二世帯リノベーションにかかる費用をご紹介!相場はどれくらい?

今回は、二世帯リノベーションにかかる費用の目安についてまとめてみました。親御さんとの同居を希望し、中古住宅を購入して二世帯住宅へのリノベーションを考える方は少なくありません。しかし、リノベーションは大がかりな工事となるので、費用が大きく膨らむ傾向にあります。二世帯住宅であれば、それだけ規模やこだわりも大きくなるため、なおさら余裕を持って予算を立てておく必要があるでしょう。相場がどのくらいなのか知ることにより、資金計画をより立てやすくなるので、ぜひご覧ください!

  • 3203
  • 8
  • 0
  • いいね
  • クリップ

二世帯リノベーションの主要価格帯は?

一般的なケースでは、二世帯リノベーションにかかる費用の主要価格帯は「1,000万円前後」です。やはり、一般的な中古住宅を二世帯用の住宅に変えるためには、構造を大きく変えたり増築したりする必要があります。部分的なリフォームと比べると、まとまった予算が必要になると言えるでしょう。

内容別に見る、二世帯リノベーションの費用相場

それでは具体的に、リノベーション内容別にかかる費用の相場を見ていきましょう。

■【ケースその1】フルリノベーションの場合
フルリノベーションとは、中古住宅を柱や梁のみの状態にし、間取りや水回りの位置などすべてを刷新させるリノベーションのことです。設計・工事ともに時間も労力もかかるので、費用としては1,000万円~1,500万円ほどの相場となっています。

■【ケースその2】水回り工事単体の場合
二世帯住宅にする場合は、元々の水回りの位置を変えたり、増やしたりといったケースが多く見られます。水回りのリノベーションは、配管工事を伴う比較的大がかりなものになると考えておきましょう。

例えば、古いキッチンをシステムキッチンに変え、ダイニングも刷新させる場合には、400万円ほどの費用がかかります。アイランド型キッチンなど特殊なタイプにこだわる場合は、さらに100万円前後の費用が上乗せされることもあります。

■【ケースその3】玄関工事単体の場合
多くの二世帯住宅では、親世帯と子世帯の玄関を別に構える、プライバシー確保のため階段部分にドアを取り付ける、といった工事が行われています。そういった内容の工事は、100万円ほどの費用で行うことができます。

また、最近人気が高まっているのが、玄関をバリアフリーにする工事です。車いすでも出入りしやすいように間口を大きく広げて段差を解消したり、玄関ドアを開き戸から引き戸へと交換したりといった工事になります。これらの工事は、150万円前後の費用相場となっています。

■【ケースその4】トイレの増設工事単体の場合
二世帯リノベーションでよく見られるケースが、トイレの増設です。親世帯と子世帯のトイレを別々に設ける場合は、元々なかったところに給排水設備をつける工事が必要となります。トイレ本体や周辺機器の代金、工事費用を合わせ、60万円弱の費用がかかることを想定しておきましょう。

■【ケースその5】バリアフリー工事単体の場合
先ほどは玄関をバリアフリーにする場合の費用相場をご紹介しましたが、住まいを全面的にバリアフリー住宅へとリノベーションをする場合は、200万円ほどの費用相場となります。階段への手すりや滑り止めの取り付け、車いす用に廊下の幅やドアの間口を広げる、全て引き戸に取り替えるなどが工事内容の内訳となります。

二世帯リノベーションの予算の立て方のポイント

上記で述べたように、一口で二世帯リノベーションと言っても、どこをリノベーションするのかによってかかる費用が大きく変わってきます。ここでは、上手に資金計画を立てるためのポイントについて見ていきましょう。

■【ポイントその1】リノベーションしたい箇所を綿密に話し合う
何はともあれ、リノベーション内容を家族間でしっかりと話し合うことが大切です。まずは家庭におけるライフスタイルを考慮しながら、どのような住まいが必要になるのかを考えてみましょう。必要不可欠な部分はリノベーションの必須項目とし、あとは家族の希望に応じて優先順位をつけていきます。

大切になるのは、5年~10年を見越してリノベーション内容を考えることです。リノベーションは大きな費用が必要であり、そう簡単にできるものではありません。5年先~10年先でも便利で心地よく暮らせる住まいを目指して、リノベーション内容の優先順位を決めましょう。

■【ポイントその2】想定外の支出に備え、余裕を持った資金計画を
フルリノベーションの場合は、スケルトンの状態、つまり一旦柱と梁のみに解体してから間取り変更や配管工事を行っていきます。そのため、スケルトンにした時に思わぬ欠陥が見つかると、想定外の工事が追加されることも珍しくありません。

また、工事が進んでいくうちに、「やっぱりここをもっとこだわりたい」といった願望が生まれることもあります。工事の進捗に問題がなければ設計内容を変更したり、工事を追加したりすることもできますが、その分費用がさらに上乗せされることになります。そういったケースに備え、余裕を持った資金計画を行うようにしましょう。

おわりに

二世帯住宅へのリノベーションを行うためには、大きな費用が必要となります。だからこそ、リノベーション内容をしっかり話し合うこと、余裕を持って資金計画を立て、ローンを利用する場合は無理のない返済を目指すことが大切です。

また、二世帯リノベーションの実績が多く、信頼して依頼できるリフォーム会社を見つけることも、リノベーションを成功させる重要なポイントと言えます。まずは一括見積もりサイトを利用し、親身に相談に乗ってくれる会社を探してみてはいかがでしょうか?

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 3203
  • 8
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード