ダイソーの観葉植物おすすめ12選!種類や育て方から2022年の入荷情報

100均ショップ『ダイソー』の観葉植物は100〜300円台で購入可能。2022年に店舗で購入できた種類を中心に、育て方やおしゃれなインテリア実例を紹介します。店頭で見かけた種類一覧や入荷曜日や取り扱いが多い店舗についても調査したので、売ってないときは参考にしてくださいね。時期によってはレアな品種も登場するので要チェック!

  • 38055
  • 10
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ダイソーの観葉植物は100〜300円台で買える!

提供:LIMIA編集部

お部屋の印象がガラリと変わるだけでなく、癒やしも与えてくれる観葉植物。しかし、生物なだけあって「うまく育てられるか心配」「まずは小さい観葉植物から始めたい」と思う方も多いのではないでしょうか?

そんな初心者さんにおすすめなのが、100均ショップ『ダイソー』の観葉植物。ほかの商品と同じく100〜300円台で手軽に購入でき、小さなサイズのものが多くそろうのが魅力です!

たくさん飾りたい方や観葉植物に初めてチャレンジする方は、ダイソーで購入するのもおすすめですよ。

【2022年】観葉植物の取り扱い店舗や入荷曜日を調査!

  • 店舗により品ぞろえは異なり、観葉植物を扱ってない店舗もある
  • 入荷曜日は決まっておらず、少なくなったら種類をランダムに入荷する
  • 大型店は比較的多くの種類が並んでいる可能性がある

ダイソーで取り扱う観葉植物は豊富で、店舗によって取り扱う種類や品ぞろえに差があります。ぜひ、いろんな店舗をまわってみたり、こまめにダイソーに通ってみたりして、どんな商品があるかチェックしてみてくださいね。ただし、観葉植物自体を取り扱っていない店舗もあるため、注意してください。

LIMIA編集部
スタッフ
観葉植物の入荷曜日は決まっていないそう!
種類が少なくなったらランダムで補充されるようなので、狙っている観葉植物に出会えるかは運次第。どうしても欲しい商品がある場合は、事前に問い合わせてから行くのも◎。今回、数店舗に問い合わせましたが、どの店舗の店員さんも丁寧に対応してくださいました。

問い合わせるときは、公式サイトで店舗情報が確認できます。大型店は、観葉植物の種類や数を多く取り扱っている可能性があるため要チェックですよ!

ダイソーの観葉植物の種類は?育て方やおしゃれに飾るインテリア実例

提供:LIMIA編集部

ダイソーでは、人気の『ドラセナ』『サンデリアーナ(ミリオンバンブー)』をはじめ、『ナギ』『スパティフィラム』『ザミオクルカス』『ミスカンサス』など数々の観葉植物を取り扱っています。

また、時期や店舗によっては人気の『ガジュマル』が安く手に入ったり、定番の観葉植物の色違いや珍しい品種など、レアな商品をゲットしたという情報も。

  • カポック
  • クロトン
  • サンセベリア
  • サンデリアーナ(ドラセナ)
  • シルクジャスミン
  • スナギ
  • パキラ
  • ペペロミア
  • ミスカンサ

上記は、今回編集部スタッフが訪れたダイソー店舗で見かけた観葉植物の種類一覧です。

いずれも店内の奥の方に観葉植物コーナーがありました。メインである330円の商品は、3種類ほどの所もあれば、スペースは小さめでも8種類ほどの品種が並ぶなど、店舗により異なる印象。「名前がわからないかも」と不安でしたが、タグに種類が書いてあったので育て方を調べられるのはうれしいポイントです。

ここからは、店舗で購入できた種類から、LIMIAユーザーが育てているかわいくて人気の観葉植物をご紹介します!

空気をきれいにしてくれるサンセベリア(サンスベリア)

提供:LIMIA編集部

スタイリッシュでおしゃれな葉の形で人気の『サンセベリア』。定番の種類なので、見かけたことのある方もいるのではないでしょうか?

サンセベリアはアフリカが原産地の植物のため、乾燥に強く寒さに弱いのが特徴。水のあげすぎや、暗い場所に置かないように注意してくださいね。

豊かな柑橘系の香りが特徴のシルクジャスミン

提供:LIMIA編集部

『ゲッキツ』と言われる観葉植物。夏になると真っ白でかわいい花が咲き、ジャスミンの花に似ていることから『シルクジャスミン』とも呼ばれています。

シルクジャスミンは温かい環境を好みますが、寒さにもある程度強いため、初心者も育てやすい観葉植物。かわいい花や実を楽しみたい人にとってもおすすめです。

また、ミカン科のため、花が咲くと柑橘系の香りがお部屋の中いっぱいに広がるのが魅力。ただし、花を咲かせるには日光や風通しが非常に重要になります。春から秋は日当たりのいい屋外に置き、冬は室内で育てましょう。

インテリアに◎の小さくてかわいいペペロミア

提供:LIMIA編集部

丸くて多肉植物のようなぷっくりとした葉がかわいい『ペペロミア』をダイソーで発見。今回見つけたのは『ペペロミア・オブツシフォリア』という種類ですが、ペペロミアはたくさんの種類があるため、ほかの種類のペペロミアに出会えることも!

葉の形や色が全く違い、同じペペロミアとは思えないほどイメージも変わりますので、お気に入りの種類を見つけてみてくださいね。

ペペロミアは、半日陰の明るい室内で育てることができ、水やりの頻度も少なくてOK。初心者で挑戦しやすい観葉植物です。

南国風でトロピカルな気分を楽しめるパキラ

提供:LIMIA編集部

ダイソーでは110円(税込)で立派な『パキラ』を購入することができました。ちなみに300円台でも販売していて、大きさがひと回りくらい違ってきます。ぜひ、お好みの大きさの方を選んでくださいね。

パキラは、直射日光を避けた日当たりの良い場所で育てると◎。風通しの良い場所を好みますが、クーラーなどのエアコンの風が直接当たってしまうと枯れる原因になるので、注意してください。

やさしい色のシンゴニウムがレトロな鉢とぴったり!

ここからは、LIMIAユーザーが育てるダイソーの観葉植物を見てみましょう!

ハート型の葉っぱがキュートな『シンゴニウム』。ダイソーでは一般的なグリーンのシンゴニウムだけでなく『ピンクバタフライ』という品種をゲットできることも。ピンクと葉の裏側のグリーンのコントラストがとても美しいですね。

snowさんは、白くて四角い鉢に、デコパージュペーパーを貼ってアレンジ。シンプルな鉢が一気にクラシックでかわいらしい印象になり、シンゴニウムともぴったりです。

大きく育ててインテリアとして◎のミリオンバンブー!

『ミリオンバンブー』は竹に似ていることから「幸運の竹」と呼ばれ、縁起のよい観葉植物。明るい色とスタイリッシュな姿が人気で、初心者でも簡単に育てられます。

rumiさんのような、観葉植物でいっぱいにしたナチュラルグリーンなお部屋を目指すなら、ミリオンバンブーを大きく育てるのも◎。大型の観葉植物が1つあるだけで、森にいるかのような空間になりますね。

お気に入りの観葉植物がスクスクと育っていく過程も楽しめて、愛着もわきますよ!

ブリキ缶×フィロデンドロンで西海岸インテリアに変身!

写真中央の『フィロデンドロン』はサトイモ科の熱帯性植物の一部を総称した名前。同じフィロデンドロンでも、姿や印象がそれぞれ違うため、観葉植物好きの心をくすぐります。

写真は『フィロデンドロン・グリーンプリンセス』という品種。美しいグリーンと若々しい見た目で、白やパステルカラーのアイテムとぴったり。

cocoさんのように、鉢のうえからブリキ缶をかぶせることで、カリフォルニアスタイルを演出することも。多肉植物と並べて飾ってもかわいいですね。

ブルーの鉢に入れてお部屋を爽やかな空間に!ヒメモンステラ

『モンステラ』は丸い葉に深い切れ込みの入った、ユニークな姿の観葉植物。その独特さが人気で、アクセサリーなどのデザインのモチーフに使われることもありますよ。

ミニサイズのヒメモンステラなら、テーブルでも育てられるためオフィスの仕事机や勉強机にも置きやすいですね。チョコミントさんのモンステラは青い鉢に入れれば爽やかで涼し気。夏にもぴったりのインテリアになります!

重厚感のあるセメントポット×カポックで高見えインテリアに!

明るい場所の方がスクスクと育ちますが、ある程度の耐陰性と耐寒性を備え、丈夫で育てやすい『カポック』。乾燥にも強いため、土の表面が乾いたらたっぷりと水をあげるだけでOKと、水やりの頻度も少なめです。

葉が円形に広がるためグリーンの花のような見た目で、そのかわいさで選ぶ人も多いのだとか。その愛らしさと明るい色のセメントポットを組み合わせれば、高見えするインテリアに。ナチュラルでおしゃれなカフェのようなお部屋を目指す人におすすめです。

パキラやドラセナやテーブルヤシをおしゃれに飾る

HAPPY@LIFEさんが育てているのは、写真左からパキラ、テーブルヤシ、ドラセナ。いずれも先端の尖った葉が特徴で、南国風やアジアン風のインテリアと組み合わせやすい観葉植物です。小さいサイズであれば、壁に取り付けるウォールシェルフや、置き型の棚に並べるとおしゃれに。

3種類とも直射日光が苦手なため、半日陰やレースカーテン越しに日光が当たるような環境で育てると◎。パキラやドラセナは乾燥に強いため、土が乾いてきたら水やりをすれば与えれば充分です。

リメイクしたダイソーの素焼き鉢にテーブルヤシを飾る

Rさんが育てるのは、ダイソーで購入したテーブルヤシと、100均ショップ『キャンドゥ』のサボテン。

ダイソーの素焼き鉢をリメイクするアイデアもステキです。ペイントで色を付けたり、転写シートを使用したり、スタンプを押すことでおしゃれに変身しますね!

カラーをモノトーンにして、多肉植物やテーブルヤシを植えれば海外風インテリアとして活躍してくれます。コスパよく自分好みにアレンジできるので、ぜひ試してみてくださいね。

ダイソーには観葉植物の土や鉢など植え替えグッズも充実!

驚いたのはダイソーには観葉植物だけでなく、園芸用品が充実していること。

スコップや手入れに使う土などの必須アイテムからおしゃれな鉢まで、100円台から多数そろっていますよ。ここからは編集部スタッフが選ぶ、観葉植物を育てるためにおすすめの商品をご紹介します!

おしゃれな鉢が豊富!

ダイソーの観葉植物は基本的に「ポリポット」と呼ばれる、塩化ビニール製の薄くて軽いポットに入っています。ポリポットは植え替えが必要なため、同時に鉢を購入して植え替えましょう。

メジャーな素焼き鉢はもちろん、陶器製、ブリキ缶、プラスチック製など。色や形もさまざまなので、部屋の雰囲気に合うぴったりの鉢が見つかること間違いなしですよ。

ちなみにダイソーには、写真のような鉢に入った『匠ポット』シリーズの観葉植物も販売。その場合は、植え替えなくてもそのまま育てられ、すぐにインテリアとして使用できます!

▼ダイソーのプランターや植木鉢のラインアップをチェック!

観葉植物の土やハイドロカルチャー用の商品

提供:LIMIA編集部
  • 商品名:ハイドロボール 小粒
  • 価格:110円(税込)
  • 容量:1.2L

「ハイドロカルチャー」とは栽培方法のひとつで、ハイドロボールと言われる人工の土と水を使って、観葉植物を育てる方法です。

手順も簡単で、鉢の底に根腐れ防止剤を敷き詰め、その上からハイドロボールを入れます。観葉植物の根の部分をやさしく洗って土を落とし、ハイドロボールに植えれば、植え替え完了です。水や肥料も必須なので忘れないように注意してくださいね。

観葉植物の土やハイドロボールなどのお手入れアイテムは、ダイソーオンラインでも購入可能ですよ!

LIMIA編集部
スタッフ
ハイドロカルチャーは土を購入する必要がなく清潔感があるのが魅力!
ハイドロボールは匂いがなく、洗って使用できるため清潔さを保って栽培できる点がメリット。さらに無菌のため、虫の発生しづらい点も魅力的です。土より見栄えも良く、ガラス製の鉢で育てれば、また違った雰囲気のインテリアとして楽しめます。テーブルヤシ、ガジュマル、パキラやポトスなどハイドロカルチャー向きの植物が手に入ったときは、ぜひ試してみてください!

ダイソー以外の100均でも観葉植物をチェックしてみよう!

ダイソーで販売されている観葉植物や、おしゃれに飾るためのお手入れアイテムなどをご紹介しました。

ダイソーだけでなく、『セリア』やキャンドゥでも観葉植物を購入可能。ほかの100均ならではの、違った種類の観葉植物をゲットできる可能性もありますので、さまざまなお店に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

また、ダイソーでは観葉植物のほかに、サボテンなどの多肉植物やフェイクグリーンを売っている店舗もあります。「お部屋にグリーンのインテリアを取り入れたい!」という人は、ぜひ近くの店舗をチェックしてみてください!

▼観葉植物のおすすめ種類を見てみる!

▼ダイソーでは多肉植物も販売。レアな種類と出会えるかも!

▼100均のエアープランツについてはこちらをチェック

▼ダイソーのおすすめ商品も合わせて見てみよう!

※記事内の口コミは、LIMIA編集部の調査結果(2022年3月)に基づいたものです。
※記載している商品情報は、LIMIA編集部の調査結果(2022年3月)に基づいたものです。
※紹介した商品は一部店舗では取り扱っていない場合があります。

  • 38055
  • 10
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信していきます…

LIMIA編集部さんの他のアイデア

100均のデイリーランキング

おすすめのアイデア