車好きの自宅にも!ガレージハウスリフォームのポイントや実例を紹介

自宅とガレージが一体となった「ガレージハウス」。防犯面の対策だけでなく、車やバイクなどの趣味を楽しめる空間も作れますよ。今回はガレージハウスへとリフォームする際に気をつけたいポイントや役立つアイデアを実例とともに紹介。ガレージハウスにリフォームするには自宅を大きく改修するため、出費や労力もそれなりにかかります。記事を参考にして、満足のいくリフォームを完成させてくださいね。

  • 20493
  • 38
  • 1
  • いいね
  • クリップ

ガレージハウスのメリットと、リフォーム時のポイント

ガレージハウスを作ることには、単に生活が楽しくなるというだけでなく、実利面でのメリットもあります。まず、屋外に車を停めておくことに比べて盗難や車上荒らし・いたずらなどのリスクが回避できること。それに、潮風や大雨・大雪などの影響を受けやすい立地に住宅がある場合など、外的影響による車・バイクの外装の劣化や機関の老朽化を防げることでしょう。ガレージハウスは、車・バイクを趣味として楽しむだけでなく、末永く愛車を大切にしたい方ならぜひとも実現したいリフォームといえます。

大掛かりな工事となるガレージハウスのリフォームには、計画段階から意識しておきたい注意点もいくつかあります。まずは「サイズの余裕」。車やバイクが収まるスペースだけでなく、メンテナンスなどを行う作業場所や部品・工具などを収める空間も備えておきたいもの。ぎりぎりで設計してしまうと、結局ただ車をしまっておくだけの空間になりがちです。

また、ガレージ内で整備や洗車なども行うなら、フロアー部分や壁の「防水・防汚対策」は重要です。水はけを良くし、油汚れなども落としやすくしておくことで、車もガレージも美しく保つことができ、より一層ガレージスペースを眺めることが楽しくなるでしょう。

同時に、車やバイクは排気ガスを出すものですから、ガレージの「換気対策」も万全にしておきましょう。換気にこだわるなら、吸気用と排気用の換気扇をそれぞれ設け、できるだけ大きなファンで室内の空気を循環させるのも良いアイデアです。

ガレージハウスを作ることには、単に生活が楽しくなるというだけでなく、実利面でのメリットもあります。まず、屋外に車を停めておくことに比べて盗難や車上荒らし・いたずらなどのリスクが回避できること。それに、潮風や大雨・大雪などの影響を受けやすい立地に住宅がある場合など、外的影響による車・バイクの外装の劣化や機関の老朽化を防げることでしょう。ガレージハウスは、車・バイクを趣味として楽しむだけでなく、末永く愛車を大切にしたい方ならぜひとも実現したいリフォームといえます。

大掛かりな工事となるガレージハウスのリフォームには、計画段階から意識しておきたい注意点もいくつかあります。まずは「サイズの余裕」。車やバイクが収まるスペースだけでなく、メンテナンスなどを行う作業場所や部品・工具などを収める空間も備えておきたいもの。ぎりぎりで設計してしまうと、結局ただ車をしまっておくだけの空間になりがちです。

また、ガレージ内で整備や洗車なども行うなら、フロアー部分や壁の「防水・防汚対策」は重要です。水はけを良くし、油汚れなども落としやすくしておくことで、車もガレージも美しく保つことができ、より一層ガレージスペースを眺めることが楽しくなるでしょう。

同時に、車やバイクは排気ガスを出すものですから、ガレージの「換気対策」も万全にしておきましょう。換気にこだわるなら、吸気用と排気用の換気扇をそれぞれ設け、できるだけ大きなファンで室内の空気を循環させるのも良いアイデアです。

ガレージハウスのリフォーム事例

ガレージライフを楽しむ家をリフォームで実現した例を、以下にいくつか紹介しましょう。

【事例1】愛車専用リビングのようなガレージスペースを造り、車を眺めながら暮らせる家に

玄関からもリビングからもガレージを眺められるようにし、いつも愛車を身近に感じられる生活を実現しています。ガレージといえばハードな見た目をイメージしますが、木などの天然素材を活用して採光にも気を配ることで、愛車のくつろぎスペースのような柔らかい雰囲気のガレージを造ることができました。また、バスルームや寝室からもガレージへ直接行けるようにし、車を文字通り家族の一員のように可愛がれる日常をかなえています。

【事例2】二世帯同居を機に、子世帯を増築して中庭のある癒しのガレージハウスに!

二世帯同居が決まり、母屋のカーポートをリフォームして息子さん一家の居住空間を2階に増築。スタイリッシュなガレージハウスとしました。元々植えられていた思い出の庭木をガレージ中央に設けた中庭に残し、居室からもガレージからも中庭を眺められるようにしました。

【事例3】古い店舗用の建物を、1階にガレージのある住居にリフォーム

昭和の時代に建てられた店舗用のビルを住居化するのに伴い、念願のガレージハウスにリフォームしました。ガレージ内に玄関ドアを設け、出入りの時に必ず車と対面できるようにしたほか、書斎スペースや廊下からもガレージを眺められるようにしています。道路に面したシャッターは半透明とし、外に光が漏れるようにしてスタイリッシュさと防犯対策を両立しました。

おわりに

ガレージハウスへのリフォームでは、趣味の空間を造るだけに独創性のある要望も多く、ガレージハウスに強いといわれるリフォーム業者さんが一定数あることも特徴です。「優先的にかなえたい希望がある」という場合は、その要望を具体的にまとめ、親身に応えてくれる業者さんにしっかり相談することも大切です。予算や希望に合った業者さんを見つけてくれる一括見積を活用するなどして、プランを立てるところから始めてみませんか?

もっと具体的なリフォーム・リノベーション費用について知りたい方は、厳選された複数リフォーム業者での価格見積もりを無料で徹底比較できる、リフォーム料金一括見積もりサービスをお気軽にご利用ください。

※賃貸物件の場合、退去の際に原状回復を行う義務があり、修繕費用が必要となる場合があります。必ず賃貸借契約書を確認の上で、家主や管理会社の許可を取ってから作業を行いましょう。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 20493
  • 38
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード