出窓をリフォームするときの価格・相場はどれくらい?安くておしゃれなお家にしよう

ここでは、出窓をリフォームする費用・相場の目安を紹介していきます。見た目にもおしゃれな出窓は、部屋を広く感じさせるなど多くのメリットがあり、今ではすっかり一般的になりました。新築時に出窓にしたけれど、そろそろ古く感じ始めてリフォームを考える人もいるでしょう。そんな方はぜひ参考にしてください。

  • 16600
  • 4
  • 0
  • いいね
  • クリップ

出窓のリフォームにかかる費用・相場

既存の窓枠はそのまま使い、窓ガラスを新しいものに入れ替える場合の費用の目安は約1.8~2.5万円ですが、この相場は主に1階の場合となります。2階以上の出窓は、ガラス交換にも足場が必要になることがあり、その場合は足場費用が加算されます。

つぎは、出窓のサッシごと交換する場合です。大手メーカー製の4枚建障子で、幅2.6×高さ1.2×奥行き0.3mサイズの出窓サッシ本体に、工事費・廃材処理費を含めると約30万円弱となります。

既存の出窓に内窓を追加して、二重窓にするリフォーム方法もあります。一般的な腰高の引き違い出窓で、約15~20万円となります。この場合は室内側からの工事のみとなるため、足場台はかかりません。また、廃材もほとんど出ないため処理費用もありません。

■出窓リフォームをもっとお得にする方法

出窓は、やはり一般的な窓に比べるとリフォーム費用が高価になる傾向があります。しかし、いくつかの条件を満たしたうえで出窓のリフォームをすると、税金が減免される制度があることをご存知ですか?

「省エネリフォーム促進税制」というこの制度は通称「エコリフォーム減税」などとも呼ばれており、耳にしたことのある方も多いでしょう。ではさっそく、出窓リフォームが減税対象となるための条件をみていきましょう。

・持ち家であること(一戸建て・分譲マンションなど)
・床面積50㎡以上であること
・すべての居室の、すべての窓をリフォームすること
・工事費用が50万円以上であること
・ガラス交換の場合は「複層ガラス」以上であること
・サッシ交換の場合は「複層ガラス」以上であること
・既存サッシに内窓を追加する場合は、ガラスの種類は不問

では、優遇税制の内容はどのようになっているのでしょうか。

・その年の所得税から、対象となる金額の10%が控除される
・上限は25万円とする

所得税からの控除となりますから、自分で申告をしなければ税金は戻ってきません。忘れずに、所得税の確定申告を行いましょう。

おわりに

いかがでしたか?出窓のリフォームは高いというイメージがありますが、サッシ枠を取り替えずに済むカバー工法なども普及したため、以前に比べればかなりリーズナブルになってきています。出窓リフォームの計画が固まったら、あとは安心でお得な施工業者さんを見つけるだけ。一括見積を活用すると、1度の申し込みで多くの業者さんから見積を請求できますから、忙しい方にはおススメの方法です。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

最高価格で不動産売却をするならまず比較!
約1,400社以上の不動産会社から最大6社まで無料で一括見積もり

  • 16600
  • 4
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード