entrie fan! ♯13 パリで学ぶマカロンのつくりかた【ヨーロッパ・食編】

Web magazineやイベント、バスツアーと
さまざまな挑戦をし、ファンを増やしているエントリエ。

どんな人がファンになるの?
エントリエの魅力ってなに?

このコーナーではファン自身が登場し
エントリエのこと、自分の生活のこと、自由に語ってもらいます!

  • 188
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

entrie fan!! ♯13 パリで学ぶマカロンのつくりかた【ヨーロッパ・食編】

本日、お話しするエントリエファンは…

現在、7週間のヨーロッパ周遊中の編集・ライターの宇治田です。

イタリアとフランスでの結婚式を終え、いよいよ2週間のパリ滞在がはじまりました。2日目にして早速、パリ在住の友人から嬉しいお誘いが……なんとパリの有名デパートで日本語訳付きのマカロン教室が開催されているというのです!

「パリでマカロンづくりができるなんて、おしゃれ!」とふたつ返事で参加を決めた私は、オペラ地区の中心にあるデパート、ギャラリー・ラファイエットにある「アパルトマン・ラファイエット」というレセプションルームへ向かいました。

広々としたレセプションルームの入り口側には、ゆったりできるラウンジスペース。

キッチンカウンターへ行くと、マカロン教室用にテーブルがセッティングされていました。

先生は、パティシエのSu Kheing VIEIRAさん。家庭でもできるマカロンのつくりかたを、一から丁寧に教えてくれます。

なかでも面白かったのが、フランスの製菓用語。例えばメレンゲをつくるとき、「角を立たせる」と日本語ではいいますが、フランスの製菓用語ではこの角のことを「Bec d’oiseau(ベッグドワゾー)」、つまり「鳥のくちばし」というのだということ。

  • 188
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

リノベーション会社

entrie-エントリエ- は、創業27年、6万4,000件の施工実績がある株式会社ホームテックが、これからのライフスタイルにあわせてつくる新しいリノベーション…

おすすめのアイデア

話題のキーワード