【ねこのふらり一人旅 #18】ピカソやゴヤを無料で鑑賞!?マドリードのアートな1日

〔プラド美術館〕〔ソフィア王立美術センター〕〔ティッセン=ボルネミッサ美術館〕は、マドリードの3大美術館と呼ばれています。そのうち訪ねた2つの美術館をご紹介。なんと、無料で名画を鑑賞することができちゃうんです!

  • 2080
  • 6
  • 0
  • いいね
  • クリップ

マドリードで名画を無料で鑑賞する方法

マドリードの3大美術館と呼ばれる〔プラド美術館〕〔ソフィア王立美術センター〕〔ティッセン=ボルネミッサ美術館〕は、決まった曜日と時間帯で、なんと“無料”で入館できるんです。無料入館日は旅行者も利用できます。通常、約14ユーロの入館料なので、これは無料のときに行かない手はない! この制度を活用しないのはもったいないですよね。滞在中に〔プラド美術館〕〔ソフィア王立美術センター〕に行ってきました!

ダリやピカソの絵画を所蔵する〔ソフィア王立芸術センター〕

サルバドール・ダリやピカソの絵画を所蔵することで知られる〔ソフィア王立芸術センター〕。なかでもピカソの『ゲルニカ』は、一生に一度は目にしておきたい名作。

〔ソフィア王立芸術センター〕の無料が入館になるのは月曜〜金曜の19時〜21時、土曜日の14時半〜21時まで、日曜の10時〜14時半までと幅広く設定されていて、観光の合間に気軽に立ち寄ることができるのがうれしいところ。

残念ながら館内は撮影禁止。ピカソの代表作のひとつ『ゲルニカ』はぜひ実際にその目でご覧あれ!

ミュージアムショップで見つけたかわいらしいダリとピカソのマグネット。美術館のショップはハイセンスなお土産がそろいます。

ゴヤやベラスケラスなどを所蔵 広大な〔プラド美術館〕

マドリードの象徴的なモニュメントやスポット、緑に囲まれた〔国立プラド美術館〕は、ベラスケス作の『ラス・メニーナス』やゴヤ作の『マドリード』のほか、スペイン派、イタリア派、フランドル派絵画の傑作を鑑賞することができます。

〔プラド美術館〕は、月曜から土曜までの18時〜20時、日曜の17時〜19時までが無料です。〔プラド美術館〕の展示数は約8,000点にもおよびます。そのため、鑑賞したい絵画を事前に決めておくと、効率良く観てまわることができますよ。

このように、芸術文化を大切にするヨーロッパでは、無料で入館できる日時を定めている国がほとんどです。旅行のスケジュールを無料の日に合わせて組めば、お得に賢く名画の数々を鑑賞することができますよ。ぜひ。覚えておいてくださいね。

●文/写真 ねこりょうこ
雑誌編集を経てフリーランスのライターとして活動中。ライフスタイル提案、料理、旅行記事を中心に執筆。夫と娘の三人暮らし。

▽「ねこのふらり一人旅」スペイン編はこちら!▽

▽パリ編の一覧はこちら♪▽


LIMIAからのお知らせ

驚きの価格!最大70%OFF!
国内・海外格安航空券ならスカイチケット!

  • 2080
  • 6
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

流行りのカフェやレストラン情報、定番のチェーン店の新商品情報、街のイベント紹介など、思わず「おでかけ」したくなるような情報をLIMIA目線で発信していきます。

おすすめのアイデア

話題のキーワード