高齢者・介護のために浴室をリフォームする時にチェックしておきたいポイント

「高齢者のため」「介護のため」に浴室リフォームをするケースが増えてきています。また、介護のための浴室リフォームは、条件を満たすことにより補助金も支給されます。今回は高齢者や介護向けに浴室リフォームする際にチェックしておきたいポイントをご紹介します。

  • 2316
  • 4
  • 0
  • いいね
  • クリップ

手すりの設置

介護されている方が浴室でつかむことができるものを設置しましょう。設置箇所は、浴室に入るときのために1箇所、バスタブに入るときに入るときに1箇所必要です。

滑り止め材質の床タイルに変更

床タイルは滑らない材質のものに変更しましょう。また、転倒しても衝撃を吸収してくれる材質のものであればさらに安全です。

段差解消

引っ掛かり、転倒しないよう浴室はなるべく段差を少なくしましょう。段差がある場合は、段差がなくなるよう床を変更する、もしくは、浴室スノコなどを活用しましょう。

バスリフトの設置

自力でお風呂に浸かっても立ち上がることができない場合は、バスリフトの設置を検討しましょう。介護する人にとっても腰の負担をかけずに入浴作業を行うことができます。

トランスファーボードの設置

介護される人をバスリフトでバスタブから引き上げた後、楽に床へ移動させるためにトランスファーボードの設置も検討しましょう。

高齢者や介護のための浴室リフォームする際にチェックしておくべきポイントをご紹介しました。どこまでサポートが必要かによって、リフォームを行うレベルは変わります。リフォーム費用の問題もあるため、一括見積を行い、複数業者の見積金額を比較検討するのがおすすめです。

もっと具体的にリフォーム・リノベーションについて知りたい方は、多くの業者から見積もり・提案を無料で受け取ることができる、一括見積もりサービスからお気軽にお問い合わせください。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 2316
  • 4
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード