【100均】ダイソーの電子メモパッドが再販!使い心地やスリコとの違いも解説

100均ダイソーの『電子メモパッド』は、550円(税込)で約5万回(※)も使えて高コスパ。不具合から一度自主回収されましたが、2022年2月現在は再販されており、注目を集める人気の商品です。この記事では、サイズやペンの濃さなどの使用レビューから、ロックして保存する裏技や、書き込んだ文字が消えないときの対処法、電池交換の方法や売り場情報までまとめました。さらに、スリーコインズの電子メモパッドとの違いも比較も解説しています。

※パッケージ裏に記載。使用環境により異なる場合があります。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 69411
  • 25
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ダイソーの電子メモパッドが再販!500円で約5万回使える

提供:LIMIA編集部
  • 商品名:電子メモパッド
  • 価格:550円(税込)
  • 使用回数:約50,000回(※)

SNSでも大人気のダイソーの『電子メモパッド』は、紙を消費せずに手軽にメモを取れる便利アイテムです。価格は550円(税込)で、使用回数は約50,000回(※)と高コスパ! 

不具合から2021年2月頃に一度自主回収されましたが2022年2月現在は再販されています。売り切れ続出の人気商品なので、見かけた際は手に取ってみてくださいね。

※パッケージ裏に記載。使用環境により異なる場合があります。

ダイソーの電子メモパッドの売り場はどこ?

LIMIA編集部
提供:LIMIA編集部
  • スマホ関連グッズのコーナー
  • 文房具グッズのコーナー
  • 500円グッズのコーナー
  • レジの近くのコーナー

ダイソーの電子メモパッドの売り場は主に上記の4つ。どこに売っているか場所が分からないという方は「売ってない」と諦めずに参考にして探してみてくださいね。

LIMIA編集部
スタッフM
人気商品が並ぶレジの近くで発見!
比較的小さい店舗のダイソーに行きましたが、新商品や人気商品が並ぶレジの近くに電子メモパッドがありました!

【使用レビュー】ダイソーの電子メモパッドの特徴や使い心地は?

ここからは、ダイソーの電子メモパッドの使用レビューを紹介します。サイズや重さなどの商品の基本的な情報から、ペンの濃さや書き心地までまとめました。

持ち運びやすいサイズで薄型!重さも105gと軽量

提供:LIMIA編集部
  • サイズ:約W14.6×H22.7×D0.5cm
  • 重さ:約105g

ダイソーの電子メモパッドのサイズと重さは上記の通り。コンパクトサイズ&軽量なので、持ち運びや収納にも便利です。

LIMIA編集部
スタッフM
隙間に収納できる薄さがお気に入り!
0.5cmと薄いのでちょっとした隙間にも収納できるのがお気に入りのポイント。仕事用デスクに収納して使いたいときにサッと取り出せるようにしています。

本体左上の穴に紐を通せば引っ掛け収納もできる!

提供:LIMIA編集部

ダイソーの電子メモパッドの本体左上には穴があり、紐を通してフックにかければ引っ掛け収納をすることも◎。ほかにも、ペンの穴と紐で繋いでペンをなくさないようにする使い方もできますよ!

ペンは収納&立てておくことができる

提供:LIMIA編集部

ダイソーの電子メモパッドは、本体下部分にペンを収納することができます。「ペンをなくしてしまった!」ということを防ぐこともできて便利ですよ。

書き心地がなめらか!筆圧でペンの濃さも変えられる

提供:LIMIA編集部

ダイソーの電子メモパッドは、とってもなめらかな書き心地で、思いのままにスラスラと書けます

また、電子メモパッドには”筆圧感知機能”が搭載されているので、筆圧を読み取って線の濃さを変えることがも可能です。

LIMIA編集部
スタッフM
強く書きすぎるとうっすら残るので注意!
筆圧が強すぎると削除してもうっすらと跡が残ります。じっくり見ないと分からないレベルですが、気になる方はあまり強く書かない方がよいと思います。

削除方法はゴミ箱ボタンを押すだけでOK

提供:LIMIA編集部

書き込んだ文字やイラストを消したいときは、上のゴミ箱マークを押すだけ! ダイソーの電子メモパッドは部分的に削除することはできないので注意してくださいね。

"ロック"してメモを保存する裏ワザも!

提供:LIMIA編集部

ダイソーの電子メモパッドには、大事なメモを保存しておきたいときに便利なロックスイッチもついています。

使い方は、裏面のロックスイッチを左のロック側に移動させるだけ。削除ボタンを押しても書いたものが消えません。

消すときはロックを右の解除側に移動させてから、通常通り表面の削除ボタンを押すだけでOKです。

LIMIA編集部
スタッフM
削除はされないが書き込みはできる!
ロック側にスライドしておくと、削除はされませんが書き込むことはできます。大事なメモの上から書き込んでしまった! とならないように注意してくださいね。

ToDoリストやお絵描きなど使い方いろいろ

提供:LIMIA編集部

電子メモパッドは、毎日のToDoリストや、子どものお絵かき帳仕事の簡易メモ帳などさまざまな使い方ができます。約50,000回(※)も使えるうえ、紙のゴミが出ないので役立つこと間違いなしですよ!

※パッケージ裏に記載。使用環境により異なる場合があります。

LIMIA編集部
スタッフM
裏にマグネットシールをつけて冷蔵庫に貼るのもおすすめ
電子メモパッドの裏にマグネットシールをつけて冷蔵庫に貼り付けておけば、卵や牛乳など買い足さなければいけない材料をサッと書き込んでおくことができて便利ですよ!

ダイソーの電子メモパッドはテスト電池付き!交換方法を解説

提供:LIMIA編集部

ダイソーの電子メモパッドにはテスト用の電池が入っています。ボタン電池の種類は"CR2016"なので、ダイソーでも交換用電池を購入することができますよ!

  1. 1.電池カバーのネジを+ドライバーで外す
  2. 2.電池カバーをスライドして取り出す
  3. 3.−極を表側に向けて入れる

ダイソーの電子メモパッドの電池交換の方法は上記の通り。電池の向きを間違えないように注意しましょう!

LIMIA編集部
スタッフM
ダイソーの電池は2個入り!極細のドライバーを準備しておくのが◎
電子メモパッドの交換用電池をダイソーで購入。2個入りでお得でした! また、電池の蓋を開けるのには、極細のドライバーが必要だったので準備しておくのがおすすめです。

ダイソーの電子メモパッドの文字が消えない!対処法は?

  • ロックが解除されていない
  • 電池の向きが間違っている

ダイソーの電子メモパッドに書き込んだ文字が消えないというときは、「不良品に当たってしまった!」と諦める前に上記の2つをチェックしてみましょう! 

ロックがかかってるかチェック!解除してから削除ボタンを押す

提供:LIMIA編集部

購入して最初にやりがちなのが、ロック解除のし忘れ。最初はロックがかかっている状態なので、解除してから削除ボタンを押してみましょう!

電池の向きが間違っていないかチェック!−極を表側に向ける

提供:LIMIA編集部

電池を交換したあとに消えなくなった場合は、こちらの可能性が高め。電池の向きは"−極を表側に向ける"のが正しいので、間違っていないか確認してみてくださいね!

LIMIA編集部
スタッフM
心配な方はレシートを保管しておくのが◎
運が悪かったのか不良品に当たり、テスト電池から普通の電池に交換したら消えなくなってしまいました。心配な方はテスト電池から交換するまでレシートを保管しておきましょう!

【比較検証】スリコと100均ダイソーの電子メモパッドの違いは?

提供:LIMIA編集部

電子メモパッドはダイソー以外にも、100均『セリア』『キャンドゥ』、『スリーコインズ』などでも販売されています。

今回は、ダイソーとスリーコインズの電子メモパッドを比較してみました!

2つの商品を並べて比較すると、ペンを収納する場所や削除ボタンの位置が違いますが、デザインはほぼ同じです。

商品情報を比較!ダイソーの方が圧倒的に高コスパ

価格(税込)

使用回数(約)

画面サイズ

本体サイズ(約)

重さ(約)

電池種類

付属品

ダイソー

550円

50,000回(※)

8.5インチ

W146×H227×D5mm

105g

CR2016

テスト電池(1個)、ペン(1本)

スリーコインズ

550円

8,000回(※)

8.5インチ

W145×H228×D5mm

115g

CR2025

テスト電池(1個)、スタイラスペン(1本)、マグネットシール(1枚)

次にダイソーとスリーコインズの電子メモパッドの商品情報を比較。価格やサイズなどはほとんど同じでした。

しかし、使用回数はダイソーが約50,000回(※)、スリーコインズは約8,000回(※)と大きく異なり、ダイソーの電子メモパッドの方が約6倍と圧倒的に高コスパです。

※各パッケージ裏に記載。使用環境により異なる場合があります。

書き心地を比較!ダイソーは細かい文字も書きやすく◎

提供:LIMIA編集部

次に、同じ力&ペンで書き込み、書き心地を比較。ダイソーの電子メモパッドの方が細く写るので、細かい文字も書きやすい印象を受けました。

また、スリーコインズの方は感度が高く手が当たると写ってしまうので、気をつけながら書き込む必要があります。

LIMIA編集部
スタッフM
ダイソーの方が高コスパで細かい文字も書きやすい!
商品情報や書き心地を比較すると、ダイソーの商品の方が使用回数も多く高コスパで、ペンが細いので細かい文字も書きやすくておすすめ! スリーコインズは感度が良いのでサッとスピーディーにメモしたいときに◎。

電子メモパッドが売り切れ⁉ダイソーの通販在庫もチェック!

提供:LIMIA編集部

大人気のダイソーの電子メモパッドは店頭では売り切れて手に入らないことも。そんなときはダイソーのネット通販で購入するのがおすすめです! 注文方法や送料などは下記の記事で紹介しているので、合わせてチェックしてみてくださいね。

▼ダイソー公式ネットストアはこちら

▼ダイソーのオンライン通販について詳しく知りたい方はこちら

【100均以外】おすすめの電子メモパッドをもっと比較

本記事では100均ダイソーで販売されている電子メモパッドについて紹介しました。ダイソーの電子メモパッドは、高コスパなうえ、細かい文字も書きやすいのでおすすめです。

LIMIAではほかにも、楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングで購入できるおすすめの電子パッドも紹介しています。気になる方は下記の記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

▼通販で買えるおすすめの電子メモパッドはこちら

▼ダイソーのおすすめ文房具もあわせてチェック!

▼【最新】ダイソーのおすすめ人気商品はこちら

▼【最新】セリアのおすすめ文房具もあわせてチェック!

※店舗によって品ぞろえが異なり、在庫がない場合があります。
※掲載商品については予告なく廃盤、仕様変更等が発生する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記載している商品情報は、LIMIA編集部の調査結果(2022年2月)に基づいたものです。
※記事内の口コミは、LIMIA編集部の調査結果(2022年2月)に基づいたものです。

  • 69411
  • 25
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信しています。

LIMIA編集部さんの他のアイデア

100均のデイリーランキング

おすすめのアイデア