【ねこのふらり一人旅 #18】ピカソやゴヤを無料で鑑賞!?マドリードのアートな1日

〔プラド美術館〕〔ソフィア王立美術センター〕〔ティッセン=ボルネミッサ美術館〕は、マドリードの3大美術館と呼ばれています。そのうち訪ねた2つの美術館をご紹介。なんと、無料で名画を鑑賞することができちゃうんです!

  • 1761
  • 6
  • 0
  • クリップ

マドリードで名画を無料で鑑賞する方法

マドリードの3大美術館と呼ばれる〔プラド美術館〕〔ソフィア王立美術センター〕〔ティッセン=ボルネミッサ美術館〕は、決まった曜日と時間帯で、なんと“無料”で入館できるんです。無料入館日は旅行者も利用できます。通常、約14ユーロの入館料なので、これは無料のときに行かない手はない! この制度を活用しないのはもったいないですよね。滞在中に〔プラド美術館〕〔ソフィア王立美術センター〕に行ってきました!

ダリやピカソの絵画を所蔵する〔ソフィア王立芸術センター〕

サルバドール・ダリやピカソの絵画を所蔵することで知られる〔ソフィア王立芸術センター〕。なかでもピカソの『ゲルニカ』は、一生に一度は目にしておきたい名作。

〔ソフィア王立芸術センター〕の無料が入館になるのは月曜〜金曜の19時〜21時、土曜日の14時半〜21時まで、日曜の10時〜14時半までと幅広く設定されていて、観光の合間に気軽に立ち寄ることができるのがうれしいところ。

残念ながら館内は撮影禁止。ピカソの代表作のひとつ『ゲルニカ』はぜひ実際にその目でご覧あれ!

ミュージアムショップで見つけたかわいらしいダリとピカソのマグネット。美術館のショップはハイセンスなお土産がそろいます。

ゴヤやベラスケラスなどを所蔵 広大な〔プラド美術館〕

マドリードの象徴的なモニュメントやスポット、緑に囲まれた〔国立プラド美術館〕は、ベラスケス作の『ラス・メニーナス』やゴヤ作の『マドリード』のほか、スペイン派、イタリア派、フランドル派絵画の傑作を鑑賞することができます。

〔プラド美術館〕は、月曜から土曜までの18時〜20時、日曜の17時〜19時までが無料です。〔プラド美術館〕の展示数は約8,000点にもおよびます。そのため、鑑賞したい絵画を事前に決めておくと、効率良く観てまわることができますよ。

このように、芸術文化を大切にするヨーロッパでは、無料で入館できる日時を定めている国がほとんどです。旅行のスケジュールを無料の日に合わせて組めば、お得に賢く名画の数々を鑑賞することができますよ。ぜひ。覚えておいてくださいね。

●文/写真 ねこりょうこ
雑誌編集を経てフリーランスのライターとして活動中。ライフスタイル提案、料理、旅行記事を中心に執筆。夫と娘の三人暮らし。

▽「ねこのふらり一人旅」スペイン編はこちら!▽

【ねこのふらり一人旅 #13】スペイン2都市を巡る旅!乗り継ぎ便で賢くお得に旅する方法

2017年秋。航空券が高騰するシルバーウィークを避けて出かけたのがスペインです。マドリードとバルセロナ、ふたつの都市をめぐる旅は「2都市周遊(オープンジョー)」という旅のスタイルに挑戦! 飛行機も鉄道も自分で手配すとなると難易度が一気に上がりそうですが、コツさえ抑えれば意外と簡単なんですよ!

LIMIA おでかけ部

【ねこのふらり一人旅 #15】安くておいしいがいっぱい!マドリードで本場タパスを堪能

カタール航空で乗り継ぎ先のドーハから約7時間。やっとマドリードに到着! スペインといえば、サグラダファミリアを代表するガウディ建築があるバルセロナ、フラメンコが有名なグラナダが有名ですが、首都は「マドリード」。旧市街地のロマンチックな街並みと、安くておいしいタパスの魅力をたっぷりご紹介しましょう!

LIMIA おでかけ部

▽パリ編の一覧はこちら♪▽

【連載一覧・ねこのふらり一人旅】主婦が総額20万円でパリまで旅をしてみた!

主婦だから、仕事があるから、子どもがいるから、お金がないから……。さまざまな理由で旅を諦めていませんか? 「しかも一人旅だなんて絶対無理!」と思いがち。そんな思いが変わって、今にも旅に出たくなるような、お得で賢い女一人旅のメソッドを連載でお届けします。

LIMIA おでかけ部
  • 1761
  • 6
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード