【新商品】食物繊維がふつうじゃない「大和茶本葛湯」 冬季限定で新発売

mh株式会社(所在地:奈良市)は、食物繊維をたしかに、たのしむ食品ブランド「Fun Fiber/ファンファイバー」より、新商品「大和茶本葛湯」を12月19日よりwebサイト(http://www.funfiber.jp/lineup/kuzuyu.html)にて全国販売を開始いたします。1杯で、10gの食物繊維を補うことができます。

  • 241
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ

Fun Fiber(ファンファイバー)のFiberは、「Dietary Fiber/食物繊維」のFiber。Funは、「Function/機能」「Fun/たのしみ」のFun。食物繊維が持つ機能を、たしかに、たのしく生活にとり入れるためのブランドです。

■1杯で食物繊維10g

厚生労働省が定める成人女性の食物繊維 摂取目標値は18g(2015年度版 日本人の食事摂取基準)で、現在の平均摂取量(平成27年 国民健康・栄養調査)と比較すると、不足量は3.3gです。

しかし、厚生労働省も認める本来の理想の摂取量(1,000kcalあたり14g)から算出※すると、理想的な目標値は23.8g、不足量は、9.1gにもなります。

この葛湯なら、一杯で、本来の食物繊維不足を解消できます。

■葛は、吉野本葛100%

葛は、吉野本葛(写真)だけを使用しています。

本葛は、透明感のある、なめらかなとろみと、豊富なイソフラボンが特徴で、日本の伝統的な冬あたため食として、古くから親しまれてきました。■創業130余年の老舗和菓子店「吉田屋」との共同開発

奈良 吉野 下市町。大峰山へ上る修行者の宿場町に位置する吉田屋さん。その修行者のために、葛やお菓子をつくりはじめ、創業130余年。確かな技術で、吉野葛の力強く、やさしい味わいを守り続けています。

ファンファイバーの大和茶本葛湯は、吉田屋さんの出会いから、始まりました。

>「吉田屋の歴史」

■香りと苦み。2種類の大和茶をブレンド

ファンファイバーのふるさと、奈良にも大和茶という、おいしいお茶があります。

奈良の北東部に位置する大和高原は、お茶栽培の最適地。

この葛湯には、清々しい香りが豊かな茶葉と、口の奥のほうに心地よく残る苦みが特徴の茶葉をブレンドして、大和茶のおいしさを表現しました。

■食べるか。飲むか。

お湯の量を調整することで、食べ方や食物繊維の量を、好みや体調に合わせて調整することができます。■糖質50%OFF

一般的な葛湯に比べて※、砂糖の使用料を60%減らし、糖質は50%OFF。

甘さは、お湯の量でも調整できます。

※吉田屋製「和三盆本葛湯」との比較(製品100gあたり)

■発売

発売日/2017年12月19日(火)

内容量/115g(5~10杯分)

価格/1,670円(税込)

詳細/

■企業概要

企業名/mh株式会社

    

代表者/窪 聡宏

所在地/奈良県奈良市登大路町38-1 奈良県中小企業会館 2F

主な事業/機能性食品の企画・開発、販売、コンサルティング、広告運用代行

※奈良県創業支援認定企業

●FUN FIBER ONLINE STORE

●公式Instagrum

●公式Facebook

●公式Twitter

  • 241
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

メディア・ライター

生活者と企業をつなぐインターネットサービスです。インテリア、グルメ、ファッションなどと様々なジャンルの企業の最新情報が集まっています♩

おすすめ

話題のキーワード