよく一新されます。和式のトイレを洋式に変えるには、便器や床、壁なども合わせて25〜 40万円、ユニットバスへの交換で100〜 150万円がかかります。

事例で学ぶ!築40年住宅リフォームの費用や相場

個別で費用を紹介してきましたが、一般的にリフォームはそれぞれ組み合わせて行われます。もちろん案件によって費用は変わってきますが、参考に築40年を超える住宅をリフォームした事例と費用をご紹介しましょう。

1.築45年。住居の利便性を追求したリフォーム

広いLDKをご希望だったので、住居の一部を増築しスペースを確保。同時に床や壁に断熱材を施工しています。キッチンはL字型のシステムキッチンに交換し、風呂場や洗面所、トイレなどの水回りは全て一新。そのほか家屋全体の耐震補強、階段から2階に至るまでほぼ全てをリフォームしています。このフルリフォームにかかった期間は3カ月、工費は総額で約930万円でした。

2.築40年。退職を機に家全体をリフォーム

これまで幾度もリフォームを繰り返し、使い辛くなった間取りを一新したリフォームです。手を加えたのはほぼ家の全域に渡り、間仕切り壁を撤去して広々としたLDKの構築、2階の和室を全て洋室に変更、水回りの設備の交換などを行いました。また高齢となった家族のためにバリアフリー設備も導入しています。リフォームには2カ月半の工期を要し、総費用は1,130万円でした。

おわりに

築40年を超える古い住宅のリフォームなので、事例の多くが住宅全体をリフォームしています。費用は高くても2,000万円弱、なかには500万円で住宅のフルリフォームを行った事例もあり、建て替えや新築に比べるとやはり費用は抑えられています。

もちろん案件によって費用は上下するので、詳しく知りたい人はリフォーム会社に見積もりを出してもらうとよいでしょう。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 24251
  • 7
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード