チームラボ、オーストラリア・ビクトリア国立美術館で初開催の「NGVトリエンナーレ」にインタラクティブなデジタル...

チームラボ、オーストラリア・メルボルンのビクトリア国立美術館(National Gallery of Victoria、略称NGV)で開催のNGVトリエンナーレ(NGV Triennial)にて、人々の動きの影響を受けて渦が生まれる、インタラクティブなデジタルインスタレーション作品「Moving Creates Vortices and Vortices Create Movement」を展示。本作品はNGVのコミッションを受けて制作、同館に永久収蔵されます。展示期間は2017年12月15日(金)~2018年4月15日(日)まで。

  • 185
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

NGVトリエンナーレは、32か国から選ばれた100名以上のアーティストが参加する、現代アートとデザインの国際展。会場となるNGVは、1861年創立の、オーストラリアで最も歴史が古く、最も入場者数が多い美術館です。国内外の様々な芸術家の作品を所蔵し、国際的な歴史的展示からコンテンポラリー・アート、ファッション、デザイン、建築、音楽、ダンスまで、多彩な展示やイベントを催行しています。世界数千年の歴史を通じた様々な文化、思想、様式を網羅するNGVの所蔵品は7万点以上。オセアニア有数のコレクションを誇ります。

展示詳細:

NGV Triennial:

【展示作品】

Moving Creates Vortices and Vortices Create Movement

teamLab, 2017, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

作品:

人が動くと、その方向に力が加えられる。その結果、流れが発生する。速い流れが発生すると、そのまわりの流速との差によって回転現象が起こり、渦が生まれる。

流体は、無数の粒子の連続体で表現し、粒子間の相互作用を計算している。そして、粒子の軌跡によって、空間上に線を描く。その線の集合をチームラボが考える「超主観空間」によって平面化して作品を描いている。

人の動きが速いほど、強い力がその方向に加えられる。人が止まっていたり、人がいなくなれば、流れは起こらなくなり、空間には何も存在しなくなる。

作品は、人々の動きの影響を受けて生まれ、変容し続ける。

海では、島など複雑な地形が流速差を生み、渦が発生する。渦によって、海底に沈んだ生物の死骸などが巻き上げられ、栄養価の高い海水となる。それを栄養源としてプランクトンが育ち、それを餌とした魚介類が育つ。渦によって海は豊かになっている。

【開催概要】

NGV Triennial

会期: 2017年12月15日(金)~2018年4月15日(日)

会場: NATIONAL GALLERY OF VICTORIA(180 St Kilda Rd, Melbourne VIC 3006, Australia)

開館時間: 10:00~17:00

休館日: クリスマス(2017年12月25日)

料金: 無料

NGV Triennial:

【チームラボ/teamLab】

プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団。アート・サイエンス・テクノロジー・クリエイティビティの境界を曖昧にしながら活動している。

チームラボは、アートによって、人間と自然の新しい関係を模索したいと思っている。

デジタルテクノロジーは、物質からアートを解放し、境界を超えることを可能にした。私たちは、自分たちと自然の間に境界はないと考えている。お互いはお互いの中に存在している。全ては、長い長い時の、境界のない生命の連続性の上に危うく奇跡的に存在する。

47万人が訪れた「チームラボ踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」などアート展を国内外で開催。他、「ミラノ万博2015」の日本館、ロンドン「Saatchi Gallery」、パリ「Maison&Objet」、5時間以上待ちとなった「DMM.プラネッツ Art by teamLab」、シリコンバレー、台湾、ロンドンでの個展、シンガポールで巨大な常設展など。11月19日まで北京にて個展開催中。

チームラボの作品は、ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(オーストラリア・シドニー)、南オーストラリア州立美術館(オーストラリア・アデレード)、サンフランシスコ・アジア美術館(サンフランシスコ)、アジア・ソサエティ(ニューヨーク)、ボルサン・コンテンポラリー・アート・コレクション(トルコ・イスタンブール)、ビクトリア国立美術館(オーストラリア・メルボルン)に永久収蔵されている。

チームラボ:

Instagram:

Facebook:

twitter:

YouTube:

  • 185
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

メディア・ライター

生活者と企業をつなぐインターネットサービスです。インテリア、グルメ、ファッションなどと様々なジャンルの企業の最新情報が集まっています♩

おすすめのアイデア

話題のキーワード