どうにかしたい……。【高い電気代】こんな簡単に安くできました!

生活に欠かせない電気ですが、電気代は上手にやりくりできていますか? おうち時間が増え、「最近電気代が高くなってしまった」というご家庭は、電力会社を乗り換えると、今の電気代が安くなるかもしれません。そこで今回は、電気をたくさん使うご家庭にぴったりな、『グランデータ』の電気サービスの魅力をお届けします。基本料金ゼロ円、使用量に応じた電気の単価も一律と明瞭料金なうえに、切り替えもとっても簡単なのです!

株式会社グランデータ
  • 41297
  • 201
  • 0
  • いいね
  • クリップ

毎月どのくらい電気を使ってる?

2020年はコロナ禍によって、家で過ごす時間が増えたご家庭も多いのでは?

家で過ごすことで、今までは意識していなかった費用が気になってきますよね。その中の一つが電気代。「今までより高くなっているかも」と感じる方もいるはず。

例えば、以下のようなご家庭は電気の支払いが高くなりやすい傾向に……

●IHクッキングヒーターなど、ガスで利用する部分を電気でまかなっている
●テレワークなどで、自宅でパソコンを使う機会が増えた
●おうちにペットがいて、留守の際も空調を使う頻度が高い
●ゲームなど、電力消費量の高いハードウェアを使用している

電気代が高くなる要因は、生活スタイルの変化や、消費電力が大きい家電を使っていることなど、さまざま。

しかし支払い料金が増えたからといって、根付いた今の暮らしを節約のためにすぐ変えるのは簡単ではないですよね。

実は電気代節約の方法の中でも、簡単にはじめられるのが電力会社の乗り換えだったのです! 電力自由化によりさまざまな会社から電気を購入できるようになった今、電気の使用量が多いご家庭に特にぴったりな電気サービスがありますよ♪

お得&安心な『ONEでんき』

提供:株式会社グランデータ

電気使用量が多ければ多いほどおすすめな電気サービスは、グランデータが展開する電気サービス『ONEでんき』

まずONEでんきの電気料金は、基本料金がゼロ円なのです!

例えば、東京電力の従量電灯Bのプランの基本料金の場合、各1契約で契約アンペア毎に以下の基本料金が発生します。

●30A:858円
●40A:1,144円
●50A:1,430円

さらにONEでんきは、使うほどに電気料金が高くなる料金体系とは違い、たくさん電気を使っても単価が変わらない一律料金制。もちろん有料のオプションなどもありませんよ。

私の家でもお得になる?電気代が安くなるライン

お得になるといわれても、どのくらいの使用量で、どんな条件であれば叶うのかが気になるところですよね。

利用者の多い東京電力と比較すると、30Aの契約で300kWh/月以上の電気使用量があれば、基本料金も含めた支払い総額はONEでんきが安くなります。40A、50Aであれば、どれだけの使用量であってもお得。

また東京電力の従量電灯Bのプランであれば、30A、40A、50Aで、どれほどの電気使用量であっても必ずONEでんきの方が安くなるのです。

提供:株式会社グランデータ
東京電力の従量電灯BプランとONEでんきの場合の料金比較(2020年11月現在/株式会社グランデータ監修)

40A、50A契約の方だと基本料金が高い場合が多いので、お得さをより実感できます。50Aの場合、月100kWhの使用量でも778円も安くなります。


逆に20Aだとほとんどの試算で高くなってしまい、オススメできません……。しかし、心配はいりません! 電話契約の際に、お特にならないこともきちんとオペレーターが伝えてくれるので、安心ですよ。

安くなっても品質は変わらず!安心して使える

ONEでんきの魅力は電気料金だけではありません。

電力会社を切り替える際によく聞く声が、「停電が増える?」「復旧までに時間がかかるのかな?」「引っ越しまでにちゃんと通電する?」といったこと。

グランデータの送配電設備は、旧一般電気事業者(東京電力など)の送電網を使用するので、電気供給の安定さは他社と変わらずバッチリ! 明るさも変わらず、停電が増える、復旧が遅くなる、ということはありません。

また契約後は最短で次の検針日が切り替えのタイミングとなり、引っ越しのときは5営業日前までに申し込みをすれば希望の日程で電気を使い始めることができます

契約は電話1本!他社からの切り替えが簡単

さらにグランデータに切り換える際には、さまざまな書類の記載や提出などの煩わしさがなく、電話1本で契約できるためシンプルでとっても簡単です♪

決済方法はクレジットカードの登録でOK。沖縄県や離島など契約できない地域もあるので、お電話で問い合わせてくださいね。

さらに、乗り換えたけど「電気の使用量が減ってきて……」というときも、まずは気軽に利用できるように、解約手数料はかかりません

わかりやすい契約フローに丁寧な対応が◎

電話1本で契約できるという手軽さや、オペレーターの実際の応対を調査すべく、LIMIAでも活躍されているインフルエンサー『整理収納アドバイザー鈴木久美子』さんにご協力いただき、契約フローを体験してもらいました!

ここからは具体的な契約フローについて、その調査結果(鈴木さんの体験談)を交えてご紹介します

契約フローの全体像をチェック!

提供:LIMIA編集部

まずはサイトをみて、電話番号を確認します。

確認ができたら、さっそく電話をしてみましょう。会話の流れによって順番が前後することもありますが、契約に関するオペレーターとのやりとりは以下がすべて。

5分もあれば、契約の手続きは完了しちゃいます!

【1】ご契約者様の名義確認
【2】電気開始日の確認
【3】オール電化住宅の確認
【4】提供可能エリアかどうかの確認(郵便番号確認)
【5】住所の確認
【6】最適な料金プランのご提案
【7】決済登録に関してのご案内
【8】プランの内容説明
【9】契約に関する説明
【10】ご本人様確認 生年月日
【11】電話番号の確認
【12】契約完了に伴う内容確認

鈴木さんは電話口で、サービスについてや電気料金がどれくらい安くなるかなど、いろいろと質問をしましたが、それでも契約完了まではたったの15分ほどだったそうです。

支払い口座やクレジットカードなどはショートメールが届いて登録操作をするか、書類送付から選べ、契約が完了すると後日、「申し込み確認書」、「重要事項確認書」、「今後の流れについてのご案内」が届きます

提供:LIMIA編集部

電話する前の準備について

提供:LIMIA編集部

準備は特に必要はありません。

強いていえば、より正確に電気料金を比較するために、現在の契約アンペア数や契約会社、契約プランと月々の電気使用量を用意しておくと◎。検針票や支払い用紙があれば、すべての情報が書いてありますよ。

「押し売り感は一切感じないので、みなさんも気軽にご自宅の電気料金について質問してみると良いと思いました」と、鈴木さんが体験されたように、まずは電話をして不明点や電気料金の比較内容を確認するだけでもOKです。

家族に相談してじっくり検討するために、オペレーターの説明を書き留めておくメモやペンを用意しておくのもいいですよ♪

体験者、鈴木さんが語るONEでんきの魅力

提供:LIMIA編集部

今回鈴木さんの対応をしてくれたオペレーターは、優しくて丁寧な印象だったとのこと。

「コチラから質問をすればすべてわかりやすく答えてくれ、電気料金や切り換えについての疑問や不安は解決しました」、と満足そうに語ってくれました。

提供:LIMIA編集部

「解約手数料も特にかからないそうなので、携帯を変えるよりも気軽に電気を変えることができるんだな、と思いました」と鈴木さん。電気を変えるといっても、支払い先の電力会社を変えるだけなので、特に工事や手続きも不要だという事に気軽さを感じられたそうです。

「ガスも合わせて乗り換えることもできるそうです。ガス代は変わらないけれど、一緒にまとめると毎月100円引きに」と、さらにお得になる情報もゲットしてくださいました!

かしこく電気代を節約しよう♪

提供:LIMIA編集部
エアコンは3台、夏は付けっ放し。さらに、冷蔵庫が古くて消費電力が高い(鈴木さん)

「今まで電気代について無頓着だったのですが、電気使用量も増えてきているので見直す機会かな、と思えました」と、鈴木さん。

今回の契約フロー体験を通して、グランデータのサービスの魅力やオペレーターのやりとりの丁寧さを実感したそうです。

電気代について不安に思っていること、気になっていることもしっかり聞いてくれ、より良い提案を丁寧にしてくれるのは本当に魅力的です。電気代を節約したい、引越しで電力会社の契約を改めてする際には、グランデータのサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

グランデータにはONEでんき以外にもライフラインに関するプランがあるので、公式サイトものぞいてみてくださいね♪

※記事内のデータは、LIMIA編集部の調査結果(2020年11月)に基づいたものです。
※一部の画像はイメージです。

  • 41297
  • 201
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

こんにちは!LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信…

LIMIA編集部さんの他のアイデア

サービスのデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード