リノベーションしたマンションは売却できる?注意点と狙うべきターゲットをご紹介!

マンションを売却するとき、そのままの状態で売却するより、リノベーションによって付加価値を付けてから売却した方が高く売れるのではないかと考える方も多いでしょう。しかし、そもそもリノベーション後のマンションは売却が可能なのでしょうか? また、可能だとしたらどのような点に注意すれば良いのでしょうか? 今回はリノベーションしたマンションを売却するときの注意点を解説します。

  • 1832
  • 7
  • 0
  • いいね
  • クリップ

リノベーションしたマンションでも売却できる

結論からいうと、リノベーションした後のマンションでも問題なく売却が可能です。むしろ最近では、リノベーション後に高く売ることを前提にマンションを購入する方もいるほどです。そのためリノベーションを行った方がお得になるというケースもあります。

まずは、売却前のマンションをリノベーションすることによって得られるメリットをご紹介しましょう。

【付加価値が付く】
ひとつ目のメリットは「付加価値が付く」ということです。付加価値にはさまざまなものがありますが、リノベーション前にはなかった「良いもの」が増えれば付加価値となります。単に見た目をキレイにしたり、オシャレにしたりするだけでも、それは付加価値です。

この付加価値の判定は難しい部分でもありますが、上手くいけば投資した以上の価値になる可能性があります。

【個性的な住居を作れる】
もうひとつのメリットが、個性的な住居を作れるということです。万人受けする無難なマンションは売れやすくもありますが、その分競争率も高く、立地や築年数などで自然と価値が決まってしまいます。内装以外で「ここしかない!」というような条件がなければ、高く売れることは稀といえるでしょう。

マンションでも、リノベーションにより個性を出すことができれば競争相手が少なくなります。万人に好まれないものでも、一部の人にとっては非常に魅力的なマンションであれば、高くても売れる可能性は十分あります。

リノベーションのデメリット

売却前のリノベーションにはメリットがありますが、反対にデメリットも存在します。次は、マンション売却前に行うリノベーションのデメリットをご紹介しましょう。

【費用がかかる】
当たり前ですが、リノベーションには費用がかかります。規模にもよりますが、1,000,000円から10,000,000円は必要になるでしょう。場合によってはもっとかかります。それだけお金をかけて改装したマンションが、それ以上の価値で売れればなにも問題ありません。しかし、なかなか売れない場合は値下げなども検討しなければならず、かけた費用以上のことが期待できないこともあります。

【確実に売れる保証はない】
リノベーションを行ったからといって、マンションが高値で売れるかどうかはわかりません。場合によっては、費用が無駄になってしまうことも考えられます。

リノベーションは市場のニーズを把握して、しっかりと計画を立てて行うことが重要です。仮に「売れる」と確信していても、不況のあおりを受ける可能性もあります。何が起こるかわからない以上、確実に売れる保証はない「投資」であることを理解しておきましょう。

ターゲットを絞ったリノベーションがポイント

このように売却前のリノベーションには、損するリスクと得するリターンが存在します。大きな買い物のため、ハイリスクハイリターンな投資となるでしょう。

しかしやり方によっては、リスクを減らすことができます。ここからはできるだけリスクを避けて儲けるためにはどうすれば良いのか、解説しましょう。

【ターゲットを決める】
ここで重要になるポイントは「ターゲットをあらかじめ決めること」です。先ほど解説しましたが、万人受けする無難なマンションだとどうしても高値が付きにくくなります。したがって一部のターゲットに絞り、そのターゲットにとって魅力的なマンションにすることがポイントです。

【狙うべきターゲットとは?】
ではターゲットとは、どのような層のことを指すのでしょうか?ターゲットを考える際には「バリバリ働き、休日も遊びにいくアクティブなキャリアウーマン」「出産を控え、安心して子育てがしたい夫婦」「ペットのことを第一に考えるペットが大好き人間」など、それぞれのライフスタイルを思い浮かべることが大切です。

それぞれ必要なもの、不要なものは異なります。最初からターゲットを絞り、ターゲットが好むと思われる環境を整えましょう。そうすれば「キッチンはどうすれば良いか」「お風呂やトイレはどうすれば良いか」「部屋の広さや収納はどうすれば良いか」などが自ずと見えてきます。

【成功事例】
最後に、リノベーションで成功した事例をひとつご紹介しましょう。東京のとある駅近くの古びたワンルームマンションをリノベーションした話です。このマンションではターゲットを「仕事も遊びもアクティブな30代女性」に絞り、そのイメージに沿ってリノベーションを行いました。

周辺には飲食店も多いため、基本は外食中心と考えてキッチンは最小限のコンパクトなものにしてあります。代わりにファッションを沢山揃えられるように、大きなウォークインクローゼットを設置しました。

ユニットバスもセパレートにして、十分な広さを確保することでゆっくりくつろげるように工夫し、全体的な内装のデザインは白を基調に落ち着いた空間を演出しています。結果的に狙ったターゲットから人気となり、査定よりも高い値段で契約が決まりました。

このようにリノベーションに成功するには、ターゲットを絞り、そのターゲットが「住みたい」と思わせる空間作りが大切です。

まとめ

マンション売却前のリノベーションについて、メリットとデメリットをご紹介してきました。周辺の環境からターゲットを絞り、ターゲットが求めるものを考えてリノベーションを行うことが重要です。「そのマンションを買う人はどんな人か」をイメージすれば、きっとリノベーションの方向性が見えてくるでしょう。


LIMIAからのお知らせ

驚きの価格!最大70%OFF!
国内・海外格安航空券ならスカイチケット!
夏旅も出張も最安値の格安航空券でお得に!

  • 1832
  • 7
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード