60平米のマンションをリフォーム!広さに合わせた住まいづくりのポイントをご紹介

マンションで家族向けの物件といえば、60平米(60㎡)を超える床面積のお部屋をすすめられることが多いものです。とはいえ、立地や環境を優先すればそこまで広い部屋は手に入らないことも。たとえば、部屋数がそれほど必要ないご夫婦2人暮らしなど、60㎡程度のマンションで暮らしているご家族も多いでしょう。今回は、60㎡のマンションリフォームのコツや、おすすめの方法などについてご紹介します。

  • 6004
  • 4
  • 0
  • いいね
  • クリップ

60㎡のマンションリフォームでおすすめの方法

先に述べたように60㎡というと、ファミリーで暮らすマンションとしては少し狭め。でも、広くないからこそ、リフォームではより広々と暮らすためのコツがものを言います。

1.独立キッチンからLDKに変更

築年数が20年を超えるマンションなどでは、建設当時に主流だった独立型ダイニングキッチンに、リビングが隣接する間取りが設けられていることが多いかもしれません。しかし、少人数家族でコミュニケーションを重視する現代の暮らしには今一つそぐわない場合も。

思い切って独立型DKとリビングをつなげ、LDKとすることでより広々と室内を使うことができるようになります。また、間仕切りがない分開放感も増し、室内も明るい雰囲気に変えることが可能でしょう。

2.二人暮らしまでなら、大きな1LDKにリフォームする方法もあり

築年数の古いマンションの場合、6畳や4.5畳など小さめの部屋の多い間取りが設けられているケースも多いでしょう。なんとなく暗い、使いにくいなどと感じているなら、各室が広めにとれる1LDKの間取りに変更すると使いやすくなることがあります。

二人暮らしなどで、家族構成が変わる予定がなければ1LDKでも不足を感じないでしょうし、間仕切りに割かれていたスペースも有効に使えるため、室内そのものも少し広くできます。

3.収納や内装の色調を工夫して、広々暮らす工夫をする

間取り変更を行わずにリフォームする予定の場合は、現在の間取りで広々と暮らせる工夫をすることがポイントです。たとえば、壁面に収納を設けて室内の物を減らす、玄関や廊下などのデッドスペースに収納を追加するなどのアイデアが挙げられます。

また、内装を白に近い明るめの色調に統一することで、室内を広く感じさせることができますし、鏡などを活用して奥行きを見せる工夫をするのもおすすめです。

60㎡のマンションリフォーム事例

次に、60㎡のマンションを実際にリフォームした例をご紹介しましょう。

事例1 間仕切りにガラスを活用し、広々見せる2LDKリフォーム

室内が少し狭いことに加え、あまり外からの光が入らないことが悩みだった約60㎡のマンション。既存の2LDKの間取りをなんとか生かし、明るさを確保できるアイデアを、リフォーム会社ともよく相談してリフォームプランに取り入れました。

間仕切り部分から壁の面積を減らし、向こう側の見えない型押しガラスを張る方法を多く取り入れています。これで光を効率的に取り込めるため、室内全体がぐんと明るくなりました。

照明もダウンライトやライティングバーを使い、多方向からの明かりを活用できるように。淡い色味のシンプルな内装とも相まって、見違えるような明るい住まいを実現できています。

事例2 不人気といわれる3DK賃貸物件を2LDKに高効率リフォーム!

昭和期は主流だった間取りでも、現代では家族暮らしに不向きといわれてしまうようになった3DKの賃貸マンション。老朽化も進み、借り手がつかなかった3DKの一室を、思い切って2LDKにリフォームし、現代のライフスタイルに合わせた例です。

まずは独立したDKと隣のリビングをつなげ、大きなLDKを造ります。床の段差をなくして明るい色味のフローリングを張り、壁にはブロックタイルを張ってデザイナーズ風に内装を仕上げました。2室あった和室も、1室は古くて暗い雰囲気をなくすため、白を基調にしたモダンなイメージに内装を一新。もう1室は、明るくおしゃれな洋室にリフォームしました。

賃貸物件のため、費用を抑えたリフォームが肝です。浴室・洗面所などはクリーニングをしっかりと行い、一部のみを交換することで現代風にイメージチェンジ。追い焚き設備の追加や、水栓の交換など要所を抑えたリフォームで効率を高めています。

大手メーカーの格安量販材料を活用するなどの方法で、一般的な相場の半額程度の予算に抑えながら、きれいにしっかりとした改修を行いました。ちなみに、この部屋は初めて内見に訪れたお客さんが、玄関を一目見た瞬間に入居を決められたそうです。

おわりに

今暮らしているマンションが狭い・使いにくいなどの理由で住み替えを考えているなら、リフォームするという選択肢もあります。賃貸物件の入居率でお悩みのオーナーさんも、効率的な模様替えで人気物件を生み出せるかもしれません。

狭いマンションのリフォームは、プロのアドバイスを受けながら計画を立てると安心です。親身に相談に乗ってくれるリフォーム会社を見つけ、納得のいくリフォームを成功させましょう。まずは一括見積サイトを利用し、複数のリフォーム会社から見積を取って比較検討から始めるのがおすすめです。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電をご検討なら「グリエネ」
1.最安値の業者が分かる安心の一括見積もり!
2.加盟店全国450社以上!厳しい審査を通過した優良会社のみ
3.カスタマーサポートによる完全個別対応

  • 6004
  • 4
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード