窓を新設するリフォームの費用・相場はどれくらい?

今回は、窓を新しく作るリフォームの費用・相場について詳しくご紹介します。外に面した窓の工事は、外壁の補修や構造部分の補強などが付帯する場合もあるため、一般的には室内窓に比べて費用も手間もかかるとされています。この記事を参考にして、納得のいく窓のリフォームをしてみましょう。

  • 59725
  • 4
  • 0
  • いいね
  • クリップ

外部に面した窓を作る費用・相場について

窓の増設リフォームの大半は、外部に面した窓を作るケースになります。採光や通風などの目的で、壁面に新しく窓を作った例と、それにかかった費用をいくつか挙げていきます。

【例1】通風目的の小窓増設費用(2階): 約10万円

風通しをよくすることが目的の、小さな開き窓を2階廊下の壁面に増設した例です。2階の窓工事は、足場を立てることが必要なため、その費用も含まれます。このケースでは、大手メーカーの既製品で、室内側の窓枠が壁紙部分に回り込むタイプの窓を施工したため、壁面の補修は最小限で済んでいます。

【例2】採光目的の天窓増設費用: 約40~50万円

既存の天井部分の解体などを含むため、費用は高めです。ちなみに、瓦屋根の住宅では「ガラス瓦」と呼ばれる特殊なすりガラス製の天窓を使うことが多くなります。ガラス瓦は防水などの面でサッシ窓より安心ですが、費用は少し上がる傾向があります。

窓の増設リフォームは、特殊な事情がない限り1箇所50万円以内でできるといわれています。「足場や、屋根に上る施工手順が必要なときは高めになる」「通風口程度の小さな窓は、既製品を使うことでさらに安くできる」と覚えておくのがよいでしょう。

室内の壁に窓を作るリフォーム費用

「窓を作る=外壁に穴を開ける」と思いがちですが、意外と多いのが「屋内の壁に窓を作りたい」という要望です。室内窓の場合は、足場費用などがかからず、すき間材の施工も簡単なため基本的には外窓よりも安くなります。室内窓の施工事例として、既存の壁にあった扉を撤去して新しい壁面を作り、オーダー窓を取り付ける工事でも費用は約10万円です。通常の壁に穴を開ける工法と、既製品の室内専用窓を組み合わせればさらに安くできます。

おわりに

いかがでしたか?「1階か、2階以上か」「オーダーするか、既製品を使うか」「外窓か、室内窓か」の違いで窓の新設・増設リフォームの費用は大きく変わることがわかりました。できれば、多くの施工業者さんを比較検討して、できるだけ安心なリフォームをリーズナブルに実現したいものです。一括見積を利用すれば、多くの業者さんと連絡を取り合う手間なく比較検討ができますから、上手に活用するのがおススメです。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 59725
  • 4
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード