ダイソーの1,000円テントの使い心地は?サイズから畳み方まで徹底解説!

『ダイソー』から販売されている、SNSで話題沸騰中の1,000円テント。今回はLIMIAスタッフが実際に購入し、サイズや特徴、畳み方のコツを写真付きで徹底解説します。ワンタッチ設置できるのでテントの組み立てが苦手な方にもぴったりな上、リア面に通気性の良いメッシュ素材を採用した高コスパのおすすめ商品です。ぜひチェックしてみてくださいね。

  • 4970
  • 4
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ダイソーで1,000円でテントが購入できると話題沸騰中!

提供:LIMIA編集部
  • 商品名:クイックエクスパンドサンシェードダークグリーン
  • 価格:1,100円(税込)
  • サイズ:1〜2人用

キャンプ用品も豊富な『ダイソー』。今回はその中から話題沸騰中の1,000円テント(税込1,100円)を紹介します。

商品名は『クイックエクスパンドサンシェードダークグリーン』で、テントとして人気を集めいていますが、商品としてはサンシェードのよう。

前方はフルオープンで閉じられないので寝泊りできるテントとは違い、日除けなどに役立つアイテムです。

ダイソーのテントの特徴や設置方法などLIMIAスタッフが徹底調査したのでぜひ参考にしてみてくださいね。

ダイソーの1,000円テントは持ち運びバックとペグ付き

提供:LIMIA編集部

まずは、ダイソーのテントについている付属品をチェック。

テントは持ち運びに便利な、バッグに入っており、コンパクトに収納することができるので、キャンプ先に持っていくのにも便利です。

また、固定するのに必要なペグも4本入っているので、追加で購入する必要がないのも嬉しいポイント。

ダイソーの1,000円テントはワンタッチ展開で設置ラクラク

提供:LIMIA編集部

ダイソーのテントの最大の特徴は、ワンタッチで展開できること。難しい組み立てがなく、とても簡単なので初心者の方にもおすすめです。

提供:LIMIA編集部

設置方法は、写真のように畳まれたテントのフレームを矢印の方向に引き上げるだけ。勢いよく自動的に展開します。展開した後は、本体の底面を広げてペグやブロックなどでテントを固定したら完成です。

ダイソーの1,000円テントはメッシュ素材&UVカット加工

提供:LIMIA編集部

ダイソーの1,000円テントは後ろ側が全面メッシュ素材になっているので通気性が良いのも特徴。前と後ろの両面から外の様子を伺えるので開放感がある上、中から子どもの様子が見えるのも嬉しいですね。

さらに、両サイドにはUVカット加工が施されているので紫外線が気になるシーンでも活躍しますよ。

ダイソーの1,000円テントのサイズや重さをチェック!

続いて収納時と設置後に分けて、ダイソーのテントのサイズを紹介。イメージがつきやすいように実際に中に入った様子も合わせて紹介しているので参考にしてくださいね。

ダイソー1,000円テントのサイズ|持ち運びバッグ収納時はコンパクト

提供:LIMIA編集部
  • 収納時のサイズ:41×41cm
  • 重さ:約600g

ダイソーのテントを付属の収納バックに入れるとサイズは約41×41cmで、厚さは4cmほど。かなりコンパクトになるので、持ち運びもラクラクです。さらに、重さは600gほどで子どもでも持てるのもポイント。

ダイソー1,000円テントのサイズ|設置してみると意外と大きい!

提供:LIMIA編集部
  • 設置時のサイズ:100×144×98cm

ダイソーのテントを実際に組み立てた写真がこちら。設置時のサイズは100×144×98cmほどです。

提供:LIMIA編集部

164cmの大人が中に入るとこんな感じになります。ダイソーの公式サイトに1〜2人用とあるように1人で入るには十分なサイズです。

提供:LIMIA編集部

頭を上げることはできませんが、横向きで足を伸ばす余裕もあります。子どもなら横になることはできるかもしれませんが、大人が真っ直ぐに寝転がるには難しいかもしれません。

LIMIA編集部
スタッフM
海やピクニックなどに便利!
本格的なキャンプよりも、海に行くときや公園でピクニックするときなどに持っていくのに良さそうなサイズ感です!

ダイソー1,000円テントの畳み方はコツを掴めばラクに!

提供:LIMIA編集部

ここからは、ダイソーテントの畳み方を紹介。設置方法や収納方法の説明が持ち運びバッグの中に縫い付けられているので、わからなくなったときに確認しやすいのも嬉しいですね。

ダイソーのテントの畳み方【1】両フレームを重ねる

提供:LIMIA編集部

まずは両サイドが重なるように、フレームを重ねましょう

ダイソーのテントの畳み方【2】三角形の頂点部分を手間に折り曲げる

提供:LIMIA編集部

次に、三角形の底辺の真ん中らへんを足で踏み、頂点を手前に折り曲げます

提供:LIMIA編集部

上から見たときに写真のように中心よりも手前側に、押し込むように折り曲げるのがポイントです。

ダイソーのテントの畳み方【3】両サイドの立ち上がった部分も手前に折り込む

提供:LIMIA編集部

次に、片側の立ち上がった部分を手で持って矢印の向きに合わせて折りたたみます

提供:LIMIA編集部

写真のように円を描くように手前に引くのがポイントです。

提供:LIMIA編集部

手で持っている立ち上がっていたフレーム部分を、足で踏んでいるフレーム部分と重なるように折り畳んだらOK。

提供:LIMIA編集部

反対側の立ち上がっている部分が下がってくるので、こちらも足元のフレームと重ねましょう。

ダイソーのテントの畳み方【4】最後にキレイに整えたら完成

提供:LIMIA編集部

最後に出ている部分をキレイに収めてから、収納ケースに入れたら完成です。一度コツを掴めば比較的簡単に畳むことができるのでぜひチャレンジしてみてくださいね!

ダイソーの1,000円テントはお家キャンプやピクニックにおすすめ

今回は数あるダイソーのキャンプグッズの中から、話題の1,000円テントを紹介しました。寝泊まり用としては難しいですが、お家キャンプやピクニックなどにはぴったり設置も簡単な高コスパの商品なので、店頭で見つけた際にはぜひ手に取ってみてくださいね。

▼ダイソーのおすすめキャンプグッズをもっとみたい方はこちら

▼ダイソーのおすすめ商品をもっと知りたい方はこちら

※店舗によって品ぞろえが異なり、在庫がない場合があります。
※掲載商品については予告なく廃盤、仕様変更等が発生する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※本記事で紹介した作業を行う際には危険を伴う可能性がありますため、怪我や事故などに十分ご注意の上で作業を行うようにしてください。

  • 4970
  • 4
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

こんにちは!LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信…

LIMIA編集部さんの他のアイデア

100均のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード