主婦におすすめ!実用的なパソコンスキルが身につく3つの資格

主婦が復職を考える際に人気なのが、一般事務の仕事です。一般事務への転職活動を有利にし、転職後も活躍するためには、業務に役立つパソコンスキルの資格を取得するのがおすすめ。今回は、パソコンスキルを磨くメリットや一般事務に役立つ3つの資格についてご紹介します。

  • 2929
  • 30
  • いいね
  • クリップ

可能性が広がる! パソコンスキルを磨くメリット

主婦の転職先として人気の一般事務では、パソコンを使った作業を行います。そして一般事務以外でも、現在は多くの業種でパソコンを使う機会があります。一般事務で働こうと思っているならもちろん、その後どのような仕事に挑戦するにしてもパソコンスキルは身につけておいて損はないものです。

一般事務ではさまざまな入力業務や文書作成業務があり、日常的にパソコンを使用します。プライベートで使っていればある程度のパソコンスキルはあり、仕事を覚えながらパソコン操作に慣れていくこともできますが、最初から高いパソコンスキルを持っているほうが採用される可能性が高くなります。また、パソコンスキルがあることで任せられる仕事の幅が増えたり、さまざまな仕事に触れることで新しい領域への興味が湧いたりすることもあります。

一般事務の仕事から飛び出すケース、例えば手に職をつけてフリーランスとして活躍する道を選ぶとしたら、メイン業務ではパソコンを使用しないとしてもクライアントとのやり取りやプレゼン資料の作成などでパソコンスキルが役に立ちます。パソコンスキルを磨けば、幅広いシーンで活躍できる土台作りができるのです。

パソコンスキルと一言でいっても、多くの分野にわかれています。自分のためになるスキルを磨くためには、どのような仕事に就きたいのかを考え、そこで必要な資格を取得するのがおすすめです。

パソコンで勉強しよう! おすすめの3つの資格

ここでは、一般事務への転職を目指す主婦の方へ向け、パソコンだけでも勉強ができる3つの資格をご紹介します。

●MOS(Microsoft Office Specialist)
〔マイクロソフト〕が提供している《オフィス》製品の熟練度合いを証明することができる資格です。オフィスワークに欠かせないソフトウェアであるワードやエクセルはもちろん、パワーポイントやアクセス、アウトルックもカバーしており、《オフィス》製品のスキルを高めるためには必須の資格といえます。

ソフトウェアごとに試験が設けられており、それぞれスペシャリストレベルとエキスパートレベルにわかれています。エキスパートレベルのほうが上級ですが出題範囲はほとんど被っていないので、先にエキスパートレベルに挑戦することも可能です。

MOSは無料で公開されている学習支援サイトを活用することで勉強できます。公式サイトで紹介されているサイトのほかにもさまざまなサイトがあるため、基礎的なノウハウはネットワーク環境があれば学ぶことが可能です。動画サイトに公開されている学習ムービーを閲覧するのもおすすめで、実際の操作の動きを見ながら真似して覚えることができます。

●日商PC
〔マイクロソフト〕の《オフィス》製品の操作スキルに併せ、実際の業務でいかに活用できるかを問う資格です。データベースやレポートの作成、プレゼン資料の作成など、業務への対応力を磨くことができます。ベーシック、3級、2級、1級が用意されており、実務レベルで即戦力となれる目安は2級です。

基本的な操作スキルを問う部分は、上記のMOSと同じ学習方法で対応できます。ほかには、3級合格を目指している方に向けた「日商PC学習倶楽部」に会員登録することで学習ツールを利用することが可能です。日商PC学習倶楽部では、サンプル問題とその詳細な解説、検定の体験プログラム、スキルチェックツールなどが利用できます。

●文書情報管理士
文書やデータなどの社内情報を管理する役割を担うのが文書情報管理士です。個人情報の保護や会社活動の適切な記録、データ管理の重要性が叫ばれており、文書情報管理士の資格を取得することでこれらの領域において活躍できるようになります。

文書情報管理士としての知識を身につけるためには、まず公式サイトにて提供されている情報を読み込む方法があります。文書情報管理に関する最新情報なども常に更新されているため、継続的に知識を深めることが可能です。各種報告書やガイドラインを注文することもできます。

押さえておこう! パソコンの資格取得までの流れ

ご紹介した3つのパソコン資格は、以下の流れで受験することができます。

●MOS(Microsoft Office Specialist)
MOSの試験は月に1回~2回行われており、「全国一斉試験」か「随時試験」かを選ぶことができます。全国一斉試験は各地域の指定された試験会場で行われます。随時試験はパソコンスクールなどが実施するもので、試験日程は各会場への確認が必要です。

●日商PC
日商PCの検定は、全国にあるパソコンスクールなどで行われます。試験日などは各試験会場で異なるため、最寄りの会場を探して事前に確認しましょう。

●文書情報管理士
文書情報管理士の試験は年に2回行われます。2級と1級、上級にわかれており、上位の級を受けるためには先に下位の級で合格している必要があります。会場は全国に約200カ所あり、申し込みをする際に選択することが可能です。

周りに差をつけられるパソコン資格でスキルアップを!

主婦に人気の一般事務に就くには、業務内容に結びついたパソコンスキルが必要です。ここでご紹介した3つの資格はどれも一般事務に役立つ資格であり、そのほかの業種を志したとしても幅広い分野でスキルを発揮できます。家にパソコンとネットワーク環境があれば資格取得のための学習を進めることが可能なので、一般事務の職を目指す主婦の方はぜひ挑戦してみてください。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電をご検討なら「グリエネ」
1.最安値の業者が分かる安心の一括見積もり!
2.加盟店全国450社以上!厳しい審査を通過した優良会社のみ
3.カスタマーサポートによる完全個別対応

  • 2929
  • 30
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード