【要チェック】和室から洋室にお部屋をリフォーム|費用や相場を知ろう!

和室を洋室にリフォームしたいと考えている方必見。本記事では気になる和室のリフォームについて、費用や相場の目安を解説します。和室が最近使いずらくなったな、もう畳の掃除はしたくないなど、和室から洋室にリフォームしたいと思っている方は、ぜひ記事を参考にしてみてくださいね♪

  • 15692
  • 13
  • 0
  • いいね
  • クリップ

和室の床を畳から洋風のフローリングにリフォームする場合

8畳の和室を畳からフローリングへ替えるときにかかる費用は、約20~30万円が相場の目安です。材料費、下地処理費、廃材処分費用などすべて含んだ総工費となります。ちなみに、フローリングでなくてもよいという場合、カーペット敷きの床にリフォームすれば費用は少し安くなります。

和室の壁・天井を洋風にリフォームする場合

こちらも8畳の和室を例にして、壁・天井を洋風にリフォームするときの費用は約10~20万円が相場の目安です。これは壁・天井ともにクロス張りとした場合の費用で、漆喰・珪藻土などの塗り壁や板張りの壁などにリフォームする場合の費用は、この相場より高くなります。こちらも、真壁から大壁への造作費用、下地処理費、廃材処分料などをすべて含む価格です。なお、既存の天井が段差のある構造であったり、格子や溝などの装飾があったりする場合は、さらに造作工事の費用がかかることがあります。

押入れをクローゼットにリフォームする場合

一般的な押入れを洋風のクローゼットにリフォームする場合の費用は、約10~25万円が相場の目安です。襖から扉に交換するだけでなく、内部の中段にある棚の撤去、衣装用ハンガーパイプの取り付け、小物用の収納棚などの取り付け工事を要するため、費用は高めになる傾向があります。

和室から、完全に洋室へ改装するリフォームの場合

床を畳からフローリングに替え、壁や天井を洋風のクロス張りにし、押入れをクローゼットに変更して和室の面影が全くなくなるまで完璧に洋風リフォームをした場合、約50~90万円が相場の目安です。一つ一つを単独で工事してもらうよりは、一室まとめてリフォームを行ったほうが費用を低く抑えられる傾向があります。部屋の各箇所を段階的にリフォームするより、思い切って洋室へフルリフォームしたほうがお得になる場合も多くなります。予算や工期の都合が合えば、フルリフォームを検討するのも賢い方法でしょう。

マンションの和室を洋室へリフォームする場合

住環境の見直しや賃貸向けにするなどの理由で、マンションの和室を洋室へリフォームするケースも多くなっています。マンションの6畳和室を洋室へフルリフォームした場合の費用は、約40~100万円が相場の目安です。壁や天井、押入れなどの工事内容は戸建て住宅のリフォームとほぼ変わりませんが、床はマンションの管理規約で定められた「防音基準」を満たしていなければなりません。そのため、マンションの和室を洋室にするリフォーム費用は戸建て住宅より若干高めになる傾向があります。

和室のリフォーム実例と、かかった費用

分譲マンションを賃貸向けにするため、和室を洋室にリフォーム: 約40万円
床の防音基準は満たしたうえで、最小限の予算に見合うリフォームをしました。畳を安価な合板フローリングに替え、押入れは襖を扉に替えて棚を撤去し、ハンガーポールを施工するのみとしました。壁は元々クロス張りだったため、張り替えだけで済んでいます。

介護のために床をフローリングにしてバリアフリー化したリフォーム: 約30万円
ご家族の介護を始めるのを機に、和室の床をフローリングに替えてベッドを置けるようにし、隣の廊下とも床面がバリアフリーでつながるようにしました。床を張り替えて、押入れをなくして部屋の一部としていますが、全面リフォームを行わなかったため安価で済みました。

「和モダン」を実現する床と障子に、断熱をプラスしたリフォーム: 約60万円
持て余していた和室2室をもっと活用するため、「和モダン」な雰囲気を目指して床の張り替えと窓の内障子交換を行いました。床はフローリングにし、内障子はガラスの障子風サッシに替えています。また、床が断熱化されておらず冬とても寒かったため、フローリング施工の際に断熱材を敷き詰めました。妥協なしの選択だったため価格は張りましたが、快適な「和洋室」が実現できて大満足のリフォームとなりました。

おわりに

いかがでしたか?和室の全面リフォームには、50~100万円ほどの費用を想定するとよいことがわかりました。しかし、もし予算に限りがあれば、アイデア次第で工事箇所を絞ってリフォームしても十分快適なお部屋を実現できることがあります。創意工夫に長けた施工業者さんとアイデアを出し合って、納得の予算で和室リフォームをかなえるには、一括見積の利用がおすすめです。1度の申し込みで複数の業者さんから見積を取れますから、比較検討しながらの業者さん選びがぐっと楽になるでしょう。

もっと具体的なリフォーム・リノベーション費用について知りたい方は、厳選された複数リフォーム業者での価格見積もりを無料で徹底比較できる、リフォーム料金一括見積もりサービスをお気軽にご利用ください。

※賃貸物件の場合、退去の際に原状回復を行う義務があり、修繕費用が必要となる場合があります。必ず賃貸借契約書を確認の上で、家主や管理会社の許可を取ってから作業を行いましょう。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 15692
  • 13
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード