部屋をつなげて、快適さをアップ!つなげるリフォームのポイント

住まいのなかに使わない部屋や使いづらいと感じる部屋はありませんか?そんな場合は、間取りの変更だけでも、住まいの印象を明るく快適なものにすることができます。今回は部屋をつなげて、広く快適な空間を作るリフォームのポイントをご紹介します。部屋をつなげる際の注意点なども含め、リフォームのポイントを一緒にみていきましょう。

  • 11870
  • 26
  • 0
  • いいね
  • クリップ

部屋をつなげることのメリットは?

部屋をつなげることのメリットは、なんと言っても部屋全体が広々とし一体感が出ることでしょう。たとえば、キッチンやダイニング、リビングが独立している間取りをつなげると、広々とした快適な空間となります。また、空調なども各部屋につけなくても大型のものをひとつ付け、部屋全体に行きわたるようにすると省エネにもなります。

居心地の良い空間をつくる!つなげるリフォーム3つのポイント

つぎに、実際につなげるリフォームをする時のポイントと注意点を確認してみましょう。つなげるリフォームは壁を取り除く、比較的大規模のリフォームになるため、事前にきちんと話し合いをしておきましょう。

1.構造上の安全を確認しよう

壁を撤去する場合は、建物全体の強度や柱・壁の設置バランスをまず確認しましょう。設置バランスを確認せずに撤去してしまうと、建物を支える力が弱まり、家自体が歪んでしまう危険があります。特に、柱の代わりに壁で建物を支えているツーバイフォー工法の住居は注意が必要です。新築時の図面や今の状況を踏まえて、壁が撤去できるか診断してもらいましょう。

もし、取り外しできない場合だったとしても、あきらめないでください。間仕切りをすべて移動できなくても、開口の寸法を調整したり、強度を補強しつつ部分的に撤去したりできるケースもあります。よくリフォーム会社の方と検討しましょう。

2.防臭・換気の問題を考慮しよう

独立したキッチンをダイニングやリビングとつなげるリフォームの場合、空気の流れを考慮しましょう。対策を怠ってしまうと、キッチンの臭いがリビング全体へ広がってしまうという事態になり兼ねません。換気のためのレンジフードや、脱臭効果の高い内装材を選びましょう。なかでもおすすめの内装材は、自然素材の「珪藻土(けいそうど)」です。脱臭効果もあり、湿気が強い時には吸い取ってくれ、調湿性能にも優れています。

3.冷暖房を効率良くしよう

冷暖房の効率も非常に重要です。つなげるリフォームで広くなった空間を、いかにムダなく、空気を汚さずに快適にするかを考慮しましょう。断熱性の高い窓の取り付けや床暖房の設置なども効果的です。そのほかに、断熱効果の高い内装材を使うこともできます。

つなげるリフォームをオシャレにするコツは?

複数の部屋を1つの部屋にリフォームする場合、やはり床・壁・天井の仕上げを統一すると一層オシャレになります。同系色のクロスや部分的に同系色のタイルを配置するなど、統一感を出すように工夫します。できれば、内装のドアも同じものにすると違和感を減らすことができます。

おわりに

つなげるリフォームによって、部屋を最大限活用することができ、広々とした空間へ大変身します。壁を撤去するリフォームのため、事前の確認や全体のバランスに注意が必要ですので、経験豊富なリフォーム会社を選びましょう。まずは一括見積もりを活用して、リフォームの成功例をチェックしてみませんか?

もっと具体的なリフォーム・リノベーション費用について知りたい方は、厳選された複数リフォーム業者での価格見積もりを無料で徹底比較できる、リフォーム料金一括見積もりサービスをお気軽にご利用ください。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 11870
  • 26
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード