愛しいものたち-手仕事作家さんの部屋- ガラス作家 / FUKUSHI HARUKA GLASSWORKS

ひとの手で、丁寧に、
ひとつずつつくられていくものたち。
工場で大量に製造されたモノにはない、
独特のオーラやぬくもりがあって、
私たちの暮らしに彩りや安らぎを与えてくれます。
エントリエでは、
こだわりをもった手仕事作家さんに注目。
ものづくりや作品への想いをお聴きします。
また、ショールームにて作品を展示しております。

  • 1528
  • 7
  • 0
  • いいね
  • クリップ

愛しいものたち ー手仕事作家さんの部屋ー

《 ガラス作家 / FUKUSHI HARUKA GLASSWORKS 》

愛しい日々の風景をガラスに

白い砂のある海岸、窓からのぞいた空の色、
塗装ムラのある壁、カラータイルの並び・・・

身近な風景の記憶に、
はっとさせられることがよくあります。

これらの風景は、人々の生活のそばにあり、
長い年月を経てより美しく見えたりして、
時にはキッチュで愛おしく感じます。

そんな情景を思い返していてふと、
すりガラスのようにマットで
細かい泡がやわらかく光るガラスの印象と結びついた瞬間がありました。

そのあたりからずっと日常の風景や
その記憶をイメージして、ガラスで作品をつくっています。

  • 1528
  • 7
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード