洗面所のタオル収納を使いやすく。便利でおしゃれな収納アイデア

フェイスタオル、バスタオル、ハンドタオルと、タオルにはたくさんの種類があります。サイズも違うので、収納に頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか。洗面所のタオル収納を便利にする方法を紹介します。コツをつかめばおしゃれな収納もかないますよ。

  • 19976
  • 51
  • 1
  • いいね
  • クリップ

タオル収納の基本

かさばりやすいタオルは、どうしたら洗面所でスッキリと収納できるのでしょうか? タオル収納の基本を押さえることで、取り出しやすさもグッとアップしますよ。参考にして、早速取り入れてみましょう。

湿気がたまらない収納を

タオルは湿気がたまらない収納を心がけましょう。洗面所はお風呂場に近く、特に入浴前後は湿度が高くなりやすい場所です。

タオルを隙間なく詰め込んでしまうと、タオルの間に湿気がこもり、カビが付いてしまう可能性があります。

しまい込んだまま、あるいは古くなったタオルは処分し、必要な枚数を決めて余裕のある収納をしましょう。通気性を意識して、タオルに隙間を空けて収納することで湿気やカビを予防できますよ。

取り出しやすさを意識して

洗面所のタオル収納は取り出しやすさが大切なポイントです。ぎゅうぎゅうに詰め込んでしまうと、手に取りやすい手前のタオルばかりを使ってしまいやすくなります。

奥や下の方にしまったタオルは出番が少なくなり、全く使っていないという状況にもなりかねません。また、取り出す動作の回数にも気を付けたいものです。

取り出しやすい収納のためには、1回の動作でサッと取り出せる「ワンアクション」が理想的といえるでしょう。「見せる収納」をすると簡単に実現できますよ。

しかし、タオルは色や柄がさまざまなので、「見せる収納」ではごちゃついて見えてしまいます。その場合には、同じ種類でそろえたかごやケースに分別して入れ、「ツーアクション」で取り出せるようにしましょう。

取り出す動作の回数が少ないほど、ストレスを感じにくくなりますよ。

取り出しやすい収納方法とは

収納の仕方を少し工夫するだけで、楽にタオルを取り出せるようになります。収納のコツを知って、取り出しやすく使い勝手のよい収納を手に入れましょう。

ラックや棚を追加して収納力アップ

収納力をアップさせるには、ラックや棚を追加するのが簡単な方法です。収納スペースが少ない場合は、どうしてもタオルの詰め込み収納に頼りやすくなります。

収納力が上がることで、ゆったりとした収納が可能ですよ。洗面所に適当な設置場所がないか1度ゆっくりと見渡してみましょう。

スペースに余裕があれば、ランドリーラックを追加して、タオル専用の収納スペースにすると便利ですね。洗濯機を覆うようなラックを設置すると、余りがちな洗濯機の上のスペースを有効活用できます。

新たな棚を設置するのも一つの方法です。突っ張り棒と板を組み合わせれば、釘を使うことなく簡易の収納棚が増設できます!

かごに立てて収納すると省スペース

崩れない程度の量なら平積みでもOKですが、タオルの枚数が多い場合は、かごに立てて収納しましょう。立てることで、重ねるよりも少ないスペースで収納できますよ。

筒状に丸めて畳むとさらに効果的です。タオルとタオルの間に湿気がこもりにくくなり、順番に使いやすくなります。

「取り出すときは手前から、しまうときは奥の方に」といった具合にルールを決めておくとよいですね。

同じタイプのかごをいくつか用意し、タオルの大きさや種類に分けて収納すると見た目もきれいですよ。ワイヤー状や編み目のあるタイプを使うと湿気も防げます。

100均アイテムでおしゃれ便利に

100均アイテムを活用すると、おしゃれで便利な収納がかないます。アイアンバー2本を壁に取り付けるだけです。

タオルを丸めて間に差し込んでいくと、立派なタオル収納になります。バスタオルでも5枚程度は収まるので、収納力も問題ありません。

シンプルなデザインなので、モノトーンやナチュラル、モダンなど、さまざまな部屋のタイプにも合わせやすいのが魅力です。リーズナブルな価格なのに、おしゃれに見せられるのがうれしいですね。

