1,000円の使い方を考えたら節約できた。動画で学ぶ頑張りすぎない家計の管理方法

きちんとやらねばと思うほど気が重くなる、お金の管理。忙しい日々の中で収支を正確に把握するのは難しいですよね。人気YouTuberでミニマリストの『建築家二人暮らし』さんは、苦手なお金の管理を克服した一人。活用したのは便利な家計簿アプリ『マネーフォワード ME』でした。

マネーフォワード
  • 20674
  • 103
  • 0
  • いいね
  • クリップ

収支管理の必要性を痛感して使いはじめた家計簿アプリ

提供:マネーフォワード

「My minimalism」をテーマにYouTubeチャンネルを運営する『建築家二人暮らし』さん。建築家のご夫婦が、愛猫との生活や心地良く暮らすコツ、インテリアについての動画を配信しています。

会社を辞めてフリーランスとして仕事をするようになり、確定申告をするようになったらお金の管理の必要性を痛感。家計管理を見直したそうです。そして、使ってみたのは家計簿アプリの『マネーフォワード ME』でした。

会社員時代は、自分がいくら稼いで、いくら納税して、いくら消費しているのか無頓着だったのに、なぜスマートにお金を管理できるようになったのでしょう?

家計簿は自動化してしまう!

提供:マネーフォワード

きっちり手書きで家計簿をつけるほどマメなタイプではないという『建築家二人暮らし』さん。ところが、家計簿アプリ『マネーフォワード ME』が苦手の克服に繋がりました

銀行口座やクレジットカードを一括管理

提供:マネーフォワード

『マネーフォワード ME』の特徴は、銀行口座、クレジットカード、電子マネー、ポイントカードをアプリと連携させると一括で管理できるところ。口座の残高、引き落とし予定額、通販サイトの利用額まで一つの画面で見える化されます。

一度アプリと連携させると過去一年分の収支を振り返ることができ(※)、家計管理の見直しがスムーズ。『建築家二人暮らし』さんは、『マネーフォワード ME』のおかげで、かなり昔に作ったのに忘れていた定期預金の存在に気づいたそうです……!

※取得期間は連携先の金融サービスにより異なります

出費は自動で振り分けられて手間いらず

提供:マネーフォワード

『建築家二人暮らし』さんがとくに気に入っているのは、カードや電子マネーの履歴が項目ごとに自動で振り分けられる点

例えば「食費」の内訳をさらに「食料品」「外食」「カフェ」などと細かく項目立てておくと、グラフで出費が一目瞭然。『建築家二人暮らし』さんは、無自覚にかさんでいたカフェ代を見直そうと気づきました。

節約の先に見つけたのは活きたお金の使い方

提供:マネーフォワード

節約志向が身について至ったのは「今あるお金を何に使うか」という発想です。

手元にある1,000円を何となく消費するのではなく、「何を楽しもうか」と使い道を考えてみる。どうせランチするなら、おうちごはんのレシピに取り入れられそうなお店に行ってみたり。契約していたサブスクをまとめて見直し、解約した分でナレーターが朗読する“聴く本”のオーディオブックを契約し、料理しながら聞いてみたり。

お金の使い道を無意識に限定してしまうと、実は、時間もお金ももったいない! 『建築家二人暮らし』さんにとって、家計の見直しが、人との出会いや新しい気づきを得るきっかけになりました。

苦手を克服したら将来の備えも見えてきた

提供:マネーフォワード

現在、『建築家二人暮らし』さんは、お金を実店舗のある銀行とネット銀行に分けて預けています。実店舗のある銀行は現金で引き出すことの多い生活費を3ヶ月分入れておき、資産運用はネット銀行で。将来に備えてiDeCoやNISAも検討中だそうです。

便利なアプリを使いこなしたら、苦手だった家計管理がいつの間にかスマートにできるようになっていたんですね。みなさんも、今あるお金と時間を何に使うか、見直しから始めてみませんか?

LIMIA編集部
建築家二人暮らしさんのマネー術
●実店舗のある銀行とネット銀行を使い分け
●家計簿アプリで収支を一元管理
●食費の内訳は細かく項目立てて無駄遣いをチェック

小さな出費でも積もり積もればそれなりの金額に。意識することで、節約の第一歩が踏み出せますね!

▽「建築家二人暮らし」さんのYouTubeチャンネルはこちら

利用者数1100万人突破記念!年額プラン応援キャンペーン

  • 20674
  • 103
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

こんにちは!LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信…

おすすめのアイデア

話題のキーワード