• 64
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

現在は小5・6年生で年間35単位時間で英語に触れる機会が設けられています。それが、2020年度から通信簿に成績がつく正式な「教科」になるのです。そして小3・4年生は「外国語活動」として英語に取り組むようになります。
本格的な実施は2020年度ですが、移行措置として少し前から新しい学習指導要領で取り組みを始めます。自治体によって異なりますが、東京都の小学校では小3・4年生が英語に取り組み始め、小5・6年生の授業のコマ数が増えています。今のうちから対応しておいて、余裕を持って英語の授業に臨むようにしたいですよね。

このフォトに付けられているキーワード

このフォトを投稿したユーザー

「夢中になる!だから、続く。」 スマイルゼミは、タブレットだけで学ぶ小・中学生向けの通信教育です。