隙間を利用した収納方法

収納スペースが狭いと悩んでいる人はいませんか? 洗面所にはデッドスペースが意外と多いものです。空いたスペースを無駄なく活用して、十分な収納スペースを確保しましょう。

隙間の幅に合わせてラックをチョイス

おすすめなのが、隙間の幅に合うラックを選ぶことです。洗面台と洗濯機の間にスペースが空いていたら、利用しない手はありません。

細長いタイプのラックがこの隙間を埋めてくれます。スチール、ポリプロピレンなどラックの種類はさまざまです。サイズ展開も豊富なので、隙間に合わせて選びましょう。

タオルをくるくると丸めて収納すれば、思いのほかたくさんの量が入りますよ。中身を見せたくない場合は、ボックスを併用すれば目隠しになります。

壁に当たる部分が網状の物なら、ハンガーやかごを引っかけて別の物を収納可能です。

DIYで隙間に合わせて作っても

好みのラックが見つからない場合は、DIYで手作りしてもステキですよ。お手製なので隙間にもピッタリ収まります。100均で手に入るすのこや突っ張り棒を駆使しましょう。

すのこは隙間のサイズに合わせてカットし、脚部分を内側にして箱状に組み立てます。すのこの脚に必要な分だけ板を載せればラックの出来上がりです。

突っ張り棒でも代用できますよ。隙間に突っ張り棒を取り付け、板を載せると収納棚の完成です。ボックスにタオルを収納したい場合は、突っ張り棒を調整することでピッタリと収まります。

収納がないなら壁を収納スペースに

それでも収納スペースに困る人は、壁を活用しましょう。アイデア次第で「見せる収納」も可能です。賃貸の人でも取り入れやすいアイデアもありますよ。

賃貸でもできるディアウォール

スペースを取りがちなラックや棚の設置は難しいという人は、《ディアウォール》がおすすめです。ジョイントを木材の両端にはめることで、簡単に柱を作れますよ。

壁に穴を開けず床と天井に突っ張らせるので、賃貸の人でも設置できるのがうれしいですね。柱を2本立てて、棚受けと棚板を取り付けましょう。

棚受けの位置は自由に変えられるので、アレンジの幅が広がりますね。アイアンバーなども利用すると、立てて収納してもタオルが転がり落ちる心配がなくなります。柱の幅も隙間に合わせて調整しましょう。

壁掛けのラックを利用する

壁掛けラックを使ってもおしゃれですよ。好きなスペースに取り付けるだけで収納棚に変身します。L字型、ボックス型、メッシュ型とタイプがさまざまです。

一般的なのは1段タイプですが、2段、3段タイプもあるのでスペースやタオルの量によって選びましょう。壁掛けラックはカラーの種類も豊富です。

インテリアや好みのテイストに合わせて、質感やカラーをそろえるとおしゃれ度が一気にアップします。壁掛けラックから天井までスペースがある場合は、かごを置いて隠す収納も可能です。

ディッシュスタンドをタオル収納に

意外と思うかもしれませんが、ディッシュスタンドにタオルを収納するアイデアもあります。縦でも横でも好きな向きで設置できますよ。

お皿を挟むために空いている間隔がタオルを固定するのにピッタリです。1枚ずつ取り出しやすくなり、柔らかくて滑りやすいタオルもしっかりキープされます。

中には間隔を調整できるタイプもあるので、厚みのあるバスタオルもOKです。タオル同士の隙間もしっかりと確保されるので、湿気対策もバッチリですよ。

デザインもシンプルでインテリアの邪魔をせず、スタイリッシュな印象を演出できます。

タオル収納もおしゃれに便利にしてみよう

かさばりやすくサイズも異なるタオルは、収納しづらい物の一つです。しかし、ちょっとした工夫をすればスッキリときれいに収納できますよ。

洗面所はお風呂場に近く、湿気がたまりやすい場所です。湿気とカビ対策を考えた収納をしましょう。収納スペースが足りない場合は、隙間や壁面を活用するのがおすすめですよ。

紹介したアイデアを参考にして、きれいで取り出しやすいタオル収納を目指しませんか?


LIMIAからのお知らせ

エアコンクリーニングが大特価♡
・口コミ4.5点以上の高評価プロが作業!エアコンクリーニングプレミアム✨
・安心の再施工&保証サービス
・エアコンと水回りをまとめて頼むとさらにお得♪

  • 19976
  • 51
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード