レンジフードの掃除を自分でする方法を解説!気になる油汚れの落とし方をご紹介

レンジフードは油汚れが付着した状態のまま放置すると、換気ができなくなるので汚れてきたら掃除が必要です。今回は、レンジフードの掃除を自分でする方法をご紹介していきます!

  • 2020
  • 10
  • 0
  • いいね
  • クリップ

レンジフードが汚れる原因

レンジフードは料理中に換気扇を使用することで、ホコリや油が付着して汚れていきます。油は冷えると固まって落ちにくくなるので、月に1〜2回掃除をするのが理想です。

半年や年に1度しか掃除をしないという方は、洗剤をつけ置きしてから汚れを落とす方法がありますが、汚れを放置してしまうと火災の原因にもなるので、注意するようにしてください。

レンジフードの掃除が必要なサイン

  • 電源を入れているのに臭いが消えない
  • 油汚れでレンジフードの表面がベタついている
  • 調理中キッチンに煙がこもってしまう

レンジフードに汚れが溜まってしまうと換気の機能が弱くなってしまうので、調理中の臭いや煙がキッチン内に残るようになります。電源を入れているはずなのに煙や臭いが消えない場合は、レンジフードの掃除をするようにしてください。

また、レンジフードの表面がベタついている場合も油汚れが付着している状態なので、レンジフードの掃除をしましょう。

レンジフードで掃除が必要なパーツ

  • レンジフードの表面
  • 整流板
  • フィルター
  • ファン(シロッコファン・プロペラファン)

レンジフードは表面の拭き掃除と、整流板やフィルター部分の掃除、内部に取り付けられているファンの掃除が必要です。ドライバーを使用してパーツを取り外すタイプのレンジフードもあるので、取り外したパーツを無くさないように気をつけましょう

フィルターやファンを自動で洗浄してくれるタイプのレンジフードもあるので、その場合はレンジフードの表面を拭き掃除することで、油汚れがたまらないようにしてください。

レンジフードの掃除を自分でする方法

用意するもの

  • ドライバー
  • ゴム手袋
  • 新聞紙
  • 雑巾
  • タオル
  • ゴミ袋(フィルターやファンが入る大きさ)
  • 歯ブラシ
  • スポンジ
  • 油汚れ用の洗剤

掃除を始める前に

  • レンジフードの電源を切るかブレーカーを落としておく
  • レンジフードの周りにカットした大きめの袋を貼り合わせてカバーしておく

レンジフードの掃除をする際は誤作動により怪我をするのを防ぐため、必ずレンジフードの電源を切るかブレーカーを落としてください

また、掃除中にレンジフード周りのコンロ・IHヒーター・壁などに汚れが付くのを防ぐため、用意した袋を貼り合わせてカバーしてから掃除をするようにしましょう。

レンジフードの掃除方法

  1. 1.付着している油汚れを新聞紙や雑巾で拭き取っておく
  2. 2.取り外したフィルターやファンは用意したゴミ袋に入れる
  3. 3.洗剤を付けた状態で10分ほど放置する
  4. 4.歯ブラシやスポンジを使ってこすり洗いをする
  5. 5.洗剤を洗い流す
  6. 6.水気を拭き取って元に戻す

パーツが取り外せない場合は、油汚れ用洗剤をつけた雑巾で拭いてから水で濡らした雑巾で洗剤を拭き取るようにして、表面やフィルターの汚れを落とすようにしましょう。

洗剤によってはぬるま湯で薄めてから使用する必要もあるので、洗剤の使用方法をパッケージなどで確認してから使うようにしてください

レンジフードを定期的に掃除するようにしましょう!

レンジフードは定期的に拭き掃除をすることで、汚れが付着して落としにくくなることを防いでくれるので、汚れが気になった時は掃除をしてみましょう。

レンジフードのパーツを毎回外すのが大変だという方は、フィルター部分や表面だけでも拭き掃除をしておくと、目詰まりが防げるのでおすすめです。半年に1度はファンも合わせて掃除するようにしてください。

レンジフード掃除を「ハウスクリーニング110番」に依頼してみよう!

レンジフード掃除を頼みたいという人は、「ハウスクリーニング110番」のお得なプランの利用がおすすめです。

エアコン・キッチン・水回りの3スポットそれぞれで、17,400円(税込)〜まとめて安く綺麗にできるパッケージプランや、26,400円(税込)〜家中まとめて綺麗にできるお家まるごとプランなど、お得なプランが豊富なため、まとめて安く綺麗にしたい!という人におすすめのサービスです。電話でのご相談は24時間365日受付中のため、レンジフード掃除にお困りの人はまずは気軽にご相談してみてはいかがでしょうか。

レンジフードの掃除に関するQ&A

Q1. レンジフードの掃除はどれくらいの頻度でするべき?

A. 汚れを溜めないよう月に1〜2回掃除をするのが理想です。

レンジフードは、汚れが溜まってしまうと換気機能の低下や火災の原因にも繋がるので、月に1〜2回掃除をするのが理想です。毎回レンジフードのパーツを取り外すのが大変だという方は、フィルター部分や表面だけでも汚れを溜めないように拭き掃除をするようにしてください。

Q2. レンジフードの掃除を業者に頼むときにかかる費用は?

A. 作業時間やレンジフードの種類によって料金が異なります。

レンジフードの掃除を業者に依頼した場合、レンジフードの種類によっては作業時間や掃除方法に違いが出てしまうため料金が変動します。目安としては10,000〜15,000円程度ですが、長年の汚れが溜まって油汚れが落ちにくいと料金が高くなるので、見積もりを比較しながら業者を選ぶようにしてください。

Q3. レンジフードの汚れを防ぐ方法はある?

A. フィルター部分にカバーを取り付けましょう。

レンジフードが汚れるのを防ぎたい方は、フィルター部分にカバーを取り付けておくのがおすすめです。汚れがついて茶色くなった時は新しいカバーに変えるだけなので、年に何度もレンジフードを掃除できないという方はぜひ試してみてください。

レンジフードに関する記事はこちら!

※記載している商品情報は、LIMIA編集部の調査結果(2022年11月)に基づいたものです。
※画像は全てイメージです。

  • 2020
  • 10
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信していきます…

LIMIA編集部さんの他のアイデア

ハウスクリーニングのデイリーランキング

おすすめのアイデア