ウォークインクローゼットのリフォーム費用をタイプ別に総チェック!

海外のドラマや映画などでよく見かけるウォークインクローゼット。広々として使いやすく、おしゃれな印象を抱いている人も多いことでしょう。みなさんの中にも、新たにウォークインクローゼットにリフォームしたいとお考えの人がいらっしゃるのではないでしょうか?ただ、導入するにあたって気になるのが、そのリフォーム費用です。そこで、ここではウォークインクローゼットにリフォームするのに必要な費用と相場についてご紹介いたします。

  • 21979
  • 35
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ウォークインクローゼットとは?

ウォークインクローゼットとは、人が歩いて中に入れる大きなサイズと容量のクローゼットのことです。日本においては、おおよそ3畳以上のスペースがあるクローゼットがそれに該当すると言われています。

ウォークインクローゼットは、以下の3タイプに分別されます。それぞれのメリットとデメリット、取り付けにかかる費用の相場についてご説明いたします。

1.ハンガーメインタイプ

ウォークインクローゼットの内部に、ハンガーパイプを充実させているのが特徴のハンガーメインタイプ。シャツやコート、ジャケットなどかけて収納しておきたい洋服が多めの人におすすめです。通常の壁面クローゼットのような使い方ができ、また広いスペースも必要ありません。反面、壁面クローゼットとの差別化が難しく、使い勝手は普通のクローゼットと変わらないと言う声も見受けられます。

ウォークインクローゼットへのハンガーパイプの取り付けは、1本当たり2~4万円前後が相場とされています。

2.収納棚全面タイプ

ウォークインクローゼットの内部を、収納棚で充実させたのが収納棚全面タイプです。洋服よりも、靴やバッグなどの小物や雑貨などの収納に便利です。一方で棚を設置しなければならないので、どうしてもスペースが必要になります。棚が多くなり、ウォークインクローゼット内部が狭く歩きにくくなってしまうこともあるため注意しましょう。

ウォークインクローゼットへの収納棚の新規取り付けは、吊戸棚がひとつにつき5~10万円、戸棚の設置が3~6万円前後で行われています。

3.ユニット収納棚タイプ

市販されているユニット収納棚を用いるのがこのタイプ。収納できる物が多岐にわたるため、非常に使い勝手が良いのが特徴です。すでに市販されている専用ユニットを使うので、組み合わせやコーディネートを自分でできるのもポイント。ただし、既製品ですからオリジナリティを出すのは難しくなります。

ウォークインクローゼットへのユニット棚の取り付けは、総額で12~25万円ほどが相場とされています。

押入れをウォークインクローゼットにリフォーム!その費用と相場

近年は使いづらいと感じる人も多い押入れ。その押入れをウォークインクローゼットにリフォームする事例も増えています。一般的なクローゼットへのリフォームでは、襖を扉に取り換え、押入れ内部の棚を撤去、ハンガーパイプの取り付けなどが主に行われていますが、ウォークインクローゼットにリフォームする場合、歩き回れるスペースの確保のため周辺の空間にも手を加える必要があります。

そのため、一般的な押入れからクローゼットへのリフォームの相場が12~20万円であるのに対し、ウォークインクローゼットへのリフォームの相場は20~50万円とやや高額になります。

クローゼットを拡張しウォークインクローゼットに!その費用と相場

さまざまな理由によって使わなくなった洋室のクローゼットを拡張しウォークインクローゼットにリフォームするケースも、しばしば見受けられます。このリフォームのメリットは他の部屋のタンスや収納を廃し、1か所に荷物をまとめられるところにあります。

既存のクローゼットを利用するリフォームなので費用も比較的リーズナブルに済み、相場は18~25万円前後とされています。

事例で学ぶ!ウォークインクローゼットへのリフォームにかかる費用

相場についてご紹介してきましたが、ここでは事例から実際にリフォームにかかった費用をご紹介いたします。

1.押入れをウォークインクローゼットにリフォームした事例

築1年の新しいマンション。子どもが大きくなり、元からある収納スペースでは足りなくなってきたので、使用頻度の少ない和室を洋室に変更。その上で押入れを潰し、広いウォークインクローゼットを造作しました。部屋の変更を伴うリフォームだったため、総費用は約50万円かかりました。

2.既存のクローゼットを拡張リフォームした事例

築20年強のマンション。洋室の一角に合ったクローゼットを拡張し、ウォークインクローゼットにリフォームした事例です。収納にやや不満があったので、思い切って洋室を一部屋まるまる潰して、折れ戸で出入り可能なウォークインクローゼットにリフォームしています。リフォームにかかった費用は約18万円でした。

おわりに

おしゃれでありながら、使いやすさもあるウォークインクローゼット。押入れからのリフォームや、クローゼットを拡張する形でのリフォームなら、それほど費用がかからず、収納スペースを拡張することができます。興味のある方は、正確な費用や工期を把握するために、1度見積を取ってみてはいかがでしょうか?匿名・無料で、多くのリフォーム会社の見積を1度に申し込める一括見積サイトの利用がおすすめです。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 21979
  • 35
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード