マンションの洗濯機置き場をリフォーム。場所はどこにする?どんな工夫が必要?

「中古マンションを購入したら、室内に洗濯機置場がなかった!」「長く暮らしてきた古いマンション。ベランダで洗濯するのはそろそろ億劫…」こんなお悩みをお持ちの方も多いはずです。洗濯は家事の中でも作業時の移動が多く、その効率によって労力が左右されるもの。今回は、マンションの洗濯機置場のリフォームについてお話しましょう。お洗濯が楽にできるようになるだけでも、家事の負担がかなり軽減できます。

  • 18731
  • 6
  • 0
  • いいね
  • クリップ

マンションで洗濯機置場のリフォームが必要なケース

マンションでお洗濯をする時、以下のような点に気づき始めたら洗濯機置場のリフォームを検討することをおすすめします。

・洗濯機置場が外のベランダや共有部分の廊下にあり、洗濯時の体力的・心理的負担が大きい
・洗濯機置場で配管詰まりを起こし、床などを排水で汚してしまったことがある
・洗濯機置場から物干し場までの動線が使いにくく、物干し作業の負担が大きい
・洗濯機置場の防水パンに傷みや破損がみられる
・元々洗濯機置場がなく、床にブロックを積み上げるなどして洗濯機を置き、浴室などに洗濯の都度排水している

マンションでは賃貸物件の場合も、室内に洗濯機置場のない物件の入居率は格段に下がってしまうといわれます。分譲マンションであっても古い建物であれば、今も洗濯機置場がベランダにあるケースが少なくありません。洗濯するたびに外に出て作業する負担を考えると、将来高齢になることにも配慮して早めに対策を行っておいた方がよいでしょう。

洗濯機置場を作る場所はどこにすればよいの?

洗濯機置場を新しく作る時には「とりあえず防水パンが置けるスペースがあればよい」と思いがちです。しかし、洗濯機を使える場所にするためには給排水の設備を設ける必要があります。少なくとも上水道の蛇口と、下水につながる排水用の配管設備は作っておかなければなりません。

したがって、キッチンまたは浴室などの水回りから極端にかけ離れた場所に洗濯機置場を設けることは現実的ではありません。マンションの場合は特に、水回りが1箇所にまとめられているケースが多くなりますから、他の水回りスペースとの兼ね合いを考慮しながら置き場所を検討する必要があります。

通常は、浴室や洗面所の近くに洗濯機置場を設け、既存の排水経路に勾配を取って排水管をつなげる方法をとることが多くなります。どうしても物理的に洗濯機を置くスペースが取れない!という場合は、裏技的にはなりますが洗面台の下の収納部分に入るサイズの洗濯機を設置してしまうという方法もあります。海外などではよくみられる手法ですが、かなり小型の洗濯機を選ばないと難しいでしょう。また、洗面台を交換するなどのリフォームが別途必要になる場合もあります。

マンションの洗濯機置場リフォーム事例

次に、マンションの洗濯機置場のリフォーム事例をみていきましょう。

■事例1 洗面台と洗濯機が壁で区切られた動線を改善!水回りをすっきりと一体化
洗面台と洗濯機スペースは隣り合っていましたが、壁で仕切られていたため使いにくく困っていました。水回りのリフォームを機に、壁を撤去して洗面台と洗濯機を完全に隣り合うようにしコンパクトな空間に。これまでは収納も洗面所にしかなく、洗濯道具なども壁を隔てた洗面台まで都度取りに行っていましたが、一体化して収納スペースも増やしたことで洗濯作業の効率がぐんと改善しました。

水回り全体は調湿性のある壁材に替え、湿気対策にも配慮。目に見える部分だけではなく、マンション建築時から使われていた鉄製の配管もサビが発生していたため見直し。給排水経路の配管も新しいものに交換することで、より気持ちよく使える水回りになりました。

事例2 外で洗濯していた古いマンション。全面リフォームを機に水回りをひとまとめに

築30年ほどの古いマンションです。長く暮らしてきましたが、全体的な老朽化や生活での不便を感じるようになったため全面リフォームしました。元々1DKの小さいマンションで、洗濯機置場もベランダにあったため何十年も外でお洗濯をしてきたのですが、さすがに洗濯機置場は室内に移設することに。スペースの確保にはかなり悩みましたが、思い切って洗面所・脱衣所・トイレを1室内にまとめることにしたため、トイレの隣に洗濯機を置くスペースを設けることができました。

水回りを1箇所に整理して配置することで、居室の空間も広く取れるという相乗効果が生まれました。また、洗濯機のある水回りから、物干しをするバルコニーまでは一直線の動線としてお洗濯時の作業効率にも配慮。空間のまとまりと家事作業の効率化を両方かなえられ、満足のリフォームになりました。

おわりに

マンションの洗濯機置場も長い間使っていればその不便さに気づかず、当たり前のように感じてしまっているかもしれません。この機会にお洗濯時の環境や動線を再考し、改善できる点はないか検討してみるとよいでしょう。リフォームに興味が湧いたら、まずは一括見積を利用して気軽に見積を取ってみてはいかがでしょうか。匿名・無料で登録でき、さまざまなリフォーム会社の見積を1度の申し込みで請求できますから、比較検討も楽々です。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 18731
  • 6
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード